.NET Micro Framework の始め方 – Again


※ 最新のインストール方法はこちらへ⇒http://blogs.msdn.com/b/hirosho/archive/2014/10/18/howtoinstallnetmfgadgeteersdkonvs2013.aspx

※2014/10/20現在

先週のde:code キーノート、それから、私のIoTセッションで紹介した、超小型組込み機器向けオープンソースファームウェアの.NET Micro Framework/Gadgeteerに関する投稿です。

このブログの昔の方にも書いてはいるのですが、改めて、「始めたいぞ、このや…」(by 〇ニー〇ニーチョ○〇ー風)と云う方向けに、2014/6/4現在の始めるとっかかりを紹介しておきます。

先ず開発環境ですが、

Visual Studio 2012 有償版…か、

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=34673 からVisual Studio Express 2012 for Windows Desktop をダウンロードしてインストールしてください。

そして、

http://netmf.codeplex.com

を開いて、右側のdownloadボタンをクリックし、SDK.zipをダウンロード&解凍してください。中に入っている、MicroFrameworkSDK.msi をダブルクリックします。

.NET Micro FrameworkのSDKのインストールはこれでお終いです。後は、VS2012を起動して、ファイル→新規作成→プロジェクトで、C#、もしくは、Visual Basic の下のMicro Frameworkの、Windows Application、もしくは、Console Application でプロジェクト作成で開始できます。

ついでに、http://agentwatches.com/ からAGENT SDKもダウンロードしてインストールしておきましょう。全てプログラマブル可能な、スマートウォッチ用のプロジェクトテンプレートやエミュレータが使えるようになります。

次に、.NET Gadgeteerの準備です。

https://www.ghielectronics.com/support/netmf/sdk/11/netmf-and-gadgeteer-package-2014-r1

で、 NETMF and Gadgeteer Package 2014 R1.zip をダウンロード&解凍して、中に入っているSetup.exeを実行して全部インストールしてください。(ユーザー登録が求められるので、登録してくださいね)

※既に、netmf-and-gadgeteer-package-2014-r2-beta-1.exeという最新バージョンがありますが、現在、限定的なボード対応の為、安定している古いバージョンを使ってください。

.NET Gadgeteer のSDKのインストールはこれでお終いです。

Visual Studio 2012のプロジェクトテンプレートに、Gadgeteerが追加されアプリの開発開始の準備が整いました。

あとは、作りたいものに合わせて、

https://www.ghielectronics.com/catalog/category/265

のCPUボードを選び、

https://www.ghielectronics.com/catalog/category/275

で、使いたい、センサーや制御モジュールを選び、GHI Electronics 社の日本代理店のサイト、http://tinyclr.jp/ で購入します。

まずは、http://blogs.msdn.com/b/hirosho/archive/2014/02/17/internetofthingshandson.aspx のハンズオンあたりから始めてみてくださいね。

 

 

 


Comments (0)

Skip to main content