IE10 Compat Inspector


Compat Inspector が IE10 に対応しました。Compat Inspector を使用すると、Internet Explorer プラットフォームの変更がサイトに影響するかどうかをすばやく確認できます。IE 10 への対応に向けて準備している場合でも、IE9 を対象として更新を行っている場合でも、ページで問題が発生したら Compat Inspector を実行してみてください。考えられる問題と、その解決方法を説明するメッセージを確認することができます。

新しい IE10 Metro スタイルの Compat Inspector のスクリーンショット。

Compat Inspector について

Compat Inspector は、サイトの実行中に分析を行う JavaScript ベースのテスト ツールです。Compat Inspector を実行すると、最近のモードで問題となる操作のパターンが報告されます。このため、大量のドキュメントの内容を覚えていなくても、サイト全体のコードを検索しなくても、問題をすばやく特定することができます。Compat Inspector は、IE9 の工程において、さまざまなサイトでよく発生する問題を迅速に認識できるようにするために開発されたもので、現在は IE10 向けに更新されています。Compat Inspector のルールを構成するテスト ケースは、IE チームの多くのメンバーの協力によって作成されました。

Compat Inspector は、IE9 モードまたは IE10 モードに移行中のサイトを支援するように設計されています。レガシ モードで動作するサイトを対象としたものではありません。レガシ モードで動作するサイトをテストするには、F12 開発者ツールを使用して、より最近のモードを選択することで実行できます。それには、F12 キーを押してツールを開き、メニュー バーの [ドキュメント モード] をクリックして、[標準] をクリックするだけです。問題の種類によっては、IE9 の互換性ガイドIE10 の開発者向けガイド (英語) などのドキュメントで詳細を参照する必要が生じる場合があります。最も効率的な方法としては、まず Compat Inspector を使用し、何も見つからない場合にドキュメントを参照することをお勧めします。

Compat Inspector を使用する

Compat Inspector を実行するには、テストする各ページで、他のどのスクリプトよりもに以下のスクリプトを追加します (Compat Inspector は他のスクリプトよりも前に実行する必要があるため、ブックマークレットとして使用することはできません)。

<script src="http://ie.microsoft.com/TestDrive/HTML5/CompatInspector/inspector.js"></script>

これにより、ページの右上隅にステータス ウィジェットが表示されます。ウィジェットをクリックすると、詳細を確認できます。

ページにインストールされた Compat Inspector ウィジェットのスクリーン ショット。

Fiddler (英語) を使用すると、この手順を合理化して、アクセスした各ページに自動的に Compat Inspector が挿入されるように設定できます。自動処理を組み込んで実行するには、このスニペット (英語) を Fiddler スクリプト (英語) に追加します。この構成では、ページ内のサブフレームもすべて自動的に検査されます。スニペットを追加したら、Fiddler の [Rules] (ルール) メニューから Compat Inspector を有効または無効にすることができます。

Fiddler の [Rules] (ルール) メニューに [Use Compat Inspector] (Compat Inspector を使用) メニュー項目が表示された状態のスクリーン ショット。

Compat Inspector Test Drive (英語) にアクセスして、改良の必要な部分が検出されるようすを実際に体験してみてください。ご自身のサイトをテストする方法の詳細については、Compat Inspector ユーザー ガイド (英語) を参照してください。

— Internet Explorer 担当グループ プログラム マネージャー Tony Ross

Comments (0)

Skip to main content