.NET Micro Framework 4.1を実デバイスで使ってみよう


以前このブログで紹介した.NET Micro Frameworkの4.1ですが、既に正式版SDKがリリースされ、リファレンスボードも4.1 SDK対応の各デバイス向けSDKがリリースされだしています。
このポストでは、Device Sloutions社のTahoe-IIボードを例に、4.0以前のSDK対応ボードとアプリの4.1へのアップグレードについて紹介します。
※もちろん、.NET Micro Framework 4.1 SDKは実際のデバイスがなくても、Visual Studio 2010のEmulatorで実行可能ですし、4.0のアプリは、4.1をインストールした状態で再ビルドすれば動作するので、デバイスなしでもお試しあれ。

まずは、.NET Micro FrameworkのV4.1ですが、ちょっとわかりにくいところにあるので、ダウンロードのURLを紹介します。場所は、http://blogs.msdn.com/b/netmfteam/archive/2010/07/19/netmf-versions-4-1-released-to-web.aspx を開いて、Parts段落の、.NET Micro Framework SDK 4.1 をクリックしてください。ダウンロードが開始されます。
ダウンロードしたZIPファイルを解凍して、MSIファイルをダブルクリックすればインストールが開始されます。折角なのでフルセットをインストールしておきましょう。
※4.1をインストールするとVisual Studio 2008の.NET Micro Frameworkはアンインストールされるようなので、ご注意ください。
インストールが終われば、Visual Studio 2010を起動して、新規プロジェクト作成で、以下のテンプレートを使えば、開発を始めることができます。更にサンプルも豊富に入っているので、試してみるのが早道です。

さて、私はDevice Solutions社のTahoe-IIと、FezMiniを持っています。やはり組込み系は実機で動かした方が、楽しいので、早速Tahoe-IIで動かしてみましょう。

…とその前に、実際のデバイスはセンサーやLCD、ネットワーク、各種IO等各社各様なので、各デバイス用のSDKをインストールやボード上のファームウェアをアップデートする必要があります。先ずは、Device Solutions社のダウンロードページhttp://devicesolutions.net/Support/Downloads.aspxを開いて以下の必要なソフトをダウンロードします。

先ずは、DeviceSolutionsSDK4.1.msiを実行して、Tahoe-II用のSDKをインストールします。これにて、TahoeIIに搭載されている加速度センサー等を使うライブラリがインストールされます。

そして、ボードのファームウェアをアップデートします。ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、ボードをPCにUSB接続して、回答したMeridianFirmwareDeploy.exeを実行します。最初のWelcomeページのNextをクリックし、Lisence Agreementに承諾すると、接続されたデバイスがコンボボックスに表示されたページが表示されます。
TahoeFirmwareUpdate

Nextボタンをクリックして、ファームウェアアップデートが開始されます。完了が終わればアップデート終了です。簡単です。

さて、.NET Micro Framework SDKをインストールすると、ユーザーのドキュメントフォルダーに、.NET Micro Framework SDK 4.1\Samplesというディレクトリが作成されます。この中のSimpleWPFApplicationをVisual Studio 2010で開きます。そしてF5(デバッグ実行)すると、以下のエミュレータが表示されます。
SimpleWPFApplication

Tahoe-IIデバイス上で実行するには、プロジェクトのプロパティを開き、.NET Micro Frameworkタブを選択して、以下の様に設定を行います。※デバイスはUSBで開発用PCに接続しておいてね。
Tahoe2Setting

これで、F5(デバッグ実行)を開始します。するとビルドされたAssemblyがデバイス上にDeployされ、アプリケーションが実行されます。もちろん、ソースコードレベルデバッグも可能です。
TAHOE2

以上で、Tahoe-II上での実行例の紹介はおしまいです。

他に、既に4.1対応しているハードウェアを紹介しておきます。

他に日立超LSIシステムズさん(http://www.hitachi-ul.co.jp/public/jp/news/2010/nr100701.html )、(株)コアさんで対応を表明していただいています。

TechEd2010 T7-403では、Tahoe-II、(株)コアさんの.NET MF対応ボードが登場予定です。

Comments (0)

Skip to main content