Windows 8.1 Update での F12 の新機能

このたび、IE の開発者ツール (F12) と、Visual Studio 2013 Update 2 において大規模な更新を実施しました。F12 の更新は、IE11 の新しいリリースに含まれています。 以前、このブログで F12 の機能と、F12 では高速で反復的なワークフロー、DOM Explorer での正確なデータの提供、メモリおよびパフォーマンス ツールでの実用的なデータの提供に注力していることを説明しました。 F12 の今回の更新では、次のような機能強化が施されています。 CSS ツールの変更管理による、より緊密で反復的なワークフロー。 CoffeeScript や TypeScript などで作成したコードのデバック機能。ソース マップをサポートするほか、他の開発者が作成したライブラリを使っている場合は、”マイ コードのみ” のデバッグが可能。 すばやい問題解決を支援するための機能の強化。たとえば、メモリ リークの検出時に使用できる、JS スナップショット ツールやフィルター機能が強化されています。 では、今回 F12 に施された機能強化を見ていきましょう。 CSS に対する変更の履歴を変更バーを使って管理 F12 などのツールの最大の利点は、ソース コードを開かなくても、Web サイトの表示状態をブラウザーから直接編集できることです。ただし、時間をかけて編集していると、CSS に対するすべての変更を把握し、元のソースに最終的な編集内容を適用することは難しくなります。この状況を改善するため、変更を記録および管理する機能を導入しました。変更は、”変更バー” を使って視覚的に、または DOM Explorer の新しい [変更] CSS パネルを使って管理できます。 DOM Explorer の [スタイル] ウィンドウから…

7

IE11 の仮想マシンが modern.IE で新たに公開されました

Windows 7 向け Internet Explorer 11 のリリースに伴い、modern.IE で公開されている仮想マシンのラインナップに Windows 7 向け IE11 と Windows 8.1 向け IE11 が追加されました。各種のプラットフォームとバージョンによる Internet Explorer のテストに、ぜひこれらの新しい仮想マシンを加えてください。また、ユーザーのフィードバックに基づきすべての仮想マシンが更新され、よりスムーズなテストが可能になりました。無料で入手できる VM は、Internet Explorer の全バージョン、あらゆるプラットフォームでのサイトのテストにお役立ていただけます。イメージは Linux 用、Mac 用、Windows 用がそれぞれ用意され、主要なデスクトップ仮想化テクノロジのほぼすべてに対応しています。 更新された VM には、以下の変更点が追加されています。 以前のバージョンの IE が新しいバージョンに自動更新されないよう、Windows Update を既定で無効化 イメージの有効期限を延長 よく寄せられる質問への回答に、Windows デスクトップから直接アクセスできるようにした VM のビルド バージョン番号を追加し、VM の更新を確認できるよう IE のホーム ページを modern.IE に設定 modern.IE では、IE テスト用の VM の他にも数多くのツールを無料で公開しています。以下に紹介するその他のツールも、テスト期間の短縮にご活用ください。 一般的に発生する互換性の問題をチェックする、サイト…

0

BrowserSwarm 登場 – これからの JavaScript プロジェクトのテスト時間をもっと短く

現在、Microsoft では appendTo および Sauce Labs と連携して、BrowserSwarm をリリースしています。このオープン ソース ツールを使用すると、Web 開発者はさまざまなデバイスやブラウザーで JavaScript のフレームワークやライブラリを自動でテストできます。クオリティ フレームワークは最新の Web の基盤ですが、フレームワーク開発者がさまざまなブラウザーをテストするリソースを持っていない場合もあります。BrowserSwarm を使用すると、開発者は相互運用可能な優れたフレームワークを構築できます。このプロジェクトは modern.IE を補完するもので、開発者が各種の最新ブラウザー向けの Web サイトを構築するのに役立つ一連のツールとリソースを無償で提供します。 こちらから、BrowserSwarm のアカウントを数分で設定できます。 BrowserSwarm: 実用的なテスト結果を即座に BrowserSwarm は、GitHub 上にある開発チームのコード リポジトリに直接接続し、Sauce Labs のクラウドで、QUnit を使用した単体テストを自動的に実行します。成功したテスト ケースと失敗したテスト ケースに分けられたシンプルなレポートにより、修正が必要な部分がすぐにわかります。 BrowserSwarm では、prototype.js や Modernizr などの上位のフレームワークやライブラリを使用してテスト結果が示されます。さまざまなブラウザーやデバイスでの全体的なパス率に加えて、上位ブラウザーでの個別のテストのパス率も確認できます。 underscore.js に対する最近のジョブの例を次に示します。 underscore.js に対する BrowserSwarm のテスト結果ページの例 個別のジョブ レポートには失敗したテスト ケースのみが表示されるので、修正が必要な部分にすぐに対応することができます。QUnit での単体テストの実行に慣れている場合には、すべてのテスト出力をいつでも表示できます。 BrowserSwarm の詳細なエラー レポートの例 コミュニティの協力による BrowserSwarm テストの改善…

2

Internet Explorer Testing Center が更新されました

Internet Explorer 11 Preview が Windows 8.1 Preview と共にリリースされたことに合わせて、Microsoft は IE Testing Center を更新し、IE11 が対応している、ブラウザーの相互運用性をさらに高める各種標準に関するテスト ケースを新たに追加いたしました。今までよりも (英語) 多くの (英語) ブラウザーとデバイスに対応しなければならない Web 開発者は、サイト全体でのマークアップ共通化を通した、よりいっそうの効率化を必要としています。各ブラウザーの標準対応状況を確実にテストできることは、現状を明確に把握し完全性を高め、ひいては Web 全体の相互運用性が向上するという点で、Web コミュニティとブラウザー ベンダーの両方にメリットをもたらします。 1199 件の新しいテストが標準化団体に提出されました Microsoft は IE Testing Center に 1199 件のテスト ケースを追加しました。対象は、Web Cryptography、PreFetch、High Resolution Timer、Navigation Timing 2、Performance Timeline、Canvas、JavaScript、Media Source Extensions、ポインター イベント、Page Show と Page Hide、DOM4 MutationObserver、Document.all、WebIDL バインディング、および Flexbox です。JavaScript のテスト…

0

W3C がポインター イベントを勧告候補に

W3C は先日、ポインター イベント (英語) を勧告候補 (Candidate Recommendation) として公開しました。これにより、タッチ、ペン、マウス、その他の入力を処理する方法の標準化と相互運用性に向けた重要なステップが達成されました。公開草案初版から 5 か月という短期間で勧告候補に到達できたのは、新しいインタラクティブなハードウェアを Web サイト上で活用できるようにするという目標の下、Microsoft、Google、Mozilla、Opera、Nokia、jQuery など、関係各社との効果的な共同作業が実を結んだ成果です。 勧告候補という段階は、この仕様が幅広くレビューされ、ワーキング グループの技術要件を満たすものであると W3C が認識していることを示します。勧告候補の公開は、さらなる実装をグループに呼びかける合図となります。また、ポインター イベント ワーキング グループでは現在、仕様の実装を検証するためのテストの作成も活発に行われています。Microsoft が最近開催した「テストで Web を進化させよう」というイベントでは、多数の新しいテスト ケース (英語) が作成され、この取り組みに大きく貢献することができました。 Web の閲覧に使われるデバイスは年々多様性を増し、入力方法もタッチ、マウス、キーボードなど 1 つにとどまりません。ポインター イベントを使用すると、開発者は統一されたモデルでコードを記述して、さまざまな種類の入力に対応するサイトを構築できます。ポインター イベントは、現行の IE10 に既に実装されているほか、Hand.JS (英語) などのポリフィルを使うことで他のブラウザーでも利用できるようになります。私たちは、ポインター イベントについての理解を助け、その動作を実際に試していただけるように、WebPlatform.org に新しいポータル (英語) を開設しました。ポインター イベントは、Web 上で高速で滑らかなタッチ操作を実現する (英語) ために私たちが行ってきた多くの取り組みの中の 1 つです。 Jacob Rossi プログラム マネージャー

2

テストで Web を進化させよう – 2013 年、シアトル

Microsoft では 4 月 12、13 日に、相互運用性テストを作成して Web の発展を図るイベント「テストで Web を進化させよう」(英語) を開催しました。今回は過去最高の参加者数を記録しました。Web 標準のテスト、CSS と HTML のテストの開発方法、テスト スイートの管理に利用できるツールについての知見を得るため、Adobe、AT&T、Blackberry、Google、Mozilla、その他地元の多数の企業から大勢の有志が Microsoft のシアトルのオフィスに集いました。米国内はもとより、カナダから参加された方もいて、合計で過去最高となる 514 種類もの新しいテストが作成されました。 テストが重要な理由 いまだに、ブラウザーによって HTML および CSS 標準への準拠の質や正確性には大きなばらつきがあります。W3C では、ある W3C Web 仕様が勧告候補から正式な勧告になる (英語) ためには、すべての規範要件の個別のテストが求められます。これらのテストを使って、少なくとも 2 種類のブラウザーが各規範的参照 (英語) を完全にサポートすることを確認します。ご想像いただけるかと思いますが、このテストを全種類作成するのは、気が遠くなりそうな作業です。HTML5 では、ゆうに 100,000 件を超えるテストが必要になると見られ、それ以外に CSS3 モジュール、Web アプリ、メディア拡張などのテストが必要になるのは言うまでもありません。これまで数千件の HTML、CSS、SVG 用のテストを提出してきましたが、まだまだテストが必要です (提出済みのテストは、W3C および Internet Explorer Testing Center で公開されています)。テストすることで一貫性があり予測可能な動作が確保されるため、すべてのブラウザー、ひいては Web 開発者コミュニティ全体にとって、これらのテストは有用です。各種ブラウザーにおけるマークアップ共通化のサポートが充実することは、HTML5 と CSS3…

1

modern.IE の更新: VM の無料ダウンロード、Windows 8 QuickStart Kit、コード スキャン ツールの強化など

Microsoft は本日 modern.IE を更新いたしました。今回の更新では、以前のバージョンをサポートしながら、Internet Explorer 9 および 10 をはじめとする最新ブラウザーをテストするためのツールとリソースが強化されました。この機能強化は、1 月のサイト開設以来、熱心なユーザーの皆様からお寄せいただいているフィードバック、ご提案、ご要望のうち、最も数が多かった項目に対応するものです。 本日の更新によって、新しいサービス、新しいダウンロード、機能強化されたツールを modern.IE でご利用いただけるようになりました。主な内容を次に示します。 Windows QuickStart Kit for Mac Developers の注文受付を開始 (英語): 希望する慈善団体へ 25 ドルの寄付をしていただいた方に Parallels Desktop 8 と Windows 8 が含まれる USB スティックをお送りいたします。 新しいダウンロードの提供を開始: Windows 7 上で動作する IE10 と Windows XP 上で動作する IE8 用に、新しい仮想マシンのダウンロードの提供を開始しました。 Web ページ URL のスキャン機能の強化: ファイアウォールの内側にあるサイトを含め、互換性に関する問題をより多く検出できるようになりました。 18 種類の言語に対応 メインの開発環境を変更せずに各種ブラウザーとプラットフォームを簡単にテストできる、BrowserStack の 3 か月間無料試用は、引き続きご利用いただけます。…

2

テストで Web を進化させよう

現在、各ブラウザーが搭載する HTML5 エンジンの質や正確性にはまだ大きなばらつきがあります。そうした中私たちは、Web プラットフォームの相互運用性とマークアップ共通化という目標に向け、W3C 主導によるテスト スイート開発への貢献を続けています。私たちがこれまでに提出したテストは合計 7573 件に達しており、これらは IE Testing Center でご覧いただけます。各ブラウザーにおけるマークアップ共通化のサポートが充実することは、HTML5 の目指す世界が実現されていくことを意味します。 今回のブログ記事のタイトルは、6 月 15 日と 16 日の週末に Adobe が同社サンフランシスコ オフィスで開催したイベント (英語) の名前 (“Test the Web Forward”) です。多数のボランティア参加者、W3C のエキスパート、そして Adobe、Google、Mozilla、Apple、HP、Microsoft の社員が集結した同イベントでは、Web 標準のテスト、CSS と SVG に関するテストの開発方法、役に立つバグの記録方法、テスト スイート管理に使えるツールなどについて有意義な議論を聞くことができました。 また、フリー フード、フリー ドリンクの ‘ハッカソン’ が全日イベントとして開催されました。ボランティア参加者からはこの土曜日 1 日だけで CSS OM (英語)、変換 (英語)、背景とボーダー (英語)、除外 (英語)、SVG (英語) その他のモジュール用のテスト ケースが提示され、優秀な参加者への各賞による表彰 (英語) も行われました。…

3