24 の //BUILD セッションが日本語化されました

2011年9月に開催された //BUILD の24のセッションが日本語化されました。一つは日本語字幕付きのビデオで、それ以外は日本語版のPPTがダウンロードできるようになっています(うち3つはPPTのノート部分も日本語化!)。 字幕付きビデオ BPS-1004: 8 traits of great Metro style apps  日本語PPT APP-121T: Introducing the Windows Store APP-396T: Using tiles and notifications APP-398T: How to declare your app’s capabilities APP-737T: Metro Style Apps in XAML: What You Need to Know APP-740T: Metro style apps using HTML5 from start to finish APP-784T: Power your app…

1

Kinect for Windows ハードウェアのアナウンス

Kinect for Windows ブログで、Kinect for Windows ハードウェアのアナウンスがありました。新しいハードウェアの仕様として以下のものが挙げられています。 短いケーブルと小さなドングル 40~50cmで動作する深度カメラ 「Near Mode」が利用可能 そして BizSpark 用の新しいプログラム「Kinect Accerelator」もアナウンスされました。Kinect を利用する技術志向の会社10社にそれぞれ$20,000を投資するというもので、応募締め切りは2012年1月25日です。  

0

祝:Windows Phone Icons Maker v1.0 1,000 ダウンロード

Windows Phone Icons Maker v1.0 のダウンロードが 1,000 を超えました! 使い方のヒント コピー&貼り付けでも使えるので、Power Pointで図形を書いてコピーし、Icons Makerで貼り付け(Ctrl+V)すれば、そのままアイコン化できます。 Background.png と ApplicationIcon.png はそのまま Visual Stuio 2010 のプロジェクトにコピーするだけで、アプリケーションのアイコンになります。

0

Player Framework for HTML5 v1.0

Microsoft Media Platform の Player Framework for HTML5 1.0 が CodePlex にリリースされました。これまでは Player Framework for Silverlight だけでした(2011年11月11日現在 v2.6)。 この Player Framework for HTML5 ではブラウザ上で動作する Silverlight でも HTML5 でも同じ JavaScript API でビデオを操作できるようになっているとのことです。DRM や適応型ストリーミングはまだ標準化されていないため、対応していないそうです。 機能紹介(英語) FAQ(英語)

0

Media Foundation の書籍

「Developing Microsoft Media Foundation Application」という書籍が出版されました(英語 $29.45、Kindle版 $17.39)。日本のアマゾンからも注文できます(2011年11月11日現在 2,877円)。

0

Kinect for Windows SDK Beta2 リリース

Kinect for Windows SDK Beta2 がリリースされました。6月にリリースされた非商用ライセンスのSDK(Beta)の更新版です。Webサイトも新しい http://www.kinectforwindows.org/ が開設されました。SDK Beta2のダウンロードはこちらから。 Beta2 では Windows 8 Developer Preview上でも動作、スケルトン追跡の高速化、関節追跡の精度向上、ドキュメントの充実(英語ですが…)などが改善されたそうです。

0

UX デザイン ワークショップ by ミツエーリンクス

ミツエーリンクスさんが「UX デザイン ワークショップ」を開催します。 これまでマイクロソフトで開催していた UX デザイン ワークショップはミツエーリンクスさんと共同開発したものでした。ファシリティなどの都合上場所も限定され、あまり頻繁には開催できませんでした。このミツエーリンクスさんのワークショップであれば、リクエストに応じて開催してもらえ、さらにお客さんのオフィスに出向いて行う出張ワークショップも可能です!

0

Expression Encoder 4 SP2 がリリース

GPUエンコーダーやライブエンコーダーなどが強化されています。Main Concept社と共同開発した第2世代の H.264 CUDA GPU エンコーダー(267.91以降のNVIDIAドライバーが必要)と、Intel Sandy Bridge QSV エンコーダーだそうです。 ダウンロードはこちら(英語) アナウンスはこちら(英語) GPU エンコードの詳細はこちら(英語)   汎用エンコード Intel QSV (Quick Sync Video) GPU エンコード(Pro のみ) オフライン H.264エンコードで、1パス、2パス VBR(Variable Bit Rate)(Pro のみ) AAC オーディオ オプションの追加(Pro のみ) SRS(Sound Retleaval System)サラウンド オーディオ エンコード ライブ Expression Encoder から公開ポイントを管理(Pro のみ) Live Crop:ライブでもファイルでもブロードキャスト プロジェクトでトリムできる ライブ ブロードキャストで Windows Media Streaming MBR(Multi Bit Rate)…

0

Kinect for Windows 商用プログラム

Microsoft公式ブログの Feeling the Kinect Effect の中で、Frank X. Shaw が Kinect for Windows 商用プログラムを来年(2012年)初めに提供するとアナウンスしました。 So, what’s next? To further fuel innovation and imagination, we will offer a Kinect for Windows commercial program early next year. We recognize the intense commercial interest in harnessing the capabilities of Kinect, and are working with a wide range of companies…

3

よつばさがし:スマートフォン アプリ選手権

感動的なアニメーション 先日開催されたスマートフォン アプリ選手権で入賞したアプリケーション・ゲームの一つに「よつばさがし」があります。XNAで開発された、多数のクローバーからよつ葉のクローバーを探すゲームです。何より素晴らしいのは画面にタッチした指がクローバーをかき分けるときのアニメーションです。クローバーがさわさわっとリアルに気持ちよくアニメーションされます。感動的なアニメーションでした、動画で紹介できないのが残念です。作者の方も気持ち良い物理シミュレーションに一番苦労したと言っていました。 審査員のコメントにもゲームというより癒し系アプリだという意見もありました。よつ葉を一つ見つけるまで遊べる「お試し」もあります、Windows Phone をお持ちの方はぜひ体験してください。

0