IE11 の縦書きモードの改良

Internet Explorer 11 の 2014 年 6 月の更新では、縦書きモードのレイアウトが改良され、進化しています。この更新により、一貫した中央ベースラインや行間を維持したふりがな配置などの機能が有効になっています。これらの改良点を組み合わせることで、日本語ロケールなどの縦書きモードをサポートするロケール用にリッチでインタラクティブなテキストブックや出版物を実現できます。 実際に体験して改良点を確認するには、Vertical Writing Mode Improvements Test Drive を試してみてください。 中央ベースラインにより、要素の行間を維持した状態で配置された追加のふりがな文字がある場合でも、文字や記号が正しく揃います これらの更新により、コンテンツ作成者は Internet Explorer の強力な縦レイアウト機能を Web サイト、Web アプリケーション、最新の Windows アプリで活用することができます。皆様のフィードバックをお待ちしております。その際は、Connect をご利用いただけるとさいわいです。 — Internet Explorer 担当グループ プログラム マネージャー Bogdan Brinza

1

IE デベロッパー センター: 必要なリソースを簡単に探せるようになりました

Microsoft は先週、ページ構成を新たに整理した Internet Explorer デベロッパー センターを公開しました (msdn.com/ie)。これにより、開発者の皆様は、総合的な情報を提供するドキュメントをすぐに見つけられるようになりました。皆様のフィードバックに基づく今回のサイト構造の見直しは、より大規模な Windows デベロッパー センター再編成の一環として実施され、以下が実現されました。 IE のバージョンにかかわらず、開発者向けトピックが簡単に見つかる 総合的な API ドキュメントが今まで以上に簡単に見つかる 開発者向けガイド、チュートリアル、サンプル コードからベスト プラクティスを入手できる 新しい IE デベロッパー センターを構成する 3 つの領域を紹介します。 はじめに IE をダウンロードし、F12 開発者ツールに関する情報を入手できます。IE の最新バージョンの新機能と機能変更に関する情報を提供する開発者向けガイドと互換性クックブックにもここからアクセスできます。 計画 インスピレーションを与えてくれるアイデア、Web 標準準拠のためのアップデートに関するヒント、Windows 8 の Internet Explorer 10 が提供するブラウジング エクスペリエンスの詳細、プラグイン フリー化に役立つ情報、適応力に優れたタッチ対応サイトの構築方法、既存サイトと Windows の連携方法などの情報を提供します。 開発 Web プラットフォームの機能、Microsoft の API リファレンス、サンプル ギャラリー、コミュニティ フォーラムの各ポータル ページにアクセスできます。 IE ライブラリ コンテンツの中心となるのが、この「開発」セクションです。必要なコンテンツを簡単に見つけられるようにするため、最もアクセス数が多いページを起点に、同じトピックの関連リソースにアクセスできるように構造を変更しました。 IE…


Windows 8 の Flash

明日から Windows 8 と Windows RT の Internet Explorer 10 を更新し、Flash コンテンツが既定で動作するようにします。Windows 8 のデスクトップの IE では、Flash コンテンツは今後すべて有効になります。 過去数か月間以上テストして確認したところでは、Flash コンテンツがあるサイトの大多数は、タッチ、パフォーマンス、バッテリ寿命といった Windows エクスペリエンスとの互換性が確保されています。この更新を適用しても、タッチ操作が可能な Windows エクスペリエンスと互換性が依然として確保されていないか、他のプラグインに依存している一部のサイトでは、キュレーションされた互換表示 (CV) リストによって、Flash コンテンツがブロックされます。 私たちは、IE10 でより多くのサイトが “動作するようにするだけ” で、ユーザー、企業、開発者のエクスペリエンスも向上すると考えています。実際問題として、よく使うサイトの Web コンテンツは、普段持ち歩くデバイスでどれでもアクセスできるようになっていなければなりません。アクセスできないと、そのデバイスは PC のおまけにすぎなくなります。一部の人気 Web サイトでは Adobe Flash が必須で、代替手段として HTML5 に対応していないため、Adobe と Microsoft は、Windows エクスペリエンスに最適化された Flash Player を提供できるよう密接に協力しています。 Windows 8 Windows RT イマーシブ IE CV…

2

W3C の最終草案の公開を受け、ポインター イベントについてさらに詳しく

2 月 19 日 (火) に、W3C はポインター イベント仕様 (英語) の最終草案 (Last Call Working Draft) を公開し、標準化と相互運用性に向けて大きなマイルストーンに到達しました。3 か月少し前に標準化が始まったこの仕様の目的は、タッチ、ペン、マウスなどさまざまな入力デバイスに対応する新世代の Web エクスペリエンスの実現を支援することです。W3C でのこの段階に達したことを嬉しく思い、現在 IE10 で提供されている API を使って、タッチ、ペン、およびマウス入力向けのサイトとアプリケーションの構築に役立つ最新のリソースを一部ご紹介したいと思いました。 タッチ主導の Web デザインとポインター イベントについて ポインター イベントは、まったく新しい、サイトへの入力方法です。そこで、私たちは、このテクノロジと、これを使って魅力的なエクスペリエンスを構築する方法について、開発者の皆さんに知っていただくお手伝いをしたいと考えています。WebPlatform.org (英語) のドキュメント作成の取り組みの一環で、弊社のプログラム マネージャーの Rob Dolin は、幅広い内容を網羅した新しい入門 (primer) (英語) を追加しました。このドキュメントには、ポインター イベントの詳細と実装のための基本的なサンプルが含まれています。 また、私は、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催された W3Conf で、タッチ主導デザインとポインター イベントについて発表する機会を頂戴しました。参加できなかった方は、この発表をオンラインでご覧 (英語) いただけます。この発表では、基本のタッチ主導のガイドラインを示し、ポインター イベントと、マウス イベントからポインター イベントへの移行手順を紹介しています。 まだポインター イベントを試すお気持ちにならない方のために、すばらしい Web エクスペリエンスをいくつか紹介します。以下は、ポインター イベントを使ったタッチ主導エクスペリエンスです。今後、このようなエクスペリエンスが続々と登場するでしょう。 ExploreTouch.ie (英語)…

3

IE10 Automatic Update Blocker Toolkit の提供が Windows 7 向けに開始されました

企業や組織の皆様が、IE10 Automatic Update Blocker Toolkit を使って Internet Explorer 10 の自動配布を無効化し、IE10 を独自の更新スケジュールで管理できるようになりました。このブロック用ツールキットは、IE9、IE8、IE7 向けのこれまでの同ツールと同様、Microsoft ダウンロード センターで現在公開されています。お使いのブラウザーを可能な限り早く最新バージョンにアップグレードすることがすべてのお客様に推奨されていますが、このツールキットを使うことによって、Windows 7 に IE10 を展開するタイミングをお客様が制御できるようになりました。IE10 Automatic Update Blocker Toolkit ではなく Windows Update を使用しているすべてのお客様については、IE9 から IE10 へのアップグレードが自動実行されます。 IE10 Automatic Update Blocker Toolkit を使うことで、Internet Explorer 10 の製品版が公開された際に、ユーザーの Windows 7 マシンに Internet Explorer 10 が自動インストールされないようにできます。このツールキットに有効期限はありません。また、クライアント マシン上でレジストリ ファイルを実行するか、ドメイン参加環境の場合はグループ ポリシーを展開することによってツールキットを構成できます。このツールキットではブロック解除の手順も提供するため、自動更新経由での IE10 インストールを許可することができます。 IE10 Release Preview が Windows…

1

IE10 と Windows 8 における JavaScript のパフォーマンスの進歩

2012 年 5 月 31 日木曜日に、Windows 8 Release Preview と IE10 Platform Preview 6 が提供を開始されました。Windows 8 では、付属する 1 つの HTML5 ブラウジング エンジンによって、ブラウジング エクスペリエンス (Metro スタイルとデスクトップ) と、HTML5 および JavaScript を使う Metro スタイル アプリの両方に対応します。Release Preview では、IE9 で最初に導入された先進的な JavaScript エンジンである Chakra が大幅に改訂されています。各 Platform Preview のリリースごとに、私たちは Web での優れたパフォーマンスと、高いレベルの互換性、相互運用性、そしてセキュリティを兼ね備えたエンジンという目標に向けて前進を続けています。この記事では、先端的な Web アプリケーションのシナリオで優れたパフォーマンスを発揮できるよう JavaScript エンジンに施された強化点についてご紹介します。 本格的な Web アプリケーションを意識したパフォーマンス Web アプリケーションは近年急激に進化しています。10 年前に Web…


IndexedDB アプリケーションをデバッグする

IndexedDB (英語) は、インターネットに接続されていない場合でもユーザーのローカル クライアント上でデータを保存、検索、取得できる JavaScript の開発を可能にする W3C 草案 (英語) です。今回のブログ記事では、私たちが IndexedDB アプリケーションをデバッグするために内部的に使用している IDBExplorer というツールについてお話ししたいと思います。IDBExplorer を使って、データベース スキーマ、オブジェクト ストアのコンテンツ、インデックスの詳細を確認することができます。 IndexedDB のサンプル アプリを使用してツールを検証する このツールをご紹介するにあたって、新年の抱負をトラッキングする New Year’s Resolution (英語) というアプリケーションを IndexedDB を使用して作成してみました。このアプリケーションでは、抱負をデータとして (Web ページを閲覧しているシステム上で) ローカルに保存してアクセスします。ユーザーは自由に抱負を追加、編集でき、[Done That!] ボタンをクリックすると、選択した抱負がリストから削除され、その抱負の内部表現もデータベースから削除されます。 IndexedDB では、データベースを情報のコンテナーとして定義します。各データベースには JavaScript オブジェクトのリポジトリであるオブジェクト ストアが格納されます。各オブジェクトには API を使って照会できる属性が格納されます。リレーショナル データベースになじみのある方は、オブジェクト ストアはテーブルと同じものと考えてください。オブジェクト ストア内の各 JavaScript オブジェクトはレコードに当たります。ただし、IndexedDB のオブジェクト ストアに格納されているオブジェクトは、不透明 (opaque) エンティティとして扱われます。また、これらのオブジェクトには同じプロパティを含める必要はありません。 JavaScript オブジェクトをリレーショナル データベースのレコードと同様のものと考えると、オブジェクトのプロパティはテーブルの列 (またはフィールド) と考えることができます。したがって、オブジェクト ストア内のレコードは、オブジェクトのプロパティを使って検索できます。IndexedDB…