きたるべき次世代SharePoint開発ツールのご紹介

こんにちは、GroupBoard開発チームです。 今回のお話は今までとは少し違い、開発者向けのお話です。皆様はSharePoint上でなにかしらの開発を経験されたことはありますか? 例えば、このブログでも何度か紹介しております Webパーツ ですが、これをご自分で作ったことはございますでしょうか。もし経験された方がいらっしゃいましたら、このSharePoint上での開発がどんなに大変であるかご理解いただけると思います。実際、私達GroupBoard開発チームは、SharePoint 上で GroupBoard という製品を開発してまいりましたので、なかなか簡単にはいかないことが身にしみております。今回紹介させていただくものは、そんな苦労をご存じの方でしたらきっと目から鱗であろうSharePoint開発のためのプラットフォームです。 実はこれは現在開発中の製品でありまして、皆様のお手元にお届けするためにはもう少々時間がかかります。が、完成の暁にはきっと皆さんの、とくに開発にかかわる方の拍手喝采間違いなしの製品になることを保証いたします! ではまず今までのSharePoint開発がどんなに大変な作業だったか、Webパーツの開発を例に振り返ってみましょう。 今まではの手順を簡単にいえば、以下のようなものでした。  1) Webパーツ用のCodeを書き、コンパイルしバイナリ(dll)を作成する 2) 作成したバイナリをGAC(Global Assembly Cache)に登録する 3) 作成したバイナリをSharePointのSafe Controlに登録する 4) WebパーツをSharePointで使えるようにするためのXMLファイルを作成する(複 数) 5) 上で作成したXMLファイルをそれぞれ決まったディレクトリに配置する 6) Webパーツを有効にするためにSharePointのあるツールを実行する 特に 4) と 5) で作成するXMLファイルは、 SharePoint の知識がなければ簡単に書けるものでありませんでした。また、開発者は作成した Webパーツを SharePoint で使えるようにするために 2) 以降のステップを毎回行う必要がありました。開発者といえば本来はCodeを書くことに専念したい方も多いと思いますので、この 2) 以降のステップは面倒な手順でした。 そこで、現在わたしどもでは、SharePoint 開発 のためのプラットフォームを開発しております (なんか重複してますが・・・開発ツールのための開発、ですね) 。これは Visual Studio2005の拡張ツールの位置づけとなり、導入しますと Visual Studio にSharePoint 開発のための目的に応じたプロジェクトテンプレートが追加されるのです。開発者はVisual Studioから開発したいSharePointのプロジェクトテンプレートを選ぶことできます ではこのVisual Studioのテンプレートを使用するとWebパーツの開発手順がどのように変わるかを以下に示します。  1) Visual StudioのWebパーツプロジェクトを新規に作成し、そこにWebパーツ用のCodeを書く 2) F5キーを押す この二つのステップでWebパーツの開発は完了です。つまり今までの手順で必要だった最初の 2)…

5

GroupBoardサイトに Media Player を組み込む

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。みなさまからお手紙をいただきますと、金曜日のこの Blog の更新が楽しみという方もいらっしゃいまして、こちらとしては少々びっくりいたします。そんなに大したことを書いているわけではないのですが・・・少しでもお役にたてるようにがんばります。 さて、今回は前回の予告のとおり、Webパーツの続きです。今回は、USのMicrosoft サイトからダウンロードできるパーツの中でもすばらしいものをご紹介したいと思います。 Windows Media Player Add-in for Microsoft FrontPageこれは正確には Webパーツではなく、FrontPageからGroupBoardサイトへ追加できるWebコンポーネントの一種です。その名前のとおり、サイト上に Windows Media Playerを組み込むことができます。ページへの組み込みはウィザード形式になっていて、Webページに関する知識がなくても簡単に Media Playerを表示させることができます。なお、このコンポーネントは FrontPageの Add-in なので、作業のためには FrontPage 2003が必要になります。 1. コンポーネントのインストールまずコンポーネントをダウンロードして FrontPageのインストールされているマシンにセットアップします。 1). 以下のページからセットアップファイル (WMPAdd-inforMSFrontPage.msi)をダウンロードします。    SharePoint Products and Technologies Web Component Directory2). ダウンロードしたファイルを実行して、セットアップを終了させます。セットアップが正常に終了した場合は、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」に「Windows Media Player Add-in for Microsoft FrontPage」が表示されます。 2. コンポーネントのインストールつぎに、GroupBoardのトップページに Media Player 配置します。 1). FrontPage 2003を起動して、GroupBoardサイトのトップページを開きます。表示モードをデザインモードにします。2). Webパーツゾーンが青い実線で囲まれていますので、この青枠の外の場所にカーソルを合わせます。GroupBoardのロゴの下などが配置しやすいと思います。(このPlayer はWebパーツではないので、Webパーツゾーン内に配置することができないためです。) 3)….

0

フリーの Webパーツで Power Up !

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。先月以来の更新ですので、だいぶ間があいてしまいました。こちらでは4月下旬からG.W.にかけて開発上のヤマ場があったのですが、おかげさまでなんとか乗り越えて一息つけるようになりました。というわけでBlog更新も今週から再開です。一部ではネタの枯渇もうわさされておりますが、どっこいそんなことはありません。まだまだお知らせしたいことはいっぱいありますので、お楽しみに。 先日からある方面からの依頼で GroupBoard 上で使える Webパーツの調査をしていたのですが、国内国外問わず調査してみますと、私どもも知らなかった Webパーツが いろいろな形で入手できることがわかりました。もちろん GroupBoard用として公開されているわけではありませんが、GroupBoardサイト内で使うとより効果的な Webパーツもありまして、この場をお借りして皆様にお知らせしたい、と思った次第です。 まずはマイクロソフトのサイトから無料でダウンロードできる Webパーツをご紹介します。 SharePoint Portal Server 2003 Web パーツと Web コントロールSharePoint Portal Server 2003 は Windows SharePoint Servicesを基本コンポーネントとして使用しているので、Portal 独自の機能を利用していない Webパーツはそのまま動作することが期待できます。例えば、以下のページにて、SharePoint Portal Server用の Webパーツがいくつか公開されています。 http://www.microsoft.com/japan/office/sharepoint/downloads/webparts.mspx 今回は実際にこの中から2点ほど GroupBoard上で動作させて見ました。なお、セットアップの方法などにつきましては、ダウンロードコンポーネント内部に説明書がありますので、そちらをご参照くださいませ。ほとんどの場合、installのバッチを実行するだけの簡単なものです。 (ダウンロードページにもありますが、本来これらの Webパーツは SharePoint Portal Server 用に公開されております。この Blog が GroupBoard上での動作を保障するものではありません。) 1) ドキュメントツリービュー拡張Webパーツ皆様からよくいただくご要望として、「ドキュメントライブラリのファイルやフォルダをツリー形式で表示したい」というものがあります。このWebパーツでは、サイト内部にある「ドキュメントライブラリ」 「フォームライブラリ」 「画像ライブラリ」の3つのライブラリタイプに対応していて、 Webパーツ内部から直接これらのライブラリ内にあるドキュメントを開くことができる優れものです。 サイトを使い込んでいくと、ドキュメントライブラリが乱立して、あちこちのドキュメントライブラリを探すようなことも起こりがちなのですが、この Webパーツはそんなときに役にたちそうです。 注意したいところとしては 1. 上記ページからダウンロードするとき、「ドキュメントツリービューWebパーツ」ではなく「ドキュメントツリービュー拡張Webパーツ」を選択すること。拡張とはついていますが、元の Webパーツが必要なわけではないようです。2. GroupBoardのお役立ちツールで提供されている…

0

GroupBoard トップページで メールを見る

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。またもスポーツネタで申し訳ないですが、今週はアメリカで戦う日本野球チームに一喜一憂しておりました。「一憂」というかだいぶ憂いていたんですが、なんとか辛くも準決勝に進めたようですね。別の面では、今回の野球は平日の昼間に放送しているためか、サラリーマンの私たちよりいつもは野球とはまったく関係ないような家庭の主婦のほうが情報に詳しかったりして、スポーツの影響は面白いところで出るものだなぁ、と感心しておりました。 さて、今回は予告どおりのOutlook Web Access を Webパーツで表示する、の巻です。 Outlook Web Access (以下OWA) とは、Exchangeサーバーへのアクセスを Outlookクライアントではなくブラウザ上から行うものです。Exchangeサーバーには馴染みのない方でも、Small Business Server 2003では既定でセットアップされますので、ご利用できる環境をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 Outlook Web Accessについてはこちらのページが詳しいです。http://www.microsoft.com/japan/exchange/evaluation/tour/informationworker/owa.mspx 通常はこのスクリーンショットのように、ブラウザでアクセスしてみるものですが、これをGroupBoard の トップページに Webパーツとして表示すれば、複数のブラウザを立ち上げなくても済みますし、ますます GroupBoard を情報集積の場所として活用することができると思います。 今回は OWAを表示するために Webページを表示する Webパーツとして「ページビューア Web パーツ」を使用します。これは Windows SharePoint Servicesに入っているので、別途ダウンロードする必要はありません。 1) 画面右上の 「共有ページの変更」をクリックし、そのサブメニューから 「Webパーツの追加」 – 「参照」をクリックします。2) 「参照するギャラリーを選択してください」のリストから、「チーム Web サイトギャラリー」をクリックします。3) 「Webパーツの一覧」から、「ページビューア Web パーツ」をクリックし、ドラッグしたままトップページ上に貼り付けます。4) 目的の場所においたら、右側のWebパーツペインを [X] マークをクリックして閉じます。5) Webパーツ内部に設定のためのリンクがあるので、クリックします。6) 「リンク」の欄にOWAのURLを記入します。通常はExchangeがインストールされているサーバーの https://<SERVER>/Exchange のアドレスになります。 そのままだとWebパーツの表示サイズが OWAの画面に合っていないので、表示サイズを変更しましょう。…

0

いろいろなサイトの情報をまとめて表示する

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。オリンピックも終わって、もう今日は桃の節句ですね。季節の移り変わりは早いものです。今年は桜の開花予想が例年より早いそうで、東京では3月25日開花、4月1日あたりにはもう見ごろになるそうです。みなさまのところではいつごろなのでしょうか。。。個人的な思い出話で恐縮ですが、桜といえば数年前に花見にいった奈良の吉野山が印象に残っています。山頂に近いところから見下ろせば、たおやかな山容に桜が一面に広がり、山腹まで歩けばあちらこちらに名物の柿の葉寿司 (柿の葉でくるまれたさばの押し寿司です) のお店が軒を連ねています。ええ、それはそれはおいしゅうございました。 ちょっと話題は変わりますが、以前 このBlog上の 「Email」 リンクからメールを送信いただくと文字化けで読めない、と書いたのですが、最近 この MSDN Blog サイト自体のアップデートがあったようで、ちゃんと日本語でメールが届くようになりました。もしお書きになる内容が短い場合には、こちらのE-Mailフォームから連絡をいただくことも可能ですので、ご利用ください。(通常のメールをご利用の場合は、今までどおり sgsdog@microsoft.com までお願いします。) 今回はあちこちのサイトから情報を収集して一目で見られるようなトップページの作成のお話です。 1. Web キャプチャ Web パーツもうお馴染になりました 「Office 2003 アドイン : Web Parts and Components」の中に含まれている Webパーツのひとつに、「Web キャプチャ Web パーツ」 というものがあります。これは中身を自分で指定できる Webパーツで、他のサイトやインターネット上のサイトのページの一部分を切り出してWebパーツの中に表示できるというものです。早速 GroupBoardのトップページに配置してみましょう。 1) 画面右上の 「共有ページの変更」をクリックし、そのサブメニューから 「Webパーツの追加」 – 「参照」をクリックします。2) 「参照するギャラリーを選択してください」のリストから、「仮想サーバー ギャラリー」をクリックします。3)「Webパーツの一覧」から、「Web キャプチャ Web パーツ」をクリックし、ドラッグしたままトップページ上に貼り付けます。4)目的の場所においたら、右側のWebパーツペインを [X] マークをクリックして閉じます。 2. キャプチャ 先の設定貼り付けたら、次にキャプチャ先の設定をします。今回はあちこちの GroupBoard サイトに散在する 「お知らせ」 をひとつのページにまとめて表示したいと思います。なお、この作業に限り、Office2003がインストールされているマシンから行う必要があります。 1) Web キャプチャ…

0