IoTやりたい人向け、Windows 10 IoT Core for Raspberry PI2の開発環境セットアップ

Win10 IoT Core+AzureでIoTをやってみたいという方で、 http://www.WindowsOnDevices.com に従ってセットアップしたけどなんか変という方、参考にしてください。 ※こちら、あくまでも2015年6月1日現在のセットアップに関するTIPSです。最新の情報が無いかチェックしてから試みてください。 全般 先ずは、以下のURLで解説されているページをよく読んでください。 http://ms-iot.github.io/content/en-US/win10/SetupPC.htm   Visual Studio 2015 RCのインストール エディションは、Enterprise の選択をお勧めします。 インストーラを起動したときに表示されるダイアログで、“カスタム”を選択してください。 “インストールするオプション機能”で、“Microsoft Web Developer Tool”と“ユニバーサル Windows アプリ開発 ツール”にチェックを入れてください。   ※  既に“標準”でインストール済みの方は、Installerをもう一度起動して、“変更”をクリックして、上記の二つに✓を入れてインストールし直してください。   Visual Studio 2015 RCへのIoT Core Extensionインストール “Windows 10 IoT Core Insider Preview imagefor Raspberry PI 2.zip”ファイルに入っている、“WindowsDeveloperProgramForIoT.msi”を実行してください。   Azure SDK のインストール http://azure.microsoft.com/ja-jp/downloads/ の左上、.NETカテゴリの“VS 2015のインストール”のリンク(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=518003&clcid=0x411)をクリックし、VS2015AzurePack.exe をダウンロード&インストールします。   開発用PCのデベロッパーモード設定 Raspberry PI2でUniversal…

0

Windows 10 IoT Core for Raspberry PI2 も IoT ってついているんだから~

はい、IoTってついているので、やっぱり、ネットワークやクラウドにつながないとね。 https://aka.ms/IoTKitHoL から公開中の現状のトレーニングコンテンツは.NET Micro Frameworkデバイスをつなぐのですが、公開されているサンプルや一つ前のポストで、.NET MFの代わりにRaspberry PI2+I2Cセンサーで代替できるわけですね。 ここでは、2015年5月31日現在の手に入る環境で、IoT Kit HoLで扱っているクラウド接続+αを紹介していきます。全て、Visual Studio 2015RCのC#、Windows Universalアプリでの開発を前提です。 先ずは、HTTP REST APIにGETでアクセスする方法。Step 1接続の一番最初でやっている、ヘッダーにDeviceIdとメッセージをセットして、サーバーから戻りのメッセージを受け取るやつです。        var client = new Windows.Web.Http.HttpClient();       client.DefaultRequestHeaders.Add(“device-id”, deviceId.ToString());       client.DefaultRequestHeaders.Add(“device-message”, “Hello from RPi2”);       var response = client.GetAsync(new Uri(“http://egiotkitholservice.azurewebsites.net/api/DeviceConnect”), HttpCompletionOption.ResponseContentRead);       response.AsTask().Wait();       var responseResult = response.GetResults();       if (responseResult.StatusCode == Windows.Web.Http.HttpStatusCode.Ok)       {           result = true;           var received = await responseResult.Content.ReadAsStringAsync();           Debug.WriteLine(“Recieved…

0