WSS 3.0: 基本インストールでCドライブにインストールされたデータベースを他のドライブへ移動したい

こんにちは、GroupBoard開発チームです。ニュースグループでご質問を受けた内容なのですが、今後も頻繁に質問を受けるかもしれませんので Blog で公開させていただきます。 WSS 3.0を既定でインストールしますと、データベースファイルはCドライブのWindowsディレクトリ以下に作成され、通常の方法では移動することができません。これを容量に余裕のある他のドライブに移動したいと考えるユーザー様も多いと思います。 以前のバージョンでは、以下のように手順が公開されておりました。Microsoft Windows SharePoint Services データベースの移動http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/windowsserver2003/technologies/sharepoint/movewsdb.mspx 今回は、上記の手順を参考にして、WSS 3.0用に手順を書き直してみました。 1) SQLコマンドラインツールをインストールする使用中のデータベース名とパスを確認する今回のWSS 3.0 内蔵データベースは手順で必要となるSQLのコマンドラインツールが付属していないので、別途ツールのみをインストールします。今回は無償で入手できる SQL Server 2005 Express Editionを使うことにしました。      i)  マイクロソフトのダウンロードセンターから、”SQL Server 2005 Express Edition SP1″をダウンロードします。  ii)  インストール中のコンポーネント選択画面で、[クライアントツール]のみを選択してインストールします。   2) 使用中のデータベース名とパスを確認するWindows SharePoint Services を既定でインストールすると、\WINDOWS\SYSMSI\SSEE\MSSQL.2005\MSSQL\Data ディレクトリにデータベース ファイルが格納されます。このディレクトリに次のファイルが格納されていますので、まずこれらの名前を確認します。(GUID) には実際には32桁の一意な英数字が入ります。 SharePoint管理サイトのコンテンツデータベース    – SharePoint_AdminContent_(GUID).mdf    – SharePoint_AdminContent_(GUID)_log.LDF SharePointサイトの構成データベース    – SharePoint_Config_(GUID).mdf    – SharePoint_Config_(GUID)_log.LDF SharePointサイトのコンテンツデータベース    – WSS_Content.mdf    – WSS_Content_log.LDF 検索データベース(複数個存在する場合あり)…

1

SharePoint MVP きたる !! ・サイトのアクセス解析

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。もう7月ですね。そして今日は七夕なのですが星祭りの日としては東京はちょっとあいにくな空模様です。短冊を笹の葉につるしたのはもう何年前のことでしょうか・・・ SharePoint MVP きたる 先日、といっても昨日のことなのですが、私どもGroupBoard開発チームに MVPがいらっしゃいました。MVPといっても野球の選手のほうの Most Valuable Player ではなく、Microsoft の Most Valueable Professional (MVP)です。 製品やテクノロジーに深く精通しまた経験を持ち、その有り余る才能を幅広いユーザーと共有している方を表彰しようという このMVPプログラムは2002年からスタートしたもので、現在では 日本国内に190名ほどいらっしゃるそうです。その分野も多岐にわたり、その道のユーザー側での第一人者といっても差し支えない、そうそうたるメンバーで構成されております。ただ単に知識があるだけではなく、その知識経験を大勢のユーザーの方と共有することを活動内容としていることも MVP として重要になります。 昨日お越しいただいたのは、このMVPのなかでも 「Windows SharePoint Services」の製品分野のエキスパートであります、北端 智さんと 山崎 愛さんです。ご両人ともSharePointに関する知識と意欲は半端ではなく、本当に開発に携わっているこちら側もたじたじになってしまうほどの濃い内容のミーティングを持つことができました。(とくに開発ではなかなか分からない、実際のユーザー様での使用シナリオや、トレーニングなどでよく質問を受ける事柄など、大変参考になりました。) 北端 智さん (Microsoft MVPご紹介ページ) 山崎 愛さん (Microsoft MVPご紹介ページ) Micorsoftではいつでも皆様のMVP立候補をお待ちしております。この Blogをお読みになっている方の中から GroupBoardやSharePointのMVPの方が誕生する日を夢見つつ・・・   サイトのログ解析 突然ですが、サイトに毎日どれくらいのユーザーがアクセスして、どのページが一番閲覧されているか、気になったことはありませんか? GroupBoardのサイトでも、SharePoint のログ解析機能を利用して、アクセス傾向やページ閲覧の頻度をみることができます。 サイトのアクセスログの解析を有効にする既定では、アクセスログの解析はOFFになっていますので、管理ページ上で有効に設定します。 1) [スタート] – [管理ツール] – [SharePointのサーバー管理]をクリックします。2) 管理ページで、[利用状況の分析処理の構成]をクリックします。3) [ログの設定]で、”ログ収集を有効にする”にチェックを入れます。4) [処理の設定]で、”利用状況処理を有効にする”にチェックをいれ、処理を実行させたい時間帯を指定します。ここで指定する時間は、ログの解析処理を実行する時間であって、ログの収集自体は”ログ収集を有効にする”をチェックしたことにより24時間、収集を行っています。 時間帯の指定は、通常は夜間のアクセスが少ない時間帯を指定します。アクセスログが大量な場合、解析にCPUパワーが必要になるためです。ただし、部門やチーム内で使っている程度のアクセス数でしたら、パフォーマンス劣化はほとんど気にする必要ないと思います。 ログの設定ができたら、数日間は気長に待ちましょう。…

3

匿名でお知らせを作成する

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。私事で恐縮ですが、最近背中というか肩の痛みが激しく、先週末にはモニターの画面を見ていると気分が悪くなってしまうようになってしまいました。IT業界も高年齢化が進んでいることを実感してしまったわけですが、本当にコンピューターを仕事の生業としていると体の経年変化も激しくなってまいります。はい、すみません、言い訳がましいのですがそのために先週金曜日の更新ができませんでした。。。 これではイカン、と奮起してかったのがこのMicrosoft ナチュラルキーボード。(Microsoft ナチュラル エルゴノミック キーボード 4000) 手前のパームレスト部分が革張り調で、手前が盛り上がっているタイプです。実は今日から使い始めで、最初は慣れないかなぁ・・と危惧していたんですが、このBlogをここまで書いているうちにもうすでにだいぶラクにキータイプできるようになってきました。これで肩の痛みもなくなり、毎週ちゃんと更新できるようになるでしょう。 (欲をいえばもうちょっと Enter キーが大きければいいんですが。) さて今週はいろいろな情報をまとめてお伝えする Blog です。 GroupBoard Workspace 2007 Beta版ご評価時のご注意 先日GroupBoard Workspace 2007のベータ版をご案内いたしましたが、重要な点を追加でお知らせします。 GroupBoard Workpace 2007のベータ版は、現行製品の GroupBoard Workspaceからのアップグレードインストールはサポートされておりません。 Windows SharePoint Services v3 のベータ版は、現在ご使用のWSSにてデータベースとしてMSDEを使用している場合にはアップグレードインストールできません。 大変ご面倒でも、評価の際には新規のサーバーにてご評価いただけますよう、お願い申し上げます。   匿名での投稿が可能な「お知らせ」リストを作る このネタはこのBlogの読者のかたから教えていただきました。 通常のお知らせリストでは、お知らせを投稿すると必ず 「作成者」と「投稿者」が本文の下部に表示されます。通常の用途ではこれでもいいのですが、例えば匿名で記入できるお知らせリストが役に立つ場合もあります。FrontPageを使用すると、この「作成者」と「投稿者」の欄を消すことができます。 1) FrontPage 2003で GroupBoadサイトを開きます。 2) [Lists] フォルダで “Annoucements (お知らせ)”を選択します。 3) DispForm.aspxを選択して開きます。 4) 表示されるエリアで右クリックし、[SharePoint リストフォームのカスタマイズ]を選択します。 5) フォームの内容を編集できるようになるので、”作成者” と “更新者”…


開発チーム マネージャーより

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。今週は、私、Blog担当員ではなく開発チームのマネージャー (つまり私の上司) よりお伝えします。 ————————————————– 現在、GroupBoard およびWindows SharePoint Services のベータの一般公開に向けて開発作業を行っております。 しばらくは、このブログへの投稿も滞ってしまうかもしれませんが、文章の長さをちょっとだけ短くして近況を報告しつつ皆様へ情報をお伝えしていきたいと思います。 実は昨日、GroupBoard 開発チームはビルゲイツにプレゼンテーションを行いました。ビルは前日はアメリカ本社で中国国家主席を招いていて、その20時間後には日本に来ていました。日本での滞在時間も24時間以下と聞いています(本当かどうかは定かではありません)。本当に分単位でスケジュールが切られていて、私の持ち時間は12分でした。 約1ヶ月前からプレゼンやデモの準備を始め、やはりこの1ヶ月は非常に落ち着かない日々を暮らしておりました。Windows SharePoint Services の一部の機能を日本で開発中なのですがその機能について説明(実際にはデモが90%)を行いました。結果としては、いろいろ話が弾み予定を大幅に超えて20分以上話してしまいましたが、かなり高い評価をいただきました。内輪話で申し訳ありませんが、GroupBoard および Windows SharePoint Services のベータが出荷された際にはもう少し詳しくお話できると思います。楽しみにしていてください。 また、SharePoint のWeb Parts やサイトをVisual Studio で開発できるようにするツールも開発しております。こちらは、先日アメリカで行われたOffice デベロッパーカンファレンスで紹介させていただきました。アメリカの開発者からは、いままで非常に大変な作業だったことのかなりの部分が自動化されるということで、非常に大きな期待を込めて受け止められました。GroupBoard のカスタマイズやWeb Parts を新規に作成して独自のビジネスアプリケーションと連携させたいと考えていらっしゃる方々には、素晴らしい助けとなるツールなると思います。こちらは、アメリカ向けのみの出荷予定ですが、評判と需要しだいでは日本語版も考えております。 どちらも、まだまだこれからベータ版ですので、製品としての出荷までにはまだもう少し時間がかかりますが、あたたかく見守ってください。   GroupBoard 開発チーム マネージャ ————————————————- 担当としてもこれからがんばらなければならないことが山積ですが、なんとか成功を夢見てがんばっていきたいと思います。 コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。


リンク先を別ウィンドウで表示する・グループスケジュールのあっと驚く使い方

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。皆さんはご自分の『ハンダゴテ』、お持ちでしょうか?私も少年時代にはバラック板などでラジオなどを作ったのですが、苦労して作った1石2石程度のラジオでもちゃんと放送が聞こえることにすごく感動したことを覚えています。実は最近この感動を思い出して、ン十年ぶりに作ってみました。 最近はゲームやパソコンなど、ボタンやキーボードを押すだけの遊びが多いですが、たまにハンダゴテを引っ張りだして工作してみると、いい気分転換になります。バリコンを少しずつ回して、周波数を合わせて、クリスタルイヤホンからかすかに聞こえてくる放送に耳を傾ける、そんなアナログなことも今では贅沢な趣味なのかも知れません。 と、前フリをラジオネタにしたのも理由がありまして、今回は、全国の方からいただいた GroupBoard に関する技をご紹介するコーナーです。リスナーの方からはがきをいただいたような感覚でお届けします。 1. 『リンク』リストのリンク先をクリックしたとき、別ウィンドウで表示するワザ こちらは、福岡県のOさんからいただいた技です。「『リンク』リストに表示されているリンク先をクリックすると、同じブラウザ内でリンク先のページが開いてしまって困ることがありますが、これを別ウィンドウを開くように制御するワザがあります」だそうです。(このワザにはFrontPage 2003が必要になります。)  1. 「リンク」リストのリスト表示ページを開きます。 2. IEのツールバーメニューの「編集」メニューから FrontPage を選択してこのページをFrontPage 2003 で開きます。3. リストが囲まれているエリア上でマウスの右クリックをしてメニューから 「XSLT データビューに変換」を選択します。 4. 変換されるとリスト内部を変更できるようになるので、表示されているリンクを右クリックして、メニューから 「ハイパーリンクのプロパティ」を選択します。5. 「ハイパーリンクの編集」ダイアログの右側ボタン列から 「ターゲット フレーム」をクリックします。6.ダイアログのターゲット選択にて 「新しいウィンドウ」を選択してOKをクリックします。7. 「ハイパーリンクの編集」ダイアログもOKをクリックして閉じ、編集中のページを保存して FrontPage 2003 を閉じます。 手順3. のスクリーンショット 手順5. のスクリーンショット リンクのリストへ行ってクリックしてみると、リンク先が別ウィンドウで開くようになります。この作業はリンクリストにあるアイテムひとつだけに行えば、すべてのリンクアイテムに対して有効になります。 XSLTデータビューに関しては奥が深そうですね。いつかこのBlogで特集が組めるといいなと思います。福岡県のOさん、どうもありがとうございました !!  (なお、、トップページのリンクWebパーツについては別の手順が必要のようなので後ほどワザが解明できましたらお知らせします) 2. グループ内の『出張』『休暇』の予定や特定の案件に関するスケジュールをまとめて表示するワザこちらは、三重県のNさんからいただいた技です。「『スケジュールと設備予約』ではスケジュールを人やグループ、または設備ごとに絞り込んで表示することができますが、休暇や出張のスケジュールだけ表示させたり、特定の案件に関する会議のスケジュールのみを表示させたりと言うことができません。」 「そこで「休暇」「出張」「○○案件」「××案件」と言う名前の《設備》と「休暇・出張」「案件別」と言う名前の《設備グループ》を作ります。スケジュールを作成する際は、そのスケジュールの種類に応じて上記の《設備》を予約し、絞り込み表示する際は、上記の《設備》または《設備グループ》を選択します。」 早速サイトを作成してみました。 これは「出張・休暇」グループを表示したところです。その日にいる人いない人がわかりやすいですね。実際に記入してみてわかったのですが、休暇の予定を「設備予約のみ」で入れるとタイトルに自動的に自分の名前が入るので手間がほとんどかからず予定を入れることができました。(~さんによる予約、という部分をいろいろ変更できるともっとらくになるのですが・・・) 自分の休暇予定を記入中のスクリーンショットです。   こちらは案件別のスケジュールです。使い方によっては簡便なプロジェクトの進捗管理にも使えそうですね。人に依存しないスケジュールも設備予約として「○○案件」を追加しておけばカレンダーに表示できますし、複数の案件の場合もグループ表示すれば重ねて表示可能になります。 スケジュールのアイテムに「設備」というプロパティを追加することで、GroupBoardで絞込みできる形で表現できています。発想が非常にユニークで感動いたしました。三重県のNさん、ありがとうございました!! だんだんと皆様に教わることも多くなりまして、こちらも勉強していかなければ、と意欲を高めている今日この頃です。今回は予告と異なる内容となってしまいましたが、来週は前回予告させていただいた「Outlook Web Access」のサイト内表示を取り上げてみようと思います。 コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。


GroupBoardをショートカットでさくさく使う。GroupBoardにPDFアイコンを追加する。

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。めっきり寒くなってきました。突然ですが、ウォームビズ、してますか?こちらはなぜか会議室だけヒジョーに寒くて、会議中だけ厚着です。 職場の方はPCの熱でほのかに暖かいのですが・・・ さて、今日はすぐに使える小技を二つ、お知らせします。 GroupBoard の隠されたショートカットをつかう GroupBoard のサイトでスケジュールを作成すると、ページの下のほうまで記入したあとで [保存] ボタンを押すためだけにページを上にスクロールしなくてはいけないことがあります。[保存] ボタンをページの下のほうにもつけてほしいというご要望は結構多いのですが、とりあえずすぐに使える小技として、ショートカットキーをお知らせします。 実は GroupBoardサイト上の [保存] ボタンは Alt +S キーでアクセスできるようになっています。つまり、新規スケジュール作成ページで下のほうまでいったときに、キーボードで 「Altキー + Sキー」 をおすと 瞬時にページ上部の [保存] ボタンにフォーカスがあたります。そこですかさず Enterキーを押せばスケジュールの保存が簡単にできるというわけです。あたまで考えるとちょっと難しそうですが、慣れると マウスより早いので結構便利ですよ。 Alt +S で Enter キー、覚えてくださいね。 スケジュール 作成で使えるそのほかのキーとしては  「Altキー + Iキー」で [ファイルの添付]   「Altキー + Gキー」で [戻る]   「Altキー + Nキー」で [新規作成] (カレンダー表示のとき)などがあります。 また、スケジュール作成以外でもショートカットキーはあります。たとえば 「Altキー + Jキー」 の後 Enterキーでサイトのどのページからでもトップページに戻ります。みなさんもいろいろ発見してみてくださいね。 PDFアイコンをドキュメントライブラリに表示させるWord、Excel、PowerPointなどOffice関連の拡張子を持つファイルの場合、ドキュメントライブラリに保存したときにアイコンが正しく表示されます。一方、 PDFなどそのほかの拡張子のファイルの場合、ドキュメントライブラリのアイコンは一般的なアイコンとなるのでなかなか判別しづらいときがあります。ないものは追加してしまおう、ということで、それぞれの拡張子にあわせたアイコンを表示することができる方法をお知らせです。 1) アイコンに使用する .gif…


トップページのロゴを変更する

しばらく間があいてしまいました、GB開発チームです。 今回もGroupBoardの見映えのお話です。 GroupBoardのトップページには、製品名のロゴが表示されています。なかなかシンプルでいいデザインだと思うのですが、このロゴを自分の会社のロゴに変えることはできないかというお客様からのお問い合わせが結構あります。 実はあの部分のイメージは自由に変更することが可能です。 たとえば会社のロゴや建物の写真、またはちょっとした1コマ漫画なんかも表示させておくことができます。 手順は簡単、以下のとおりです。 1)今回は、画像の保存先として GroupBoard サイト内に [画像ライブラリ] を新規作成し、その中へ画像ファイルを保存します。       [画像ライブラリ] の作成方法は、以下のとおりです。          i)   トップページの上部ナビゲーションバーで [作成] をクリックして [ページの作成] を開きます。          ii)  [画像ライブラリ] をクリックして [新しい画像ライブラリ] ページに移動します。          iii) ライブラリの名前や説明を記入し、[作成]ボタンをクリックします。          iv) 作成した画像ライブラリへ目的の画像ファイルをアップロードします。 2) トップページの右上にある [共有ページの変更] をクリックします。  ドロップダウンメニューが表示されるので、[このページのデザイン] をクリックします。  ページが [デザインモード] で表示されます。 3) タイトルが [サイトイメージ] となっている Webパーツで、タイトル右にある下向き矢印をクリックします 。    (マウスをあわせると ”Webパーツメニュー” と表示されます) 4) メニューから [共有Webパーツの変更] をクリックします。    ブラウザ右にWebパーツの設定を行うペインが表示されます。 5) ペイン内の [イメージへのリンク] で、先ほど追加した画像ファイルのURLを入力します。 6) ペイン下部の [OK] をクリックしてペインを閉じます。 7) 手順2)を再度実行して、ページを通常モードに戻します。 今回は同じサイトにある画像ファイルを表示する手順でしたが、イントラネットのほかのページやインターネット上でもURLでの参照を使用することによって画像イメージをトップページに表示させることも可能です。 注意点として画像の大きさは自動調整されませんので、オリジナルの画像を表示したい大きさにしてからアップロードしてください。…