Enterprise Site Discovery Toolkit for IE11 を発表

本日、IT プロフェッショナルの皆様が企業のどの業務アプリケーションが重要で、ユーザーが実際に使用しているかを把握するための、Internet Explorer 11 の新機能を発表いたします。エンタープライズ モードの IE とこのツールキットを使用することで、エンタープライズのアップグレードがシンプルになります。今すぐ Enterprise Site Discovery Toolkit for IE11 をダウンロードして、Technet で詳細をご確認ください。 企業が最新バージョンの Windows にアップグレードする場合、通常は最新バージョンの Internet Explorer によるすべての業務アプリケーションの互換性テストが必要になります。多くの企業でこのようなテストの実施を難しくしている原因は、社内のどの業務アプリケーションが重要で、実際に従業員が使用しているのかを把握していないことです。このため、使用されていないアプリケーションであっても、コストや時間がかかるとしても、IT プロフェッショナルとしてすべての内部アプリケーションをテストしなければならないケースが頻繁に発生しています。テストに加え、アプリケーションがどのように作成されているのかを詳細に理解していないと互換性問題への対応が困難になる可能性もあります。 Enterprise Site Discovery Toolkit は、ユーザーがどのように Internet Explorer 11 を使用してブラウズしているかを把握するための手段を IT プロフェッショナルの皆様に提供します。このツールキットを使用すると、企業内で使用されるサイトのリストを作成するため、企業ユーザーが訪れたすべてのサイトに関する情報を Internet Explorer 11 から収集できます。この情報は、IT プロフェッショナルの皆様が Internet Explorer でアプリケーション互換性テストを行う際にアプリケーションの優先順位を設定するときに役立ちます。また、このツールキットによって、サイトがどのようなデザインで、Internet Explorer によってどのように使用されているか、などの情報も取得できます。このような情報は、エンタープライズ モードのサイト リストへのデータ入力時に利用でき、重要なサイトの互換性問題を減らすことができます。 収集される情報 既定では、データ収集は行われません。収集機能が有効になっていると、Internet Explorer 11 を使用してユーザーが訪れたすべてのサイトからデータが収集されます。データは、各ブラウジング イベント中に収集され、閲覧した URL に関連付けられます (以下参照)。このようなデータの収集は、Internet…

0

Internet Explorer 11 向けエンタープライズ モードを利用して常に最新の環境を確保

マイクロソフトは、企業のお客様が、最新のソフトウェア、サービス、デバイスを利用できるように、重要な一歩を踏み出しました。Windows 7 と Windows 8.1 の更新として本日発表された Internet Explorer 11 向けエンタープライズ モードは、旧バージョンの Internet Explorer に対する互換性を向上します。また、このモードをどの Web アプリケーションで使用するかを管理するツールも付属しています。 最新の Web 標準、パフォーマンスの改善、最新の IE によるセキュリティ強化のメリットを享受できると同時に、レガシの Web アプリへの既存の投資を引き続き活用できます。また、旧バージョンへの依存性が軽減されることで、Windows 8.1、Office 365 などの最新のサービス、Surface Pro 2 のようなデバイス導入のハードルが下がり、最新の環境を確保しやすくなります。 エンタープライズ モードが最新の環境確保に役立つしくみ 現在、多くの企業が、HTML5 や CSS3 のような最新の標準を要件とする新しい Web アプリケーションやサービスと、旧バージョンの Internet Explorer 向けに設計された古い Web アプリケーションやサービスとの違いに悩まされています。レガシ アプリには、概して多額の投資がなされ、数年単位の長期にわたるライフサイクルがあるため、企業ユーザーは、これらの Web アプリを最新の Web 標準に更新できる日が来るまで、旧バージョンの Internet Explorer に依存することになります。 2009 年に発表された Internet Explorer 8…

3

modern.IE の公開から 1 周年、100 万時間の節約を達成しました。

2013 年 1 月に modern.IE が公開されて以来、サイトをとおして無料仮想テスティングツールを活用してきた開発者は、累計 100 万時間のテスティング時間を節約しました。 一緒にチームのこの記念すべきマイルストーンをお祝いしましょう。詳しくは、IE ブログをご覧ください。さらに詳しいリソースについては、 12 月の投稿をご覧ください。 @IEDevChat、おめでとうございます。

0

Windows 8 の Flash

明日から Windows 8 と Windows RT の Internet Explorer 10 を更新し、Flash コンテンツが既定で動作するようにします。Windows 8 のデスクトップの IE では、Flash コンテンツは今後すべて有効になります。 過去数か月間以上テストして確認したところでは、Flash コンテンツがあるサイトの大多数は、タッチ、パフォーマンス、バッテリ寿命といった Windows エクスペリエンスとの互換性が確保されています。この更新を適用しても、タッチ操作が可能な Windows エクスペリエンスと互換性が依然として確保されていないか、他のプラグインに依存している一部のサイトでは、キュレーションされた互換表示 (CV) リストによって、Flash コンテンツがブロックされます。 私たちは、IE10 でより多くのサイトが “動作するようにするだけ” で、ユーザー、企業、開発者のエクスペリエンスも向上すると考えています。実際問題として、よく使うサイトの Web コンテンツは、普段持ち歩くデバイスでどれでもアクセスできるようになっていなければなりません。アクセスできないと、そのデバイスは PC のおまけにすぎなくなります。一部の人気 Web サイトでは Adobe Flash が必須で、代替手段として HTML5 に対応していないため、Adobe と Microsoft は、Windows エクスペリエンスに最適化された Flash Player を提供できるよう密接に協力しています。 Windows 8 Windows RT イマーシブ IE CV…

2

modern.IE – Web サイト互換性テストを支援する新しいツール セット

Microsoft は昨日 modern.IE (英語) をリリースいたしました。開発者の皆様は、modern.IE が提供する各種ツールとリソースのセットを活用して、ユーザーのブラウザー シェアの 50% 以上を占める (英語) Internet Explorer の各種バージョンに対応するサイトをテストできます。modern.IE (英語) のウィザードでは、URL を指定して Web ページのスキャンを実行し、相互運用性に関する一般的な問題を検出して、推奨される問題解決方法を入手し、最新ブラウザーと以前のブラウザーを網羅するユーザー エクスペリエンスを改善することができます。また、BrowserStack とのパートナーシップに基づく 3 か月間の無料クロス ブラウザー テスト (英語) もご利用いただけます。さらに、modern.IE が提供する Chrome/Firefox 用アドインとオフライン仮想マシン イメージを活用すれば、使用するブラウザーやプラットフォームを問わずに、そのままサイトをテストできます。今後も定期的な更新が予定されている modern.IE (英語) サイトは、マークアップ共通化による相互運用性の実現という目標達成に向けた開発者サポートの新たなステップ (英語) となります。Microsoft のこうした取り組みは、Web イノベーションに費やす時間を拡大し、テスト期間を短縮するために役立ちます。 コードに関する一般的な問題のスキャン (ベータ版) まずウィザードから見ていきましょう。Microsoft の目標は、IE のテストにかける開発者の時間を短縮することと、プラウザーとプラットフォームの境界を越えたマークアップ共通化によってコミュニティ全体に貢献することです。このツールのベータ版では、Microsoft がサポートを提供できることが判明している、サイトのコーディングに関する 10 種類の一般的な問題が検出されます。こうした問題は主に、IE の以前のバージョンと最新バージョンのサポートに関する問題、複数のプラットフォームとブラウザーのサポートに関する問題、Windows 8 における最適なエクスペリエンスの実現に向けて考慮すべき問題の 3 つのグループに分類されます。 このウィザードはこれまで Microsoft で使用していたスキャン ツールに基づいており、現在はベータ版ですがコミュニティのフィードバックを通じて今後数か月にわたって強化していく予定です。たとえば modern.IE…

2

開発者リソースが掲載される Web Platform Docs のリリース

本日、私たちは開発者がマークアップ共通化によって相互運用性の目標を達成できるようにするステップを 1 つ進めることになります。Web Platform Docs (WPD) (英語) の作成に参加できることを嬉しく思っています。これは、オープンな Web 標準を使用する開発者およびデザイナー向けに W3C が主催するコミュニティ リソースです。開発者にとって、Web はすばらしいエクスペリエンスを構築するためのものであり、相互運用可能なサイトとアプリケーションを記述することで、世界中の数百万ものユーザーに利用してもらうことができます。私たちは、同じ結果を生み出す同じ標準ベースのマークアップによる相互運用性の可能性について、何回も (英語) 話し合ってきました。 W3C (英語)、Adobe、Apple、Facebook、Google、HP、Microsoft、Mozilla、Nokia、Opera は、Web 開発者ドキュメントの中央リポジトリとなることを目指した、コミュニティ中心のこの新しいサイトを共同で作成し、リリースしました。 導入率を示す、正確かつ徹底的で明確なリファレンス ドキュメント 既存のテクノロジと新しいテクノロジに関する、よく考えられたチュートリアル 実際のシナリオを考慮に入れたサンプル ライブラリ 標準に沿ったテクノロジと、機能の安定性および実装ステータスをひとめで把握可能 WPD では、そのプラットフォームとして MediaWiki が使用されており、Wikipedia のモデルが採用されているため、世界中から集まった開発者のボランティア寄稿者が WPD の強みになります。だれでもメンバーになったり、寄稿したりすることができるため、結果として形成されるコミュニティにより共同作業や助け合いをとおしてコンテンツが作成、管理されます。W3C は、サイトの主催者であり、管理者です。創設組織 (およびプロジェクトを金銭的にサポートすることで参加することを希望する他の組織) は、”スチュワード” と呼ばれます。スチュワードは、インフラストラクチャの決定をサポートし、独自に参加する他のすべてのメンバーと同じ権限でメンバーが寄稿者として活動できるようにします。また、スチュワードは既に公開されているコンテンツのトピック (MSDN の 3,200 以上のトピック) と共に WPD をリリースしましたが、今後もコンテンツを引き続き追加します。 これは、より大きな価値を全体で生み出す方法により、私たちの情報と他の開発者コンテンツ作成者の情報を組み合わせるチャンスであると私たちは考えています。開発者コンテンツを WPD に集めることで、皆さんの計画にとって重要なデータが中央にまとめられ、正確になります。競合するサイトを調べ、矛盾する情報に悩む必要はなくなります。同時に、進化する API や独自の API が追加され、その違いは明確にわかるようになります。トピックの情報が不足していたり、間違いがある場合、フラグを付けてコミュニティ メンバーに更新してもらうことや、自分で更新することができます。 さまざまなグローバル パートナーと連携してこのサイトを実現できたことを光栄に思います。ただし、これは WPD…

24

旧ドキュメント モードでの光学式ズーム

IEBlog の記事 (英語) で説明されているとおり、Internet Explorer 9 では、ハードウェア アクセラレーションを使った HTML5 コンテンツのレンダリングの一部としてサブピクセル フォント配置が導入されました。これは、ズームとは無関係のテキスト メトリック (Windows 8 タッチ対応デバイスの IE10 で利用可能なピンチ ズームがブラウジング エクスペリエンスの一部となっている場合に重要な特性) を可能にしたため、将来への重要なステップでした。 18 か月前のこの記事で説明されているとおり、IE9 の旧互換モードではピクセル全体のテキスト メトリックが使用されています。互換性を重視したこの決定は IE10 に引き継がれており、IE5 互換モード、IE7 標準モード、IE8 標準モード (すべてピクセル全体のフォント メトリックで実行されます) と互換性があります。IE10 のドキュメント モード (標準、互換) と IE9 標準モードではすべて、サブピクセル テキスト メトリックが使用されます。 このため、ピンチ ズーム、ダブルタップ ズームを使ってページをズームした場合や、Windows 8 のスナップ ビューとフィル ビューで表示するためにページが自動ズームされている場合、旧ドキュメント モード 5、7、8 で実行されているサイトのテキストはスムーズにスケーリングされません。 ズームの例: 旧モードと標準モード 以下に、人気ニュース サイトのテキストを 8…

5

IE10 Release Preview から従来の DX フィルターを削除

ブラウザーを問わず “同じマークアップで同じ結果” を実現するという目標に対する Internet Explorer での取り組みについて、その一部は IE9 および IE10 での CSS3 機能の追加によって実装されています。これらの機能を採用することで、グラフィック効果に関して Web サイトを標準ベースの機能に移行することができます。以前の記事で、IE4 で最初に導入された Internet Explorer の従来の視覚的なフィルターとトランジション (英語) は、IE10 の標準モードと互換モードではサポートされず、標準ベースの代替手段と比較してパフォーマンスが劣ることをお伝えしました。これらのフィルターのパフォーマンスの詳細な分析と、Web での使用率の低さを踏まえ、Windows 8 Release Preview の Internet Explorer 10 では、[インターネット] ゾーンのすべてのサイトのすべてのドキュメント モードからこれらのフィルターを削除しています。これらの機能は、IE10 の [ローカル イントラネット] および [信頼済みサイト] ゾーンのドキュメント モード 5、7、8、9 では引き続き利用できます。 Web サイトの更新 Web サイト開発者が Web ページに従来のフィルターを適用する方法はありません。 この点については、標準ベースの Web グラフィックに移行する IE10 でお伝えしたとおり、変更はありません。この機会にぜひ、標準ベースのマークアップに移行し、従来の DX フィルターの代わりに IE10…

0

IE10 Compat Inspector

Compat Inspector が IE10 に対応しました。Compat Inspector を使用すると、Internet Explorer プラットフォームの変更がサイトに影響するかどうかをすばやく確認できます。IE 10 への対応に向けて準備している場合でも、IE9 を対象として更新を行っている場合でも、ページで問題が発生したら Compat Inspector を実行してみてください。考えられる問題と、その解決方法を説明するメッセージを確認することができます。 Compat Inspector について Compat Inspector は、サイトの実行中に分析を行う JavaScript ベースのテスト ツールです。Compat Inspector を実行すると、最近のモードで問題となる操作のパターンが報告されます。このため、大量のドキュメントの内容を覚えていなくても、サイト全体のコードを検索しなくても、問題をすばやく特定することができます。Compat Inspector は、IE9 の工程において、さまざまなサイトでよく発生する問題を迅速に認識できるようにするために開発されたもので、現在は IE10 向けに更新されています。Compat Inspector のルールを構成するテスト ケースは、IE チームの多くのメンバーの協力によって作成されました。 Compat Inspector は、IE9 モードまたは IE10 モードに移行中のサイトを支援するように設計されています。レガシ モードで動作するサイトを対象としたものではありません。レガシ モードで動作するサイトをテストするには、F12 開発者ツールを使用して、より最近のモードを選択することで実行できます。それには、F12 キーを押してツールを開き、メニュー バーの [ドキュメント モード] をクリックして、[標準] をクリックするだけです。問題の種類によっては、IE9 の互換性ガイドや IE10 の開発者向けガイド (英語) などのドキュメントで詳細を参照する必要が生じる場合があります。最も効率的な方法としては、まず…

0

標準ベースの Web グラフィックに移行する IE10

ユーザーは、どのブラウザーでインターネットのどのサイトを見ても、似たような品質のエクスペリエンスを得られることを期待するものです。ブラウザーを問わず “同じマークアップで同じ結果” を実現する (Same Markup) という目標に対する Internet Explorer での取り組みについて、このブログで初めて話題にしたのは、IE9 Platform Preview 1 のリリースを発表した、2010 年 3 月の記事でのことでした。IE9 によって私たちはこの目標に向けてに大きく前進しましたが、IE10 の HTML5 に基づく標準モードと互換モードは、この取り組みをほぼ完成させるものです。「IE10 の HTML5 解析」では、IE10 の HTML5 ベースの標準モードおよび互換モードで廃止された従来の機能をいくつかご紹介しました。 この記事では、これに加えて 2 つの機能が廃止されたことについてお話しします。Vector Markup Language (VML) と DirectX ベースのフィルターおよびトランジションです。どちらの機能も IE9 以降は MSDN のドキュメンテーションでは非推奨扱いとなっており (たとえば「フィルターおよびトランジション」(英語) の 1 行目には “This topic documents a feature of Visual Filters and Transitions, which is…

0