IE10 Release Preview から従来の DX フィルターを削除


ブラウザーを問わず "同じマークアップで同じ結果" を実現するという目標に対する Internet Explorer での取り組みについて、その一部は IE9 および IE10 での CSS3 機能の追加によって実装されています。これらの機能を採用することで、グラフィック効果に関して Web サイトを標準ベースの機能に移行することができます。以前の記事で、IE4 で最初に導入された Internet Explorer の従来の視覚的なフィルターとトランジション (英語) は、IE10 の標準モードと互換モードではサポートされず、標準ベースの代替手段と比較してパフォーマンスが劣ることをお伝えしました。これらのフィルターのパフォーマンスの詳細な分析と、Web での使用率の低さを踏まえ、Windows 8 Release Preview の Internet Explorer 10 では、[インターネット] ゾーンのすべてのサイトのすべてのドキュメント モードからこれらのフィルターを削除しています。これらの機能は、IE10 の [ローカル イントラネット] および [信頼済みサイト] ゾーンのドキュメント モード 5、7、8、9 では引き続き利用できます。

Web サイトの更新

Web サイト開発者が Web ページに従来のフィルターを適用する方法はありません。

この点については、標準ベースの Web グラフィックに移行する IE10 でお伝えしたとおり、変更はありません。この機会にぜひ、標準ベースのマークアップに移行し、従来の DX フィルターの代わりに IE10 の新しい CSS3 機能をご利用ください。詳細については、こちらの記事をご覧ください。

ゾーンごとに設定を変更

エンド ユーザーは、[インターネット オプション] ダイアログの [セキュリティ] タブで、従来のフィルターの既定のレンダリングを変更できます。変更するゾーンを選択して、[レベルのカスタマイズ] をタッチまたはクリックします。選択したゾーンの [セキュリティ設定] ダイアログが表示され、[その他] セクションに [従来のフィルターをレンダリングする] (Render legacy filters) というオプションがあります。このオプションにより、ゾーン内のすべてのサイトに対してフィルターのレンダリングを有効または無効にすることができます。

[インターネット オプション] ダイアログの [セキュリティ] タブで [インターネット] ゾーンを選択
[インターネット オプション] ダイアログの [セキュリティ] タブで [インターネット] ゾーンを選択

[セキュリティ設定] ダイアログの [従来のフィルターをレンダリングする] (Render legacy filters) 設定
[セキュリティ設定] ダイアログの [従来のフィルターをレンダリングする] (Render legacy filters) 設定

システム管理者は、グループ ポリシーを使用してすべてのユーザーに対してこの設定を管理することができます。

標準ベースのマークアップへの移行

このブログで何度かご紹介したとおり、すべてのブラウザーが同じ標準ベースのマークアップをサポートし、すべてのサイトが標準ベースのコンテンツをすべてのブラウザーに対して提供すれば、ユーザーにとってメリットがあります。

開発者の皆さんには、IE10 用に同じ標準マークアップを採用し、現在使用されている IE の従来のフィルター機能を削除することをお勧めします。

- Internet Explorer グラフィックス担当リード プログラム管理者 Ted Johnson

Comments (0)

Skip to main content