Windows 8.1 Update での F12 の新機能

このたび、IE の開発者ツール (F12) と、Visual Studio 2013 Update 2 において大規模な更新を実施しました。F12 の更新は、IE11 の新しいリリースに含まれています。 以前、このブログで F12 の機能と、F12 では高速で反復的なワークフロー、DOM Explorer での正確なデータの提供、メモリおよびパフォーマンス ツールでの実用的なデータの提供に注力していることを説明しました。 F12 の今回の更新では、次のような機能強化が施されています。 CSS ツールの変更管理による、より緊密で反復的なワークフロー。 CoffeeScript や TypeScript などで作成したコードのデバック機能。ソース マップをサポートするほか、他の開発者が作成したライブラリを使っている場合は、”マイ コードのみ” のデバッグが可能。 すばやい問題解決を支援するための機能の強化。たとえば、メモリ リークの検出時に使用できる、JS スナップショット ツールやフィルター機能が強化されています。 では、今回 F12 に施された機能強化を見ていきましょう。 CSS に対する変更の履歴を変更バーを使って管理 F12 などのツールの最大の利点は、ソース コードを開かなくても、Web サイトの表示状態をブラウザーから直接編集できることです。ただし、時間をかけて編集していると、CSS に対するすべての変更を把握し、元のソースに最終的な編集内容を適用することは難しくなります。この状況を改善するため、変更を記録および管理する機能を導入しました。変更は、”変更バー” を使って視覚的に、または DOM Explorer の新しい [変更] CSS パネルを使って管理できます。 DOM Explorer の [スタイル] ウィンドウから…

7

2014 年 4 月分の Internet Explorer 用更新プログラム

マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-018 – 緊急 今回のセキュリティ更新プログラムは、非公開で報告された Internet Explorer の 6 つの脆弱性を解決します。最も深刻な脆弱性が悪用された場合、ユーザーが特別に細工された Web ページを Internet Explorer で表示すると、リモートでコードが実行される可能性があります。これらの脆弱性の最も深刻なものが悪用された場合、攻撃者が現在のユーザーと同じ権限を取得する可能性があります。コンピューターでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者特権で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。 このセキュリティ更新プログラムは、Windows クライアント上の Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、および Internet Explorer 11 について深刻度を「緊急」と評価し、Windows サーバー上の Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、および Internet Explorer 11 について深刻度を「警告」と評価しています。Internet Explorer 10 は影響を受けません。詳細情報については、セキュリティ情報ページを参照してください。 推奨する対応策: ほとんどのお客様は自動更新を有効にしていて、このセキュリティ更新プログラムが自動的にダウンロードおよびインストールされるため、特別な措置を講じる必要はありません。自動更新を有効にしていない場合、この更新プログラムを手動で確認し、インストールする必要があります。自動更新の具体的な構成オプションの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 294871 を参照してください。 管理者およびエンタープライズ インストール、またはこのセキュリティ更新プログラムを手動でインストールするエンド ユーザーについては、更新プログラム管理ソフトウェアまたは…

2

Internet Explorer 11 向けエンタープライズ モードを利用して常に最新の環境を確保

マイクロソフトは、企業のお客様が、最新のソフトウェア、サービス、デバイスを利用できるように、重要な一歩を踏み出しました。Windows 7 と Windows 8.1 の更新として本日発表された Internet Explorer 11 向けエンタープライズ モードは、旧バージョンの Internet Explorer に対する互換性を向上します。また、このモードをどの Web アプリケーションで使用するかを管理するツールも付属しています。 最新の Web 標準、パフォーマンスの改善、最新の IE によるセキュリティ強化のメリットを享受できると同時に、レガシの Web アプリへの既存の投資を引き続き活用できます。また、旧バージョンへの依存性が軽減されることで、Windows 8.1、Office 365 などの最新のサービス、Surface Pro 2 のようなデバイス導入のハードルが下がり、最新の環境を確保しやすくなります。 エンタープライズ モードが最新の環境確保に役立つしくみ 現在、多くの企業が、HTML5 や CSS3 のような最新の標準を要件とする新しい Web アプリケーションやサービスと、旧バージョンの Internet Explorer 向けに設計された古い Web アプリケーションやサービスとの違いに悩まされています。レガシ アプリには、概して多額の投資がなされ、数年単位の長期にわたるライフサイクルがあるため、企業ユーザーは、これらの Web アプリを最新の Web 標準に更新できる日が来るまで、旧バージョンの Internet Explorer に依存することになります。 2009 年に発表された Internet Explorer 8…

3

マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-012 – 緊急

今回のセキュリティ更新プログラムは、Internet Explorer の一般公開された 2 つの脆弱性と、非公開で報告された 16 の脆弱性を解決します。最も深刻な脆弱性が悪用された場合、ユーザーが特別に細工された Web ページを Internet Explorer で表示すると、リモートでコードが実行される可能性があります。これらの脆弱性の最も深刻なものが悪用された場合、攻撃者が現在のユーザーと同じ権限を取得する可能性があります。コンピューターでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者特権で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。 このセキュリティ更新プログラムは、Windows クライアント上の Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、Internet Explorer 10、および Internet Explorer 11 について深刻度を「緊急」と評価し、Windows サーバー上の Internet Explorer 6、Internet Explorer 7 については 「警告」、Windows サーバー上の Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、Internet Explorer 10、および Internet Explorer 11 について深刻度を「重要」と評価しています。詳細については、セキュリティ情報ページを参照してください。 推奨する対応策: ほとんどのお客様は自動更新を有効にしていて、このセキュリティ更新プログラムが自動的にダウンロードおよびインストールされるため、特別な措置を講じる必要はありません。自動更新を有効にしていない場合、この更新プログラムを手動で確認し、インストールする必要があります。自動更新の具体的な構成オプションの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 294871 を参照してください。 管理者およびエンタープライズ インストール、またはこのセキュリティ更新プログラムを手動でインストールするエンド…

0

2014 年 2 月分の Internet Explorer 用更新プログラム

マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-010 – 緊急 今回のセキュリティ更新プログラムは、Internet Explorer の一般公開された 1 つの脆弱性と、非公開で報告された 23 の脆弱性を解決します。最も深刻な脆弱性が悪用された場合、ユーザーが特別に細工された Web ページを Internet Explorer で表示すると、リモートでコードが実行される可能性があります。これらの脆弱性の最も深刻なものが悪用された場合、攻撃者が現在のユーザーと同じ権限を取得する可能性があります。コンピューターでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者特権で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。 このセキュリティ更新プログラムは、Windows クライアント上の Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、Internet Explorer 10、および Internet Explorer 11 について深刻度を「緊急」と評価し、Windows サーバー上の Internet Explorer 6、Internet Explorer 7 については 「警告」、Windows サーバー上の Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、Internet Explorer 10、および Internet Explorer 11 について深刻度を「重要」と評価しています。詳細については、セキュリティ情報ページを参照してください。 推奨する対応策: ほとんどのお客様は自動更新を有効にしていて、このセキュリティ更新プログラムが自動的にダウンロードおよびインストールされるため、特別な措置を講じる必要はありません。自動更新を有効にしていない場合、この更新プログラムを手動で確認し、インストールする必要があります。自動更新の具体的な構成オプションの詳細については、マイクロソフト…

0

IE11 の読み取りビューの紹介

IE11 では、アドレス バーのボタンをクリックまたはタップすると、Web ページの記事を読み取りビューで表示することができます。 読み取りビューは、Windows 8.1 向け Internet Explorer 11 の新機能です。この機能を使用すると、読みたい Web ページのメイン コンテンツに集中することができます。読み取りビューは、記事に関連するしないを問わず、周りにある不要な情報は表示せずに、読みたい Web ページの記事やブログ記事だけを表示する機能です。読みたい記事を見つけたら、読み取りビューに切り替え、落ち着いて読むことができます。記事を読み終えたら、読み取りビューを終了するだけで、サイトのブラウジングに戻ることができます。 読み取りビューで表示した Web ページの記事 読み取りビューは "イマーシブ" な IE にネイティブに実装された機能です。追加でインストールする必要はありません。IE がサポートするすべての言語に対応しており、テキスト量が多いページで利用できます。 IE11 の読み取りビューの使用方法 読み取りビューの使い方は簡単です。アドレス バーの [読み取りビュー] ボタンをクリックするだけです。キーボードを使用している場合、Ctrl + Shift + R キーを押して、読み取りビューでページを表示することもできます。 [読み取りビュー] ボタンは、"記事に相当" するコンテンツを持つページのアドレス バーに表示されます。ボタンが表示されていない場合、ページを読み取りビューで適切に処理することはできません。 読み取りビューを終了するには、アドレス バーのボタンをもう一度タップまたはクリックするか、Esc キーを押します。前のページに戻るには、[戻る] ボタンをタップまたはクリックします。タッチ対応デバイスを使用している場合は、スワイプして前のページに戻ります。 優れたリーディング エクスペリエンスの条件 IE11 で読み取りビューを開発したときの目標は、ページを快適に読めるビューを作成することでした。ブラウザーを一時的に特定の記事を読むためだけの場とすることで、元のページよりも読みやすくすることを目標としました。同時に、記事の URL、著者、その他の関連するコンテキスト情報だけでなく、コンテンツの整合性も保持したいと考えました。IE はこの機能を実装した最初のブラウザーではありませんが、印刷媒体の発行者たちが何世紀にもわたって使用し、改良し続けてきた読みやすさに関するベスト プラクティスを取り込み、オンラインでの閲覧に適用することで、他のブラウザーよりも優れたエクスペリエンスを実現する機会を得ました。 フォントの選択、行の長さ、余白、段落の設定マーカー、行間、カーニング、コントラスト、画像の配置など、ページの読みやすさにかかわる項目はたくさんあります。IE11 の読み取りビューにおける工夫をいくつか紹介します。 オンラインでの閲覧向けに新しいフォントをデザイン IE11…

0

modern.IE の公開から 1 周年、100 万時間の節約を達成しました。

2013 年 1 月に modern.IE が公開されて以来、サイトをとおして無料仮想テスティングツールを活用してきた開発者は、累計 100 万時間のテスティング時間を節約しました。 一緒にチームのこの記念すべきマイルストーンをお祝いしましょう。詳しくは、IE ブログをご覧ください。さらに詳しいリソースについては、 12 月の投稿をご覧ください。 @IEDevChat、おめでとうございます。

0

IE11 の仮想マシンが modern.IE で新たに公開されました

Windows 7 向け Internet Explorer 11 のリリースに伴い、modern.IE で公開されている仮想マシンのラインナップに Windows 7 向け IE11 と Windows 8.1 向け IE11 が追加されました。各種のプラットフォームとバージョンによる Internet Explorer のテストに、ぜひこれらの新しい仮想マシンを加えてください。また、ユーザーのフィードバックに基づきすべての仮想マシンが更新され、よりスムーズなテストが可能になりました。無料で入手できる VM は、Internet Explorer の全バージョン、あらゆるプラットフォームでのサイトのテストにお役立ていただけます。イメージは Linux 用、Mac 用、Windows 用がそれぞれ用意され、主要なデスクトップ仮想化テクノロジのほぼすべてに対応しています。 更新された VM には、以下の変更点が追加されています。 以前のバージョンの IE が新しいバージョンに自動更新されないよう、Windows Update を既定で無効化 イメージの有効期限を延長 よく寄せられる質問への回答に、Windows デスクトップから直接アクセスできるようにした VM のビルド バージョン番号を追加し、VM の更新を確認できるよう IE のホーム ページを modern.IE に設定 modern.IE では、IE テスト用の VM の他にも数多くのツールを無料で公開しています。以下に紹介するその他のツールも、テスト期間の短縮にご活用ください。 一般的に発生する互換性の問題をチェックする、サイト…

0

IE チームより季節のごあいさつ

残り少なくなりましたが、今年も皆様には本当にお世話になりました。感謝の気持ちを込めて IE チームよりクリスマスのご挨拶をお届けします。Holiday Lites (英語) は HTML5 と CSS3 で作成された、GPU を活用するデモで、画面上に細かなライトを点灯させながら、ブラウザーのレイアウトとレンダリングのパフォーマンスを測定します。このデモをご覧いただくと、IE11 がコンテンツを徐々に更新していること、つまり、ページ全体のレイアウトとレンダリングを開始するのにすべての DOM 操作の完了を待つ必要がないことがおわかりいただけると思います。HTML5、CSS3、Border-Image、Flexbox、MP3 オーディオ、電源効率に優れたタイマーなど、さまざまなテクノロジが駆使されたデモをぜひお楽しみください。 Holiday Lites (英語) では、ブラウザーのレイアウト/レンダリング パフォーマンスをテストできます この一年を振り返って この一年を振り返ってみると、Web がさらに飛躍的な進化を遂げたことに感動さえ覚えます。IE チームにとっても楽しい一年でした。特に IE11 の Windows 8.1 版と Windows 7 版は、IE10 から 1 年もたたずに公開できました。タッチ、セキュリティ、ネットワーク、編集などさまざまな面が強化された IE11 によって、現実世界の Web サイトを 30% 高速化することができます。もちろん、F12 開発者ツールの刷新も忘れることはできません。 現在の開発者の活躍には目覚ましいものがあります。GlacierWorks (英語) などの新しい取り組みは WebGL の進展なしにはあり得ませんでしたし、ホバー (英語) を始めとする古典的なエクスペリエンスが生まれ変わったのも WebGL のおかげです。また、メディア ストリーミングに関連する最新の各種標準をサポートしたことで、ネットワークの最新状態に順応する、スムーズで滑らかなビデオ再生が可能になりました (Netflix (英語) にてご確認いただけます)。また、modern.IE…

0

IE11 を始めとする各種ブラウザーで、Web アプリケーションの本当のパフォーマンスを測定する

W3C Web パフォーマンス ワーキング グループ (英語) は、Google や Mozilla を始めとするコミュニティ リーダーと共に、Navigation Timing、Resource Timing、User Timing、Performance Timeline の各インターフェイスの標準化を完了しました。これらのインターフェイスは、Web アプリケーションにおけるナビゲーション、リソース取得、スクリプト実行の実際のパフォーマンス測定をサポートするものです。これらのインターフェイスでは、Web アプリケーションを使うユーザーの現実世界でのエクスペリエンスを測定、分析ができるため、人工的な環境でアプリケーション パフォーマンスを測定する合成テストを使う必要がなくなります。これらのインターフェイスを通して取得できる時間測定データを活用して、Web アプリケーションのパフォーマンス向上に現実的に有効な対策を見極めることができます。IE11 ではこれらすべてのインターフェイスをサポートします。インターフェイスの実際の動作は Performance Timing Test Drive (英語) でご確認いただけます。 Performance Timing Test Drive (英語) では、各種の時間測定 API をテストできます Performance Timeline W3C 勧告として公開された Performance Timeline (英語) 仕様は、IE11 と Chrome 30 がフルサポートしています。このインターフェイスを使うと、アプリケーション内で行われるナビゲーション、リソース取得、スクリプト実行に費やされた時間を最初から最後まで可視化することができます。すべてのパフォーマンス指標は、この仕様が定義する最低限の属性を実装する必要があります。また、どのような種類のパフォーマンス指標を取得する場合も、この仕様が定義するインターフェイスを使用できます。 すべてのパフォーマンス指標は以下の 4 つの属性をサポートする必要があります。 name: パフォーマンス指標の独自の識別子を格納します。リソースの場合は、リソースの解決済み URL になります。 entryType:…

1