PDC 2009 (Nov.18)


PDC09 も本番2日目です(私は3日目ですが)、今日もキーノートがありました。今日、参加したセッションは以下の通りです。



  • キーノート

  • BOF Developers on Better Design, User Experience and Why It Matters

  • CL34 Media Foundation: Supporting Hardware Codecs and Cameras

  • CL15 Modern 3D Graphics Using Windows 7 and Direct3D 11 Hardware

  • FT07 The State of Parallel Programming

  • CL12 Developing with the Windows API Code Pack for Microsoft .NET Framework

キーノート


ウルトラセブンのテーマソングとともに現れたSteven SinofskyがIE9について、HTML5, JavaScriptの高速化、Direct2D・DirectWriteの使用などをアナウンスしましたが、PDC09の参加者(社員は除く)にWindows 7 が乗ったAcerのマルチタッチ ノートPCを無料で配布するというビッグニュースにかき消されてしまいました(写真は捨てられた箱)。


PDC09 Nov.18 022


次にScott Guthrieが Silverlight 4 Betaのアナウンスをしました。Silverlight.net からダウンロードできます。


PDC09 Nov.18 009


最後に Kurt DelBene が Office 2010 と Sharepoint 2010 のベータをアナウンスしました。http://www.microsoft.com/2010/ja からダウンロードできます(日本語版)。Sharepoint 2010 は Visual Studio 2010 とちゃんと統合され、F5キーでちゃんとサーバーで実行できると言うと、会場は拍手喝采でした。これまでかなり大変だったんですね。それ以外にも Duet Enteprise for Sharepoint and SAP や Outlook Social Connector もアナウンスされました。最後にMIX10についても言及されていました。


Developers on Better Design, User Experience and Why It Matters


BOF(Bird of Feather)でした。最初のお題は以下のように書いてありましたが、みんなが意見を言い合うので結局進まず、①だけで終わりました。



  1. Best and Worst UX Experience? What can we learn?

  2. The UX ROI

  3. Building Better UX Teams)

UCD(ユーザー中心設計)や Expression Blend の SketchFlowの話になったのですが、私がペルソナの話が聞きたいと振ったところ、100名くらいの参加者の5・6名がペルソナを使ったことがあると答え、ペルソナで盛り上がりました。そのあと開発者とデザイナーの仕事などの話で終わりました。テーマの割に1時間では時間が少なかったようです。


PDC09 Nov.18 012


Media Foundation: Supporting Hardware Codecs and Cameras


講演者の Stan Pennington は以前からよく知っていたので楽しみだったのですが、広い部屋に参加者が10名程度しかいなくてかわいそうでした。ランチセッションでネイティブWin32の話だから、少ないとは思いましたが...


Windows のメディア インフラは以下の通り



  1. Video for Windows

  2. DirectShow

  3. Windows Media Format SDK

  4. Media Foundation

PDC09 Nov.18 013


MSがMFを使う理由



  • ストリームオブジェクト(IStream)

  • 接続性とデータフロー

  • より良いスレッド制御

  • 制約のあるコンポーネントとトポロジー

MFの機能



  • COM

  • C++

  • Vista

  • Windows 7


    • Source Reader, Sink Writer, Transcode API, Asynchronous MFT, HW Accerelation

ハードウェア コーデック ライセンス プログラム



  • ビデオ コーデックとビデオ プロセッサーのみ

  • WME用のインボックスMDTコーデック

  • wmal@microsoft.comにメールしてください。

  • 2種類のコードタイプ Transcode only, General

  • 正しい MF属性の設定が必要、MFTはハードウェアデータフローが使える

 


Media Foundationのブログ http://blogs.msdn.com/mf/


Modern 3D Graphics Using Windows 7 and Direct3D 11 Hardware


Agenda



  • Windows 7 Direct3D レビュー


    • Direct3D 10 レビュー

    • Expanding Reach: D3D10Level9 & WARP

    • HLSL & Shader

  • D3D11


    • マルチスレッド

    • テセレーション

Direct3D 10 パイプライン



入力アセンブリー⇒頂点シェーダー⇒ジオメトリーシェーダー⇒ラスタらいざー⇒ピクセルシェーダー⇒出力合成


Direct3D10 Level9 フィーチャーレベル Level9_2, Level9_1, Level9_1, WARP


Direct3D 11 デザインゴール



  • 非同期リソース ロード

  • マルチスレッド 描画と状態変更

  • デバイスとコンテキスト、3つのコンテキスト:デバイス、直接コンテキスト、繰り延べコンテキスト

  • 状態継承

  • Direct3D 11 APIは D3D10ハードウェアとドライバでも利用可能

  • VistaとWinodows 7で利用可能

PDC09 Nov.18 018


Direct3D 11 テセレーションは、Bezier, NURBS, 動的・静的テセレーション、変位、再分割に使える


FBXフォーマット


Windows Vistaでの性能更新 http://support.microsoft.com/kb/971644 


The State of Parallel Programming


この講演者の Burton Smith は Microsoft のフェローで並列コンピューティングの第一人者として有名な方のようです。大学の授業のようで非常に難しかったです。


PDC09 Nov.18 021


結論



  • 関数型言語とトランザクション メモリーはより高いレベルの並列プログラミングを実現する

  • 分離とアトミックの効率的な実装が重要

  • アーキテクチャがこれらの助けになるはずだ

  • フォンノイマン モデルは近々置き換えられるだろう

Developing with the Windows API Code Pack for Microsoft .NET Framework


Windows API Code Packの使い方をサンプルを使って紹介していました、


アナウンス:バージョン1.0.1 に更新されたそうです


Ask the Expert


午後6個半から開催された Ask the Expertは、Microsoftの様々なテクノロジーの専門家(講演者など)とテーブルを囲んでディスカッションできる時間です。これも日本人にはちょっと難しいイベントでしたが、ビールと軽食が出ました。


PDC09 Nov.18 023


【追記】各セッションのビデオへのリンクを追加しました

Comments (0)

Skip to main content