GadgeteerとAzureで作る簡易温度計 – Part 1

最近方々で見せている、GadgeteerとAzure、Store Apps、そしてExcel Power Query/Viewを組合せた温度計デモを紹介します。これ、GadgeteerとAzureの部分だけだと、20~30分で完成します。 システム構成は、 です。.NET Gadgeteerで測った温度、湿度をAzureのMobile Serviceのテーブルに格納しながら、Web Siteに転送して、SignalRに送る。Mobile ServiceのテーブルからExcel Power Queryでデータをダウンロードしてグラフ化する。というもの。 Gadgeteerは、以下の部品を使います。 FEZ Cerbuino Net http://tinyclr.jp/products/.netgadgeteer-mainboard.htm Temperature & Humidity http://tinyclr.jp/products/fez-gadgeteer-sensor.htm Relay X1 http://tinyclr.jp/products/fez-gadgeteer.htm#.Net_Gadgeteer_Controls リレーは、電気屋さんで買ってきた100V用のタップを写真の様にケーブル接続しておきます。※Relay X1 Moduleの裏側は、配線ピンむき出しなのでくれぐれも感電しないように注意しましょう。 開発の手順は以下の通りです。 Azure Mobile Serviceを作成 Gadgeteerのアプリ開発 Excel Power Queryで可視化 Excel Power Viewで分析 Azure Web Siteを作成 Azure Mobile Serviceを改造 – Web Siteへのデータ転送 Store アプリ開発 Azure Mobile Serviceを改造 – Push 通知の追加…

0