Silverlight 2 DataGrid December 2008 Release

Silverlight 2 DataGrid December 2008 が公開されています。Silverlight 2 SDK に入っている DataGrid に以下の修正が行われました。このような問題に遭遇された方は、こちらを使ってみてください。 約30のバグフィックス ItensSourceが変更されたとき、フォーカスされている行が消えることがなくなった。 ソート時に選択が保持されるようになった。 ポップアップを開いているComboBoxなどのコントロールがDataGrid用の編集モードを終了しなくなった DataGridが編集モードの間に、DataGridの外にあるボタンがクリックされたとき、そのButtonは期待通り動作します FrozenColumn のふるまいの改善 セル通貨単位の改善 CurrentCellChangedイベントが発生するとき、選択が更新されるようになった インストール方法は以下のとおりです。 実行中の Microsoft Visual Studio をすべて閉じる %LocalAppData%\Microsoft\VisualStudio\9.0.から”toolbox”で始まる全てのファイルを取り除くことによって、キャッシュされたツールボックス アイテムを全て削除する Windows XP の場合、%LocalAppData% は “Documents and Settings\UserName\Local Settings\Application Data” です Windows Vista の場合、%LocalAppData% は “Users\UserName\AppData\Local”です 以下のアセンブリを、本パッケージ内にあるものと入れ替える %ProgramFiles%\Microsoft SDKs\Silverlight\v2.0\Libraries\Client\System.Windows.Controls.Data.dll %ProgramFiles%\Microsoft SDKs\Silverlight\v2.0\Libraries\Client\System.Windows.Controls.Data.Design.dll  既存のプロジェクトで、System.Windows.Controls.Data.dll への参照を削除してから、再度その参照を追加する。

0

WPF Application Quality Guide v0.4

WPF Application Quality Guide v0.4 が公開されました(英語)。以下の内容が新規あるいは更新されています。 Suggested Roadmap – 新しいトピックの追加による更新 Data-Driven Testing – データ駆動型テストに関する新しい記事 Globalization and Localization Testing – WPFにおけるローカライズ可能な UI レイアウトの作成を含む細部と、WPF アプリケーションをローカライズするためのアプローチを含む更新 Stablility and Stress Tesing – ストレステストの原則、ベストプラクティス、有用なリソースに関する新しい記事 Accessibility Testing – アクセシビリティの考慮、ベストプラクティス、重要なリソースに関する新しい記事 Toos / TestAPI – 新しく公開された TestAPIに関する手短な紹介 Microsoft Wordバージョンがこちらにあります。

0

Tech Days 2009 での講演

2009年1月27~28日に開催される Tech Days 2009 のブレイクアウト セッションの概要と講演者が公開されています。私は以下の2つを話す予定です。 Windows 7:グラフィックス API 詳解  Direct2D, DirectWrite などのWindows 7で登場する新しいネイティブ API の話をメインに Direct3D の話もしたいと思っています。PDC 2008 のUnlocking the GPU with Direct3D と Introducing Direct2D and DirectWrite とWindows 7: Writing Your Application to Shine on Modern Graphics Hardware をまとめて話す感じです。 スケーラブルな並列プログラミング  ~デスクトップ アプリの並列化~ 並列プログラミングの話題ですが、HPC的な話ではなく、デスクトップの普通のアプリをどうやって並列化して、スケーラブルにするかという話です。PDC 2008の Concurrent, Multi-core Programming on Windows and .NET と Parallel Programming for…

0

Silverlight Toolkit (December 2008)

Silverlight Toolkit (December 2008) がリリースされました。 以下のようなコントロールが入っています “安定した”コントロール: ·         AutoCompleteBox ·         DockPanel ·         HeaderedContentControl ·         HeaderedItemsControl ·         Label ·         NumericUpDown ·         TreeView ·         WrapPanel   “プレビュー” コントロール: ·         ButtonSpinner ·         Charting ·         Expander ·         ImplicitStyleManager ·         Spinner ·         UpDownBase ·         ViewBox   テーマ: ·         Expression Dark & Light ·         Whistler Blue ·         Rainier Orange & Purple…

0

Tech Days 2009 の見どころ

「Tech Days 2009の見どころ」が更新されて、エバンジェリストたちによるいろいろなテーマの紹介が掲載されています。私もWindows 7の見どころ紹介を書きました。

0

WPF で Silverlight Toolkit のテーマを利用

Silverlight Toolkit には、アプリケーションで利用可能ないくつかのテーマが含まれています。 そのテーマをWPFでも使ってしまおうという、コードが codeplex の WPF Themesで公開されています。WPF でも ResourceDictionaryでStyleを設定しているtheme.xamlファイルを読み込めばよいのですが、各テーマで Visual State Manager(VSM)が使われているので、WPF で VSM を使えるようにするためにWPF Toolkit も必要です。    

0

Silverlight 2 Tools 日本語版

Silverlight 2 Tools for Visual Studio 2008 SP1 日本語版 が公開されました。RC0をお使いだった人は、ダウンロードファイルをそのまま実行すれば、アップデートしてくれます。

0

Silverlight Toolkit

Codeplex に Silverlight Toolkit が公開されています。以下のようなコンポーネントが含まれています。 ·         TreeView ·         AutoCompleteBox ·         DockPanel ·         WraPanel ·         Label ·         Expander ·         HeaderedItemControl ·         HeaderedContentControl ·         NumericUpDown ·         ViewBox ·         ButtonSpinner ·         ImplicitStyleManager ·         Chart 1.       PieSeries 2.       BarSeries 3.       CoulmnSeries 4.       ScatterSeries 5.       LineSeries ·         Theming 1.       ExpressionDarkTheme 2.       ExpressionLightTheme 3.       ShinyRedTheme 4.       ShinyBlueTheme 5.       RainierPurpleTheme 6.       RainierOrangeTheme…

0

DirectX SDK (November 2008) が公開されました

DirectX SDK (November 2008) が公開されました。このバージョンの新機能は以下のとおりです。 Direct3D 11 テクニカル プレビュー Direct3D 11 は Direct3D 10.1 の更新であり、新しいハードウェアへの対応を可能にすると共に、Direct3D の改善により幅広い構成がサポートされるようになりました。つまり、Direct3D 10, Direct3D 10.1, Direct3D 11 のハードウェアで動作するアプリケーションやゲームが開発できます。Direct3D 10.1 と Direct3D 11 には WARPとDirect3D10 Level 9が追加されたので、高速なソフトウェア ラスタライザと Direct3D 9 ハードウェアをターゲットにすることができます。 このバージョンの Direct3D 11 テクニカル プレビューでは以下がサポートされます: テセレーション コンピュート シェーダ マルチスレッド レンダリング 動的シェーダ リンク Windows Advanced Rasterizer(WARP) Direct3D 10, Direct3D 11, Direct3D 9…

0

.NET Framework 4.0 ポスター

.NET Framework 4.0 のポスターが公開されています。DeepZoom版とPDF版があります。Brad Abramsのブログを参照してください。 [追記] リンク先でサービスできないエラーが出るので、ブログへのリンクを追加しました。

0