Enterprise Site Discovery Toolkit for IE11 を発表


本日、IT プロフェッショナルの皆様が企業のどの業務アプリケーションが重要で、ユーザーが実際に使用しているかを把握するための、Internet Explorer 11 の新機能を発表いたします。エンタープライズ モードの IE とこのツールキットを使用することで、エンタープライズのアップグレードがシンプルになります。今すぐ Enterprise Site Discovery Toolkit for IE11 をダウンロードして、Technet で詳細をご確認ください。

企業が最新バージョンの Windows にアップグレードする場合、通常は最新バージョンの Internet Explorer によるすべての業務アプリケーションの互換性テストが必要になります。多くの企業でこのようなテストの実施を難しくしている原因は、社内のどの業務アプリケーションが重要で、実際に従業員が使用しているのかを把握していないことです。このため、使用されていないアプリケーションであっても、コストや時間がかかるとしても、IT プロフェッショナルとしてすべての内部アプリケーションをテストしなければならないケースが頻繁に発生しています。テストに加え、アプリケーションがどのように作成されているのかを詳細に理解していないと互換性問題への対応が困難になる可能性もあります。

Enterprise Site Discovery Toolkit は、ユーザーがどのように Internet Explorer 11 を使用してブラウズしているかを把握するための手段を IT プロフェッショナルの皆様に提供します。このツールキットを使用すると、企業内で使用されるサイトのリストを作成するため、企業ユーザーが訪れたすべてのサイトに関する情報を Internet Explorer 11 から収集できます。この情報は、IT プロフェッショナルの皆様が Internet Explorer でアプリケーション互換性テストを行う際にアプリケーションの優先順位を設定するときに役立ちます。また、このツールキットによって、サイトがどのようなデザインで、Internet Explorer によってどのように使用されているか、などの情報も取得できます。このような情報は、エンタープライズ モードのサイト リストへのデータ入力時に利用でき、重要なサイトの互換性問題を減らすことができます。

収集される情報

既定では、データ収集は行われません。収集機能が有効になっていると、Internet Explorer 11 を使用してユーザーが訪れたすべてのサイトからデータが収集されます。データは、各ブラウジング イベント中に収集され、閲覧した URL に関連付けられます (以下参照)。このようなデータの収集は、Internet Explorer のパフォーマンスにほとんど影響を与えません。

各ブラウジング イベント中に収集されるデータ

収集したデータの利用方法: Discovery Toolkit は、実際のユーザー データに基づき、デプロイ内での IE の使用状況を IT プロフェッショナルの皆様に伝えます。この回答で、多くの問題に答えられたはずです。具体的に以下に示します。

  • どのサイトに最も多くのユーザーが訪れるか
  • ページを読み込む際のドキュメント モード、そのドキュメント モードがどのように選択されたか
  • どのサイトで ActiveX コントロールが使用されたか、その頻度
  • ユーザーが訪れたとき、どのサイトがクラッシュまたはハングしたか
  • 信頼済みサイト リストに含まれているが、除外すべきサイトはあるか
  • エンタープライズ モードのサイト リストに対して追加または削除すべきサイトはあるか

IT プロフェッショナルの皆様がこの Site Discovery Toolkit を使用するにあたって

このツールキットをぜひお試しください。データ収集機能を使用してその性能をご確認いただければ幸いです。フィードバックを @IEDevChat 宛に、または Connect からお寄せください。Internet Explorer プログラム マネージャー Deen King

Skip to main content