W3C の最終草案の公開を受け、ポインター イベントについてさらに詳しく

2 月 19 日 (火) に、W3C はポインター イベント仕様 (英語) の最終草案 (Last Call Working Draft) を公開し、標準化と相互運用性に向けて大きなマイルストーンに到達しました。3 か月少し前に標準化が始まったこの仕様の目的は、タッチ、ペン、マウスなどさまざまな入力デバイスに対応する新世代の Web エクスペリエンスの実現を支援することです。W3C でのこの段階に達したことを嬉しく思い、現在 IE10 で提供されている API を使って、タッチ、ペン、およびマウス入力向けのサイトとアプリケーションの構築に役立つ最新のリソースを一部ご紹介したいと思いました。 タッチ主導の Web デザインとポインター イベントについて ポインター イベントは、まったく新しい、サイトへの入力方法です。そこで、私たちは、このテクノロジと、これを使って魅力的なエクスペリエンスを構築する方法について、開発者の皆さんに知っていただくお手伝いをしたいと考えています。WebPlatform.org (英語) のドキュメント作成の取り組みの一環で、弊社のプログラム マネージャーの Rob Dolin は、幅広い内容を網羅した新しい入門 (primer) (英語) を追加しました。このドキュメントには、ポインター イベントの詳細と実装のための基本的なサンプルが含まれています。 また、私は、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催された W3Conf で、タッチ主導デザインとポインター イベントについて発表する機会を頂戴しました。参加できなかった方は、この発表をオンラインでご覧 (英語) いただけます。この発表では、基本のタッチ主導のガイドラインを示し、ポインター イベントと、マウス イベントからポインター イベントへの移行手順を紹介しています。 まだポインター イベントを試すお気持ちにならない方のために、すばらしい Web エクスペリエンスをいくつか紹介します。以下は、ポインター イベントを使ったタッチ主導エクスペリエンスです。今後、このようなエクスペリエンスが続々と登場するでしょう。 ExploreTouch.ie (英語)…

3

Windows 7 向け IE10 を個人ユーザーと企業ユーザー向けにグローバル提供

95 言語に展開する Internet Explorer 10 が、全世界で本日からダウンロード可能になりました。まずは、IE10 Release Preview を実行している個人ユーザー向けに本日から自動更新を開始し、今後数週間をかけて Windows 7 の個人ユーザー向けに自動更新を開始します。IE10 の最終的なリリースによって、Windows 8 の個人ユーザーが受けている優れた標準サポートに加え、パフォーマンス、セキュリティ、プライバシー、信頼性の向上を Windows 7 の個人ユーザーにもご利用いただけます。 実際の Web サイトで 20% 高速に これまでと同様に、IE10 では、実際の Web サイトにおける最適なパフォーマンスが Windows デバイスで実現されています。Windows 8 と同様、Windows 7 でも、IE10 によりパフォーマンスが全面的に向上し、ページ読み込み、対話機能、JavaScript パフォーマンスが高速化すると同時に、CPU 使用量の減少とモバイル PC におけるバッテリ寿命の向上が実現します。マイクロソフトのパフォーマンス ラボでの測定によると、ニュース、ソーシャル、検索、e コマースなどの有名サイトにおいて IE は実際のページを最大 20% 高速に読み込みます。 IE10 の優れたパフォーマンスは、IE テスト ドライブ サイト (英語) のデモで直接体験していただけます。このサイトには、ハードウェア アクセラレーション レンダリング、対話機能、タッチ機能、実際のサイト パターンのサンプルが用意されています。Minesweeper (英語)…

4

Windows 8 向け IEAK 10 が提供開始

Windows 8 向けの Internet Explorer 管理者キット 10 (IEAK 10) (英語) が http://ieak.microsoft.com (英語) からダウンロードできるようになりました。IEAK 10 により、Internet Explorer 10 のカスタム パッケージを簡単に作成、展開、管理できるようになります。IT プロフェッショナルの皆様は、IEAK 10 を活用して、必要な項目がすべて設定済みの Internet Explorer 10 エクスペリエンスを構成してユーザーに提供し、Internet Explorer 10 の展開後もユーザー設定を管理することができます。 Internet Explorer 担当グループ プログラム マネージャー Kevin Luu

2

Windows 7 向け IE 10、11 月に提供開始

Windows 8 の一般提供開始が近づいてきましたが、それに合わせて Windows 7 向けの IE10 の提供準備も進んでいます。Microsoft では Windows 7 向け IE10 のプレビュー版を 11 月中旬に、開発者とお客様からのフィードバックを反映した最終版をその後提供する予定です。 Windows 7 向け IE10 では、Windows 8 の IE10 と同じ標準ベースのプラットフォームによる開発が可能です。Microsoft は、優れたパフォーマンスと各種の開発者向け機能を備えたまったく新しいブラウザーを Windows 8 に合わせて開発しました。IE10 によって、実運用環境でのサイト パフォーマンス向上 (英語) やさまざまな標準への準拠などの Web 開発者が待ち望んでいた成果を Windows 7 でも利用できるようになります。Windows 7 向け IE10 に関するフィードバックをぜひお寄せください。プレビュー版提供の際に新しい情報をお届けできることを楽しみにしております。 — Internet Explorer 担当グループ プログラム管理者 Rob Mauceri

11

Web パフォーマンス API が驚異的な速さで W3C の勧告候補に昇格しました

今回の記事では、W3C Web パフォーマンス ワーキング グループ (英語) が策定した仕様が、新たに 3 つ W3C の勧告候補に移行したことをお知らせします。Web の高速化を実現するためには Web アプリケーションのパフォーマンス特性を正確に計測することは必須課題であり、開発者は、基盤ハードウェアの利用を効率してのパフォーマンスを向上する必要があります。これらの目標に 2 年にわたって取り組んできたのが、Microsoft、Google、Mozilla、Intel、Facebook などが参加する Web パフォーマンス ワーキング グループです。今回の決定は、業界とコミュニティが W3C のもとに結集することで何が成し遂げられるかを示す、すばらしい事例となりました。 開発者は、Navigation Timing (英語)、Resource Timing (英語)、User Timing (英語)、そして Performance Timeline の各仕様を活用して Web アプリケーションのパフォーマンスを正確に測定できます。最初の 3 つの仕様はそれぞれ、ドキュメントのナビゲーション、ページ上のリソース、開発者スクリプトに関する情報を開発者に提供します。この時間情報を取得するための統合インターフェイスを定義するのが Performance Timeline 仕様です。これらの API の登場によって、開発者はサイトのパフォーマンスを正確に今までにない精度で測定できるようになりました。 これらのパフォーマンス指標を可能な限り高い精度で測定するために、時間精度をミリ秒以下で定義する High Resolution Time (英語) 仕様が策定されています。このインターフェイスは、パフォーマンス指標の正確な測定というメリットを提供するのはもちろん、フレーム レートの計算やアニメーション/オーディオ キューの同期も効率化します。High Resolution Time によって開発者は操作をミリ秒以下の精度で測定できるようになりました。 Page Visibility…

6

IE10 Release Preview における XMLHttpRequest の responseXML

Windows 8 Release Preview の IE10 では、XMLHttpRequest の responseXML が既定でネイティブ XML ドキュメントを返すように更新されます。この変更は IE10 の標準ドキュメント モードと互換ドキュメント モードに適用され、これらのモードで他の最新ブラウザーとの相互運用が可能になり、同じ動作を同じマークアップで実現できるようになります。互換ドキュメント モード 5、7、8、9 は変更されません。 この変更は、responseXML が MSXML ドキュメントを含むことが想定され、selectNodes 等の MSXML 固有の機能に依存していたサイトに影響を与える可能性があります。これらの場合、XMLHttpRequest オブジェクトの responseType メンバーを ‘msxml-document’ に設定することで、IE10 が MSXML を返すよう要求することができます。コードが MSXML 固有の機能に依存していない場合、IE10 のネイティブ XML ドキュメントはうまく動作するでしょう。 IE9 でサポートされているネイティブ XML により、XML と HTML に DOM パリティが取り入れられ、XML フラグメントがページ内に直接挿入されて描画できるようになります (HTML の場合も同様)。また、IE9 では DOMParser と XMLSerializer…

1

IE10 のユーザー エージェント文字列が更新されました

IE10 のユーザー エージェント文字列は、IE10 の最初の Platform Preview で導入されました。Windows 8 Release Preview の公開に合わせて、このユーザー エージェント文字列に対する追加が 2 つ行われています。これらはサーバーサイドの機能検出をサポートするための追加です。 1 つ目の追加点は、マシンがタッチ対応かどうかを検出するための新しい Touch トークンです。このトークンを使用することで、タッチ対応ハードウェアのユーザーに、タッチに最適化されたバージョンのサイトを表示できるようになります (通常は、サイトの普段の状態がタッチに対応していない場合に使います)。ただし、タッチ対応ハードウェアのユーザーがマウスとキーボードを使う場合があることに注意してください。このトークンを使ったユーザー エージェント文字列は以下のようになります。 タッチ対応ハードウェア非搭載マシンの IE10 の場合:Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0) タッチ対応ハードウェア搭載マシンの IE10 の場合:Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0; Touch) タッチのサポートをクライアントサイドで検出する場合は、ユーザー エージェント文字列を確認する代わりに navigator.msMaxTouchPoints (英語) を使います。このプロパティが存在し 1 以上の文字が返された場合は、ユーザーの PC はタッチ機能をサポートしています。以下に例を示します。 var hasTouch = navigator.msMaxTouchPoints >…

12

内部のしくみ: Test Drive デモ Bubbles

私たちは以前の記事 (英語) の中で、IE10 に実装された JavaScript のパフォーマンス強化点についてお伝えしました。本日私たちは Bubbles (英語) を公開しました。この Bubbles デモは、Alex Gavriolov 氏の BubbleMark (英語) シミュレーションにインスパイアされたことを発端に、いくつかの点についてさらなる高度化を試みたものとなっています。Web プラットフォームの新機能を活用する大幅な強化が行われた現在のバージョンでは、HTML5 ゲームに共通するさまざまな特徴を確認することができます。この記事では、この Bubbles デモのしくみを見ていくことによって、デモの構造を明らかにすると共に、パフォーマンスに関する主な影響要因を検証したいと思います。 Windows 8 Release Preview の Metro スタイル IE10 で実行されている Bubbles デモ (英語) デモの構造 デモは、アニメーションによって空間に浮かぶたくさんのバブルで構成されています。この中心となっているのは比較的シンプルな JavaScript 物理エンジンです。毎秒およそ 60 枚のアニメーション フレームの 1 枚 1 枚で、すべてのバブルの位置の再計算、重力の適用によるバブルの速度調整、衝突の計算といった処理を、この物理エンジンが実行しています。これらすべての計算には高度な浮動小数点演算を伴います。画面上のバブルは、CSS 変換が適用された DOM イメージ要素によって表現されます。画像は、まず原点に基づいて直線で移動し、次に動的な拡大/縮小によってバブルの膨らみを生成します。JavaScript では、ECMAScript 5 で導入されたアクセサー プロパティを持つオブジェクトとして各バブルが表現されます。 浮いているバブルの後ろにある大きな画像は、最初は、<canvas> 要素内に描画された完全な不透明マスクによって見えなくなっている状態からスタートします。2 つのバブルが衝突すると、マスクの不透明コンポーネントにぼかし (ガウス) フィルターが適用され、マスクによって隠されている部分が削除されて、透明度が拡散…

0

IE10 と Windows 8 における JavaScript のパフォーマンスの進歩

2012 年 5 月 31 日木曜日に、Windows 8 Release Preview と IE10 Platform Preview 6 が提供を開始されました。Windows 8 では、付属する 1 つの HTML5 ブラウジング エンジンによって、ブラウジング エクスペリエンス (Metro スタイルとデスクトップ) と、HTML5 および JavaScript を使う Metro スタイル アプリの両方に対応します。Release Preview では、IE9 で最初に導入された先進的な JavaScript エンジンである Chakra が大幅に改訂されています。各 Platform Preview のリリースごとに、私たちは Web での優れたパフォーマンスと、高いレベルの互換性、相互運用性、そしてセキュリティを兼ね備えたエンジンという目標に向けて前進を続けています。この記事では、先端的な Web アプリケーションのシナリオで優れたパフォーマンスを発揮できるよう JavaScript エンジンに施された強化点についてご紹介します。 本格的な Web アプリケーションを意識したパフォーマンス Web アプリケーションは近年急激に進化しています。10 年前に Web…

0

Windows 8 で IE10 からリンクを共有する

Web ページへのリンクの共有は、PC でよく行う操作であり、Windows 8 の IE10 ではこの操作が強化されました。Windows 8 の新機能の 1 つは、PC 上のアプリ間でコンテンツをシームレスに送信できる共有チャームです。これまで、興味深い記事を友人と共有したり、おもしろい画像をブログに投稿したりする場合は、アドレス バーからリンクをコピーし、別のサイトまたはアプリに切り替えてリンクを貼り付けていました。Windows 8 の共有チャームを使うと、現在のページから離れなくてもブラウザーから直接共有することができるようになりました。 共有チャームを使ってブラウザーからサイトを共有すると、IE10 により関連するコンテンツ (URI と、ページのリッチ表現が含まれる一部の HTML) が含まれる 2 つのデータ形式が作成されます。YouTube ビデオを共有するデータの例を以下に示します。 (現在のサイトの) URI https://www.youtube.com/watch?v=4DbgiOCTQts (リンクをプレビューする) HTML IE10 による Web ページのリッチ プレビューの例 どちらのデータ形式も “暗黙的な” 共有 (これは、現在表示しているサイトを共有したときに起こる事柄の名称です) のために作成されます。Web ページは、ハイパーリンクまたはリッチ HTML リンクのプレビューとして表現可能なため、IE10 には両方の種類のデータが含まれています。もちろん、ページ全体ではなく、ハイライトした一部のコンテンツを共有する場合は、URI とリンク プレビューの代わりに選択範囲の HTML が IE10 で共有されます。この場合、選択範囲の共有は “明示的な” 共有と呼ばれ、リンクは含められません。この記事では、リンクを共有するケースについて扱い、IE10 が HTML を使って Windows…

0