Documenting Standards in IE


この投稿は我々の Web 標準のサポート文書化した我々の コミットメント を果たすために IE チームにおいて我々が行ってきたいくつかの活動を紹介します。良いスタートポイントとして、我々が昔この Blog のここで書いたような、マイクロソフトの相互運用性の原則があり、その原則とは IE8 のような我々の製品における活動の中に見られます。

このコンテキストにおける相互運用性の本質とは、同じ Web ページの記述は異なるブラウザをまたがっても同じように動作することです。このゴールを達成するための多くの課題があります。最高の目的があったとしても、我々はこれをどうするのがよいのかをいまだに業界で学びながら活動しているところです。今でもモダン ブラウザーにおいてどのように異なるテストがなされているかを見ることができます。(例として、こちらの 19:57 頃をみてください。)。どのようにして標準というものが進化するのか、例えば CSS2 から CSS 2.1 にどのように移り変わったか、または CSS 2.1 の策定を終了させてそれを最終勧告にするプロセス、または XHTML と HTML5 の間に何があったのか?を見ることができます。また、(802.11 wirelessケース のような) 仕様がまだ構成中の間に相互運用性のある製品を提供するための課題を見つけられます。そこには多くの課題や、Web 標準のプロセスや、W3C や同様の団体における Primarily があるというのが重要で、異なるコミュニティを巻き込んで同意のコンセンサスをとることその課題になります。

公式の CSS 2.1 テストスイート の開発とそれを W3C に提案することにおいて、最近の HTML5異なる アスペクト や、PDC で示した我々の IE9 における相互運用性 の実装などは、すべて我々の最優先の活動になっています。これらのいくつかのテストは、異なるブラウザー、異なる OS 上でお試しいただけます

相互運用性における我々のコミットメントの一つとして、我々はもっと IE に関する相互運用性の情報を公開していき、また最新の情報を公開していきます。本日、我々はその最初のドキュメントとしてこちらに公開しました。これらのドキュメントはまだドラフトの段階であり、最終版ではありません。相互運用性に関するドキュメントば IEBlog にこれから投稿していきます。 (例。どのようにしてこれを文書化したのか?また、ドキュメントの更新プロセスなど。)

Thanks –
Dean Hachamovitch

Skip to main content