IE11 を始めとする各種ブラウザーで、Web アプリケーションの本当のパフォーマンスを測定する

W3C Web パフォーマンス ワーキング グループ (英語) は、Google や Mozilla を始めとするコミュニティ リーダーと共に、Navigation Timing、Resource Timing、User Timing、Performance Timeline の各インターフェイスの標準化を完了しました。これらのインターフェイスは、Web アプリケーションにおけるナビゲーション、リソース取得、スクリプト実行の実際のパフォーマンス測定をサポートするものです。これらのインターフェイスでは、Web アプリケーションを使うユーザーの現実世界でのエクスペリエンスを測定、分析ができるため、人工的な環境でアプリケーション パフォーマンスを測定する合成テストを使う必要がなくなります。これらのインターフェイスを通して取得できる時間測定データを活用して、Web アプリケーションのパフォーマンス向上に現実的に有効な対策を見極めることができます。IE11 ではこれらすべてのインターフェイスをサポートします。インターフェイスの実際の動作は Performance Timing Test Drive (英語) でご確認いただけます。 Performance Timing Test Drive (英語) では、各種の時間測定 API をテストできます Performance Timeline W3C 勧告として公開された Performance Timeline (英語) 仕様は、IE11 と Chrome 30 がフルサポートしています。このインターフェイスを使うと、アプリケーション内で行われるナビゲーション、リソース取得、スクリプト実行に費やされた時間を最初から最後まで可視化することができます。すべてのパフォーマンス指標は、この仕様が定義する最低限の属性を実装する必要があります。また、どのような種類のパフォーマンス指標を取得する場合も、この仕様が定義するインターフェイスを使用できます。 すべてのパフォーマンス指標は以下の 4 つの属性をサポートする必要があります。 name: パフォーマンス指標の独自の識別子を格納します。リソースの場合は、リソースの解決済み URL になります。 entryType:…

1

2013 年 12 月分の Internet Explorer 用更新プログラム

マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-097 – 緊急 今回のセキュリティ更新プログラムは、非公開で報告された Internet Explorer の 7 の脆弱性を解決します。最も深刻な脆弱性が悪用された場合、ユーザーが特別に細工された Web ページを Internet Explorer で表示すると、リモートでコードが実行される可能性があります。これらの脆弱性の最も深刻なものが悪用された場合、攻撃者が現在のユーザーと同じ権限を取得する可能性があります。コンピューターでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者特権で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。 このセキュリティ更新プログラムは、Windows クライアント上の Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、Internet Explorer 10、および Internet Explorer 11 について深刻度を「緊急」と評価し、Windows サーバー上の Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、Internet Explorer 10、および Internet Explorer 11 について深刻度を「重要」と評価しています。詳細情報については、セキュリティ情報ページを参照してください。 推奨する対応策: ほとんどのお客様は自動更新を有効にしていて、このセキュリティ更新プログラムが自動的にダウンロードおよびインストールされるため、特別な措置を講じる必要はありません。自動更新を有効にしていない場合、この更新プログラムを手動で確認し、インストールする必要があります。自動更新の具体的な構成オプションの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 294871 を参照してください。 管理者およびエンタープライズ インストール、またはこのセキュリティ更新プログラムを手動でインストールするエンド…

1

IE11 に実装されたさまざまなブラウジング高速化手法を紹介します

Internet Explorer 11 では、ネットワーク待ち時間がブラウジングに与える影響を解消することで、バッテリー寿命、CPU、ネットワーク帯域幅、メモリを浪費することのない、高速でサクサクとしたブラウジングをいつでも楽しむことができます。ネットワーク待ち時間の問題が解消されなければ、かつてないほど広がった現在の帯域幅に見合うだけの Web パフォーマンスは得られません。IE11 では、バックグラウンドでのページと Web リソースのダウンロードおよびプリレンダリング、SPDY/3 プロトコルを使った複数の Web リソースの並列ダウンロード、ページ上で最も重要なリソースの優先ダウンロードによって、ネットワーク待ち時間の影響を最小限に抑えています。 ページ予測、プリロード、プリフェッチ ページの予測、プリロード (プリレンダリング)、プリフェッチなどの IE11 の機能を使うと、次のページを事前にダウンロード/レンダリングしたり、次のページのリソースを事前にダウンロードすることができます。最も一般的なブラウジング パターンに従って、バックグラウンドの非表示タブにページが事前に読み込まれ、構築されます。リンクをクリックすると、このページが瞬時に表示されます。この技術を使うことで、検索、記事を読む、写真を次々にめくるといった Web でよく使う操作を、ローカル コンテンツの場合と同じ程度にまで高速化できます。 IE11 が提供する、ページの予測、プリロード、プリフェッチ機能を使えば、Web でよく使う操作を高速化できます IE11 は、IE の「ページ予測」テクノロジによって得られる情報と、サイト開発者が設定するマークアップが提供する情報を根拠に、プリロードとプリフェッチの対象を判断します。 自動ページ予測を使って Web ページをプリロードする Internet Explorer は、ユーザーが次にアクセスするページを自動ページ予測機能を使って予測し、そのページを事前に読み込むことで、ほぼ遅延を感じさせないページ ナビゲーションを可能にします。この予測のために、Microsoft は、さまざまなブラウジング パターン、ブラウズ中のユーザーの習慣、さらに、ページ上の手掛かり ([次へ] リンクやページ番号など) を分析しています。予測精度の向上には、Bing 事業を通して Web とデータ マイニングに関する研究を深めたことが大きく貢献しています。 たとえば、最新の Internet Explorer を使って記事を読む場合、ページ フリップを使うと次のページが事前にレンダリングされるため、ユーザーはスワイプで次々にページを進んでいくことができます。見たいものがすぐに見つかる、自然で楽しい雑誌のような感覚がよみがえります。この機能については Page Prediction Test Drive (英語) を参照してください。 Page…

3