UX デザイン ワークショップ by ミツエーリンクス

ミツエーリンクスさんが「UX デザイン ワークショップ」を開催します。 これまでマイクロソフトで開催していた UX デザイン ワークショップはミツエーリンクスさんと共同開発したものでした。ファシリティなどの都合上場所も限定され、あまり頻繁には開催できませんでした。このミツエーリンクスさんのワークショップであれば、リクエストに応じて開催してもらえ、さらにお客さんのオフィスに出向いて行う出張ワークショップも可能です!

0

募集:第4回 UX デザイン ワークショップ 6/10

好評のUXデザインワークショップを6月10日に開催します。興味のある方はお早めにお申し込みください。 スケジュール (都合により変更の可能性あり) 09:30 – 10:00 受付 10:00 – 10:30 『概要』 ワークショップの進め方、UX デザインの必要性と概要 10:30 – 12:30 『ユーザー調査、ペルソナ 』 コンテクスチャル インクワイアリー、ユーザー モデリング、グループ内でインタビュー、ペルソナ作成 12:30 – 13:30 昼食 13:30 – 15:00 『ストーリーボード 』 ペルソナ発表、ストーリーボード作成 15:00 – 15:15 休憩 15:15 – 16:45 『スケッチ』 スケッチ作成、ナビゲーション マップ 16:45 – 17:00 休憩 17:00 – 18:00 『発表とまとめ』 18:00 – 19:00 懇親会 “Happy Hour”…

0

UX London 2011

UX London 2011に参加してきました。英国のローカルイベントなので日本人は違和感がありました。日本でも UX Tokyo とか UX Yokohama とかあればよいのに… 初日は以下の講演 It’s all Us (Alan Cooper @Cooper) UXは王様だが銀の弾ではない ソフトウェアはポスト工業産業なので製造コスト削減戦略は取れない、新しい思考が必要 アジャイル プログラミングがゲームを変える アジャイル プログラミングとインタラクション デザインがチームの両輪 効力(Effectiveness)と効率(Efficiency) 効率はタダ、効力の副産物 賢い人々のモティベーションは「自主性(Autonomy)」、「熟練(Mastery)」、「目的(Purpose)」 ビジネスに有効なのは状況を知ること、過程ではなく結果を測れ 将来は君たちの手にある Redesign Must die (Louis Rosenfield) Webサイトの再デザイン、再設計は無駄 適応型、追加型にすべき プロジェクトからプロセスに Making Personas Work … Without Breaking the Bank (Kim Goldwin @Cooper) ペルソナ作成は高価 暫定的なものでも70万円 調査ベースのペルソナは300万円 複雑な対象(と教育)なら700万円 1/3の顧客はペルソナの費用対効果に満足していない 役に立つ(満足してもらえる)ペルソナを作成する手法 コンテキスト調査 コンセンサス…

0

中止:第4回ユーザー エクスペリエンス デザイン ワークショップ

今回の地震の影響で、14日(月)開催予定のユーザー エクスペリエンス デザイン ワークショップは中止となっています。 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032476947&Culture=ja-JP    参加予定者には電子メールですでにご連絡しています。

0

募集開始:第4回ユーザー エクスペリエンス デザイン ワークショップ

毎回好評のユーザー エクスペリエンス デザイン ワークショップの第4回の募集が始まりました。先着30名様で閉め切ります、いつもすぐに埋まってしまうので、参加希望の方は早めの登録をお勧めします。なるべく多くの方に参加していただきたいと思っていますので、登録後出席できないことが分かったらすぐにキャンセルしてください。 スケジュール (都合により変更の可能性あり) 09:30 – 10:00 受付 10:00 – 10:30 『概要』 ワークショップの進め方、UX デザインの必要性と概要 10:30 – 12:30 『ユーザー調査、ペルソナ 』 コンテクスチャル インクワイアリー、ユーザー モデリング、グループ内でインタビュー、ペルソナ作成 12:30 – 13:30 昼食 13:30 – 15:00 『ストーリーボード 』 ペルソナ発表、ストーリーボード作成 15:00 – 15:15 休憩 15:15 – 16:45 『スケッチ』 スケッチ作成、ナビゲーション マップ 16:45 – 17:00 休憩 17:00 – 18:00 『発表とまとめ』 18:00 – 19:00…

0

レポート:第3回ユーザー エクスペリエンス デザイン ワークショップ

2011年1月21日(金)に第3回ユーザー エクスペリエンス デザイン ワークショップを開催しました。1週間で30名の予約満席となりましたが、欠席者が多く21名の参加となりました(空席待ちをしていただいていた方には申し訳ない)。 時間 項目 内容 10:00 – 10:30 概要 ワークショップの進め方、 UXデザインの必要性と概要 10:30 – 12:30 ユーザー調査 ペルソナ コンテクスチャル インクワイアリー ユーザー モデリング グループ内でインタビュー(他己紹介) ペルソナ作成 12:30 – 13:30 Lunch   13:30 – 15:00 ストーリーボード ペルソナ発表 ストーリーボード作成 15:00 – 15:15 Break   15:15 – 16:45 スケッチ スケッチ作成、ナビゲーション マップ 16:45 – 17:00 Break   17:00 – 18:00 発表とまとめ…

0

Windows ユーザー エクスペリエンス ガイドラインの更新

Windows ユーザー エクスペリエンス ガイドラインの日本語版が更新されました。ちゃんと読んでみるとなかなか良いことが書いてあるので、デザイン原則だけでも読んでみることをお勧めします。 新たに追加されたガイドラインは以下の3つです。 ウィザード セットアップ アニメーションと切り替え効果 PDF版も更新されています、サイズが32.5MBと大きいので気を付けてください。

0

WPF と UX ~ WPF に移行すべきもう 1 つの理由~

「Windows フォームからWPFへの移行の難しさ」にコメントいただいたみなさん、ありがとうございました。さまざまな問題点のご指摘、改善案の提案など参考にさせていただきます。 私自身は、WPF/Silverlight には XAML や Blend などの問題はありつつも、より高い UX を実現するために WPF/Silverlight への移行が必要だと考えています。Windows フォームではユーザーのニーズ・ゴール・使いやすさに対応するだけの柔軟性がないからです。そうしないと Windows アプリケーションは(つまり Windows 自身も)ユーザーに使ってもらえなくなります。先日「WPFとUI ~WPFに移行すべきもう1つの理由~」という短いビデオを作りました。解決というより問題提起でしかないかもしれませんが、よろしければご覧ください。 それ以外にも UX については以下のことも課題と理解しています。 Windows フォームが最もよく使われる業務アプリに UX が必要か? ソフトウェア開発におけるユーザー エクスペリエンス戦略(TechEd2008 川西) Windows フォーム開発者に捧ぐ! WPF への移行(TechEd 2008 ジニアス) WPF/Silverlight を使うことは UX の必要条件であって、十分条件ではない UXデザインワークショップ UX に必要なコストはだれが払うのか? ROI

0

第3回 ユーザーエクスペリエンス デザイン ワークショップ参加募集開始

2011年1月21日(金)に、第3回 ユーザーエクスペリエンス デザイン ワークショップを開催します。マイクロソフト イベント登録ページで参加募集が始まりました。定員30名で、定員になり次第締め切りますので、スケジュールを調整して早めに登録してください。 このワークショップでは、豊かなユーザーエクスペリエンスを提供するアプリケーション開発に必要なUXデザインの作業を実際に体験してもらうことで、そのプロセスとスキルを学んでいただくことができます。 会場はマイクロソフト新宿オフィスです。私たちはその翌週に品川オフィスに引っ越します。 第1回のレポート 第2回のレポート

0

書籍:ソフトウェアユーザーエクスペリエンス設計

日経BP社から「ソフトウェアユーザーエクスペリエンス設計 ~使いやすい業務システムのUI設計手法~」(ISBN978-4-8222-9602-5)が出版されました。著者は、昨年までマイクロソフトで同僚として働いていた神原典子さんです。業務アプリケーションのUI設計にユーザー中心設計をどう適用するかを、Flash, Silverlight の事例を使って解説しています。 目次 【追記】Amazonでも販売が開始されました。

0