FEZ Cerbuino Netを使ってみる


.NET Gadgeteer対応製品の中で、これだけ買えばネットワークにつなげられるというボードが、FEZ Cerubuino Netボードです。

https://www.ghielectronics.com/catalog/product/473

約$55と、Raspberry PIよりはちょっと高いですが、C#やVBでネットワーク連携する小型組込みHWを試してみたい方にはお勧めのボードです。最近手に入れたので、紹介しておきます。

ボードは、http://tinyclr.jp/ から日本でも購入可能。Gadgeteerボード用のコネクタを介して、センサーやDisplay、リレーやモータ駆動などGadgeteer Moduleボードをつなげるとともに、Arduino ピン互換のソケットもついているので、Arduinoを嗜んでいる人はそこで使っている各種HWもつなぐことができます。

開発環境は、Visual Studio 2012を使います。無償版を使う場合は、 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=34673 から、Visual Studio 2012 Express for Windows Desktopをインストールしてください。

次に、http://netmf.codeplex.com から、.NET Micro Framework SDK 4.3をダウンロード(このページの右上のdownloadsボタンをクリック)し、ZIPファイルを解凍して中のMSIファイルを実行します。

次に、https://www.ghielectronics.com/news#13692 から、.NET GadgeteerとFEZシリーズ用のSDKをダウンロードし、ZIPファイルを解凍して、Setup.exeを実行してインストールします。

これで、終了。

Visual Studioでアプリを開発し、ボードをUSBで開発PCにつなげば、ボード上でプログラムを実行できます。

Visual Studio 2012を起動して、”ファイル”→”新規作成”→”プロジェクト”を選択します。プロジェクトテンプレートでは、Visual C#、もしくは、Visual BasicのGadgeteerカテゴリの”.NET Gadgeteer Application"を選択してプロジェクトを作成します。

Mainboardは、FEZCerbuinoNet(右上のボード)を選択します。

プロジェクトが出来上がったら、Program.csを開き、ProgramクラスのProgramStartedメソッドに、以下のコードを書いてみましょう。

            var timer = new GT.Timer(2000);
            timer.Tick += timer_Tick;
            timer.Start();

次に、Programクラスに、以下のコードをtimer_Tickメソッドとして記述します。

        bool ledStatus = false;
        void timer_Tick(GT.Timer timer)
        {
            if (ledStatus)
            {
                ledStatus = false;
            }
            else
            {
                ledStatus = true;
            }
            Mainboard.SetDebugLED(ledStatus);
        }

はい、これで、F5実行すれば、Lチカの出来上がり。2秒間隔でついたり消えたりします。

ネットワークやGadgeteerセンサーなどは、FEZ Spider等と一緒です。このブログの他の投稿を参考にしてみてください。

例えば、REST APIのWebサービスを動かしたければ、ProgramStartedメソッドには、

            foreach (var ni in NetworkInterface.GetAllNetworkInterfaces())
            {
                if (ni.NetworkInterfaceType == NetworkInterfaceType.Ethernet)
                {
                    if (ni.IsDhcpEnabled)
                    {
                        ipAddress = ni.IPAddress;
                        if (ipAddress != null && ipAddress != "0.0.0.0")
                        {
                            break;
                        }
                        else
                        {
                            ni.RenewDhcpLease();
                            Thread.Sleep(500);
                            ipAddress = ni.IPAddress;
                        }
                    }
                    else
                    {
                        ni.EnableDhcp();
                        Thread.Sleep(500);
                        ipAddress = ni.IPAddress;
                    }
                    break;
                }
            }

            Debug.Print("IP Address - " + ipAddress);
            Debug.Print("http://" + ipAddress + "/LED?status=on|off");

            WebServer.StartLocalServer(ipAddress, 80);
            var ledEvent = WebServer.SetupWebEvent("LED");
            ledEvent.WebEventReceived += ledEvent_WebEventReceived;

こんな風にコードを書いて、ボードのIPアドレスを取得し、Programクラスに以下のメソッドを追加すれば、簡単に作成できます。

        void ledEvent_WebEventReceived(string path, WebServer.HttpMethod method, Responder responder)
        {
            string status= responder.GetParameterValueFromURL("status");
            if (status == "on")
            {
                Mainboard.SetDebugLED(true);
            }
            else
            {
                Mainboard.SetDebugLED(false);
            }
        }

 

Comments (0)

Skip to main content