セキュリティ アドバイザリ 2755801 の改訂により Adobe Flash Player の問題を解決


本日、Windows 8 の Internet Explorer 10 で実行される Adobe Flash Player の脆弱性を解決する更新プログラムをリリースしました。ほとんどのお客様は自動更新を有効にしていて、保護対策が自動的にダウンロードおよびインストールされるため、特別な措置を講じる必要はありません。手動で更新している場合は、この更新プログラムを至急適用することをお勧めします。

この更新プログラムは、Internet Explorer 10 に含まれる、影響を受ける Adobe Flash バイナリを更新することで、Adobe Flash Player の脆弱性を解決します。詳細については、アドバイザリを参照してください。

— Internet Explorer プログラム マネージャー Vishwac Sena Kannan

Comments (3)

  1. 名無し says:

    IE9とWindows 7でもWindows update経由で提供するようにして欲しいです。別々にやるのはとても手間がかかります。またWindows 7にもWindows 8機能を一部追加して、Service Pack2としてリリースすることを検討して下さい。

    以上2点、検討お願いしたいです。

  2. とおりすがり says:

    名無しさんと同感で、FlashをWindows 7にもWindows updateと統合して欲しいです。

    ぜひご検討下さい。

  3. ***** says:

    こっちにもコメント。

    IEはバージョンが乱立しすぎです。

    IE6~IE10まで5バージョン、OSごとに数えるとなんと18種類もありますね。

    旧バージョン+旧OSの組み合わせはさっさと切って下さい。

    そういう面倒な事をさせるからIE離れが加速することを忘れないでもらえませんか?