Windows 10 IoT Core+WebCam+Azureで簡単定点観測カメラ

Windows 10 IoT Core on Raspberry PI2のWebCam接続が確認できたので、一筆。 PCとUSBで接続可能なWebCamがあれば、定期的に画像を記録する仕掛けは簡単にできますね。しかしそのためにずっとPCを一台動かしているのはなんだか無駄。じゃあRaspberry PI2使おう…しかし、ずっと画像を蓄積続けるためにはストレージが足りないね…ということで、Microsoft AzureのBlob ストレージに貯めよう。そうすればセキュアに遠隔から画像も取り出せるし… ということで、やり方をざっくり紹介。 まず、Visual Studio 2015で、新規プロジェクトを作成します。テンプレートは、Visual C#→Windows→ユニバーサル→空白のアプリを使います。プロジェクトができたら、MainPage.xamlの<Grid>…</Grid>を のように、CanvasとCaptureElementタグを追加します。WebCamの画像はいったんこのCaptureElementに割り付けます。 次に、AzureのBlobにアクセスするために、Azure Storage SDKをインストールします。ソリューションエクスプローラーで参照を右クリックして、NuGetパッケージの管理を選択、Azure Storage SDKと検索窓に入力し、表示されたらインストールしてください。 そして、MainPage.xaml.csを開き、 と、MainPageクラスの内容を書き換えます。名前空間が一部足りないのでusing宣言を適宜加えてください。storageAccountNameとstorageAccountKeyは、AzureのポータルでStorageを作成して取得してください。 あとは、Package.appxmanifestをコードで開くで開き(もしソリューションエクスプローラーで開けなければ、メモ帳などで開いてください。)、以下のように<Capability>タグに使用する機能を追加宣言します。 これでOK.すべて完了。15分ごとにAzureのBlobストレージにアップロードします。センサーで計測しながら画像を蓄積しておけば、センサーがある値を記録した時に何が起こっていたかを記録することができるわけです。ちなみにこのコード、ユニバーサルアプリで作っているので、Windows10 の普通のPCでも動きます。WebCam持っている人ぜひお試しを。 ※WebCamの中にはWin10IoTCore Raspberry Pi2に対応していない機種もあるのでご注意。 なおこの投稿の詳細な手順は、今後、https://aka.ms/IoTKitHoL にて公開しますんで、ご期待ください。    

0

Azure Storage SDKについて

本日2015年9月15日に行ったIoTハンズオンセミナーで、参加者の方に指摘を受けた、Azure Storage SDKに関する解決策です。 https://azure.microsoft.com/en-us/documentation/articles/storage-dotnet-how-to-use-tables/ にAzure Storage SDKでTableにアクセスする方法が記載されています。ここでは、NuGetパッケージでAzure Storage SDKのみインストールすればよいと書かれていますが、執筆時点では、CloudConfigrationManagerが入っているアセンブリーがインストールされないようです。 NuGetパッケージの管理で、検索窓に”Azure Configuration Manager”と入力すると見つかる、”Microsoft.WindowsAzure.ConfigurationManager”をインストールしてください。これで、問題は解決です。    

0

2015年9月、10月開催予定のIoTハンズオンセミナー受講時の事前準備について

表題の件、明日9月15日からIoTハンズオンセミナーが開催されます。 このセミナーは、.NET Micro Frameworkで制御する組込み機器とマイクロソフトのクラウドAzureの、Event Hub、Stream Analytics、Machine Learning、Storage、Web Apps、WebJob、Mobile Serviceといった各種PaaS、そして、データを可視化するPower BIを使い、開発環境はVisual Studio 2015で、IoT(Internet of Things)の基本的な実装方法を1日かけて学ぼうという、チャレンジングなセミナーです。各地での開催予定は、https://aka.ms/IoTKitHoL のトレーニング概要でご確認いただくとして… 実際に1日でこなす技術・実装の量としては半端なく多いのではないかと、見た感じ思われる方、大勢いらっしゃると思います。 はい、もたもたやっているとたぶん7割ぐらいしかできません。このセミナーの募集時に参加予定の皆さんにお願いしている、事前の実習向けの準備が、最後までスムーズにセミナーが進められるかの命綱でもあります。 この投稿で、事前準備についてより詳しく、説明をさせていただきます。準備完了と思われている方も、是非、以下の説明をご確認いただければと思います。また、インストール作業を開始する前に、まずは、この投稿をすべて読んでから、作業を開始することをお勧めします。 実習用PC Windows 7、8、8.1,10のいずれかのOSがインストールされたPCをご用意ください。.NET Micro Frameworkデバイスを使って作業を行うので、USBポート付きのPCでかつ、Windows環境からアクセス可能な機種をご用意ください。また、インターネットへの接続が必須なので、Wi-Fiに接続可能な機種をご用意ください。実習では、Visual Studio 2015を4つ同時に起動して作業を行うので、非力なPCハードウェアの場合、操作性が落ちる可能性があるので、ご留意ください。。 USBケーブル センサーボードとWindows PCを接続するためMicro USBケーブルを1本ご持参ください。一般のスマートフォンとPC等をつなぐケーブルです。形状が同じでも充電しかできないケーブルもありますので、ご注意ください。 Visual Studio 2015のインストール Visual Studioは、有償版でも、無償版のCommunity Editionでも構いません。ただし、インストールの際、Web Developer Tools機能のインストールを忘れないでください。この機能がインストールされていないと、Azure SDKはインストールできません。インストールの際、機能の選択オプションで、 Microsoft SQL Server Data Tools Web Developer Tools の2つに✔を入れてインストールを行ってください。既にインストール済みだという方で、Azure SDKがインストールできない場合は、以下の手段でインストール済みのVisual Studioに機能を追加してください。 コントロールパネルを起動し、「プログラムのアンインストールまたは変更」を選択し、検索窓で「Visual Studio 2015」と入力、検索結果が表示されたら選択して、”変更”をクリック。 Visual Studioの設定ダイアログが開いたら、Web Developer Toolsに✔を入れて更新をクリック…

0