ETロボコン2010関連情報 – お疲れ様でございます


夏から秋にかけて…組込みエンジニアにとってこの季節はETロボコンの季節です。

今年は、北海道、北陸、沖縄の3地区大会増と、ますます、盛り上がっていますね。私も、南九州地区大会を皮切りに、南関東大会、北陸大会、関西大会、東海大会と、計測システムのフォローでお邪魔しています。懇親会では学生さん向けにDreamSparkを使うための認証コードを配っていますが、学生の皆さんが嬉しそうにもらってくれる姿は、非常に嬉しいですね。是非実際にダウンロードして活用してください。東海大会では、デジタルセンセーション(株)さんによるSilverlight+IIS Ream-time Streamingによる、実況ストリーミングにも出会い、うれしい限りです。

さて、ずいぶん前にETロボコン参加者向けに書いたブログ投稿、大分時間がたって散発的な感じなので、以下のリストにまとめておきますね。チャンピオンシップに参加されるチームの皆さん、来年リベンジするぞという皆さん是非、見てくださいね。

最後の二つはVS2005で説明していますが、VS2010でも同様なことは可能です。
ここで説明している内容は、私もモデル審査員を務めているMDDロボットチャレンジでも活用できるので、そちらのコンテスト参加者も参考にしてみてくださいませ。

他に、ETロボコン向けに計測システムを提供しているわけですが、こちらは、元々ボランティアを集めて大勢で開発していきたいと思っているので、やってみようかな、とか、コードだけでも見てみたいという方は、embedded-george@live.jp までメールをください。ちなみに今は、酒田sAsさん、東海大の学生さんが参加を表明してくれています。使っているテクノロジーは、

  • WPF: Windows Presentation Foundation
  • WCF: Windows Communication Foundadation
  • Entity Framework
  • MEF: Managed Extension Framework
  • Office InteropによるExcel拡張
  • Silverlight
  • その他

です。基盤として

  • Windows 7
  • SQL Server 2008
  • Excel 2010
  • を使ってます。

12月のチャンピオンシップに向けて、見栄えの改造や機能の追加をやっていく予定なので、参加してくれるとありがたし。計測システムについては、別途、投稿の予定です(昔もそんなことを書いたような気がするが・・・)
計測システム…Azureやリアルタイムストリームと連携して、競技状況とか配信したいんだよね…

Comments (0)

Skip to main content