あらら、EdisonのYokuto LinuxもVisual Studio 2015で…

ふと思ったわけです。「あれ?Raspbianのアプリがあれだけ簡単にリモートビルド&デバッグできるなら、Edison Yokutoも一緒じゃね?」 やってみました。 あっけなくできました。 なんだよ~クロスプラットフォーム用のWindows上のもろもろのインストールとか設定とか必要ないじゃん …という嘆きはどうでもいいです。それはそれで色々使い道もあるんで。 では、早速、Visual Studio 2015を起動して、「ファイル」→「新規作成」→「新しいプロジェクト」を選択して Visual C++のクロスプラットフォームのLinuxを選択して、”Empty Project(Linux)”でプロジェクトを作成。 プロジェクトに、main.cppを追加して、鉄板の #include <stdio.h> int main(int ac, char** av) { printf(“Hello World!\n”); } と書いて、CPUをx86に変えて(Edisonなんで) ”▶ Remote GDB Debugger”をクリック。すると、https://blogs.msdn.microsoft.com/hirosho/2016/06/01/visual-studio-2015-update2-cross-platform-development-for-example-intel-Edison/ をやっている人なら、何も設定しなくても、EdisonのYokuto Linux上にソースコード一式リモートコピーされ、リモートビルドされ、リモートデバッグが開始されます。Wow やってない人は、 こんなダイアログが表示されるので、Host name:に、EdisonのIPアドレスを、User name:に開発用に使っているユーザーアカウントを、Password:にそのユーザーのパスワードを入力すれば、つながります。 以上!

0

Visual Studio 2015 Update 2 で Raspbian上のC++アプリを開発する

de:code 2016が終わり、早くも1週間。丁度1週間前、DEV-009セッションをパークタワーホテルのセミナールームBでやってましたね。あのセッションでお見せしたデモのうち、まずは、Visual Studio 2015 Update 2で、Raspbian上のC++アプリをリモートビルド&リモートデバッグする方法の詳細を解説しておきます。 セッションでは、GHI Electorinics社製の.NET Gadgeteer対応のリレーモジュール(残念ながらディスコン製品)をGPIOピンにつないでリレカチ(リレーカチカチ)して、白熱電球をちかちかさせるデモをお見せしました。まぁこのGadgetを使わなくても一般的なリレーで代替するので適当に読み替えて試してみてください。 本題のVisual Studio 2015 Update 2で、Raspbian上のC++アプリの開発実行は、実はとても簡単。以下の手順でやっていくと簡単に動作します。開発用PCはWindows前提です。MacはVisual Studio Codeは動くけど、Visual Studio 2015は動かないから。それから、ネットを介したリモート接続を行うので、有線、もしくはWiFiでつながるネットワーク 環境も用意してください。 その1 ‐ Raspbianのインストール Raspberry PiにさすマイクロSDカードをSDFormatter)でフォーマットします。クイックフォーマット、論理サイズ調整ONでフォーマットOKです。フォーマット済みのSDカードに、NOOBSのサイトからダウンロードしたZIPファイルの中身を解凍して、全コピーします。 一番面倒くさい手順と思われる、HDMI対応ディスプレイ、USBキーボード、USBマウス、USB WiFiドングルをRaspberry Piに装着し(有線でネットにつなぐ場合はイーサネットケーブルも挿入)、SDカードを挿入後に電源を入れます。しばらくすると、NOOBSが起動し、インストール可能なOSの一覧が表示されます。Windows 10 IoT Coreを選択する誘惑を殺しつつ、Raspbianを選択して、”Install”ボタンをクリックしてインストールが開始されます。インストール中はいろいろ設定などありますが、ネット上に沢山情報が転がっているので、探しつつやってみてくださいね。 OSのインストールが終わったら、WiFiでネットにつなぐ場合には、この段階でWiFiに接続しておきましょう。設定方法はたぶん直感的にわかりそうなので、ここでは説明しません。 ネットに接続で来たら、シェルを開いて、ipconfig というコマンドを実行し、Raspberry PiのIPアドレスを表示させ、メモっておいてください。ここまでできたら、リモートシェルでいくらでもネットを通じて外部から制御可能なので、電源切って次の電源オン時には、いちいちHDMI対応ディスプレイもUSBキーボード、マウスもつないでおく必要はありません。 その2 ‐ Visual Studio 2015 Update 2のインストール 既にVisual Studio 2015がインストールされている場合は、メニューの”ツール”→”拡張機能と更新プログラム”を選択し、ダイアログ左の”更新プログラム”→”製品の更新プログラム” カテゴリを選択します。”Visual Studio 2015 Update 2”があるはずなので、それを選択し”更新”ボタンをクリックしてアップデートしてください。まだインストールしていない方、個人お試しなら、https://www.visualstudio.com/ の”Community 2015のダウンロード”をクリックしてインストールしてください。ついでに、Azureの各種サービスが月25ドル分12か月使える、http://www.visualstudio.com/ja-jp/products/visual-studio-essentials-vs.aspx もお試しを。 インストールの際、機能の選択で、”クロスプラットフォームモバイル開発”→”Visual C++モバイル開発”→”Visual C++…

0

ようやくきました。Visual StudioがGCC/GDB対応

不覚。もうずいぶん前からVisual StudioのGCC対応を熱望していた私が、私が…既に対応していたのを知らなかったとわ。とほほ。ま、最近はIoTに専念していたのでAご勘弁。でも全く関係ないわけではなく、むしろ結構関係してる。 はい、不覚話はそれくらいにして、話を進めます。Visual Studio 2015 がリリースされた時、iPhone、AndroidのNativeアプリが開発できる機能が加わり、GDB対応により実機デバッグができるようにはなっていました。で、2015年11月18日にUpdate 1がリリースされました。その時に https://blogs.msdn.microsoft.com/vcblog/2015/11/18/announcing-the-vs-gdb-debugger-extension/ Announcing the VS GDB Debugger Extension というブログが公開されてました。はい、チラ見しました。GDB対応がLINUXも含めて拡張されたのね、はいはい…っていうのが確か当時の印象。しかし、今回ちゃんと全文見直して、おいおい、それだけで済む話じゃない、って訳です。VS2015初版リリースの時は、言ってみれば、 スマホのiOS、AndroidのNativeアプリのデバッグ用としてGDB対応したよ ってことで、組込みマインドからすると、「あぁそう、便利になったね(棒読み)」って感じで、いやそれならGCC対応しようよ。そしたら組込み系でGNU系のC/C++使っている人たち皆に「Visual Studio使おうぜ」って言えるよね…なんて思ってました。 で、Update 1でリリースされた機能、ブログによれば、 LINUX上で動くNativeアプリをGCCのC/C++で開発できて、リモートで動いているNatvieアプリをGDBでデバッグできますよ ついでに、 LocalでもCygwinとかMingwでローカルでG++でコンパイルできて、GDBでデバッグできるよ  ふわぁっ?え?ちょっと待て、ってことは、GCC系のコンパイラエラーもVisual Studioでハンドリングするの?そしたら、GNU系のクロスコンパイラー系もできるわけだよね?えーっ…ってことです。ま、クロスコンパイラがWindowsで実行可能であることが条件ですが。プロならGNUのコンパイラを自分で作るのなんか簡単だからそこは問題ないとして。 先ほど挙げたブログに全部書いてあるんで見てね…と行きたいところですが、そうすると私いらなくなっちゃうので、引っかかりそうなところも含め説明しておきますね。 まずは、http://mingw.org/ からInstallerをダウンロード&実行してGCC/G++が動く環境を構築してくださいね。そんで、環境変数(え?今時?とか言わないように)でPATHに、c:\mingw\binを追加してください。 コントロールパネル→システムで、”システムの詳細設定”をクリックして、”環境変数”をクリック、ユーザーの環境変数の”PATH”を選択して、”編集”をクリックし、Mingwのパスを追加します。そのままではこの変更は有効にならないので、一旦デスクトップをサインアウトして再度サインインしてください。 Visual Studio 2015 Update 1を起動して、メニューの”ツール”→”拡張機能と更新プログラム”を選択し、”オンライン”を選択した後、検索窓に”GDB”と力強く入力! ”Visual Studio GDB Debugger”を選択してインストールします。いったんVSを再起動し、プロジェクトを作成!  Visual C++のMakefile Project(GDB)を使ってプロジェクトを作ります。 それで、main.cを追加して、 #include <stdio.h> int main(int ac, char** av) { a} こんなコードを書いてみる。そして、プロジェクトのプロパティを開いて、 “デバッグ”を選択して、起動するデバッガーは”Local Debugger”を選択、”Local Working Directory”に、作っているプロジェクトのディレクトリを絶対パスで入力します。この時、スペースとか入っていると、GCCコンパイラの引数として正しく渡されないので、ショート形式にするか、スペースが入らないディレクトリでプロジェクトを作るかしてください。それと、”Local Executable”には”gdbtest.exe”と入力します。次に、…

0