2014/7/9-11の気圧を測ってみた


あ~、de:codeのデモの解説もしなきゃなぁ…と思いながらはや一か月半。そんな中、50年に一度の強力な台風が来るというので、.NET Gadgeteer+センサーで大気圧、温度、湿度を測ってみた。

システム構成は、de:codeデモ展示していた、

で、.NET Gadgeteerで計測したデータをAzure Mobile Serviceのテーブルに蓄積し、蓄積されたデータをExcelのPower Queryで取り出し、Power Viewでグラフ化。

実際のグラフアニメーションは、以下の通り。

https://youtu.be/oGDCmjgvx5s

ちょっと解説を加えると、

縦軸は湿度、横軸が大気圧、円の大きさが温度というグラフです。時系列的にみると、台風が近づくと気圧がぐーっと下がり、台風が遠ざかると気圧が上がっていくという現象がばっちりとれたわけです。
使っているセンサーは本物なので期待はあったのですが、これだけはっきり記録できるとは、と感銘。

 

Comments (0)

Skip to main content