既存のGroupBoardのアップグレード (2) バックアップファイルの確認

前回はアップグレードインストールに備えて、既存の環境のバックアップをしました。ここですぐにWSSをインストールしたいところですが、取得したバックアップファイル本当に正しく復元できるかどうか、既存の環境で確認したいとおもいます。 バックアップしたファイルを元のサイトに書き戻すと本当に復元できたかどうかわからなくなりますので、ここでは新しいサイトコレクションを作成してそこへ復元してみることにします。 新しいサイトコレクションの作成 1. サーバーの [スタート] – [管理ツール] – [SharePoint のサーバー管理] と開きます。2. [仮想サーバーの構成] セクション以下の、[仮想サーバーの設定の構成] をクリック。3. [仮想サーバーのリスト] で [既存のWebサイト] (または使用するWebサイト)をクリック。4. [仮想サーバーの管理] セクションの [トップレベルWebサイトの作成] をクリック 5. [Web サイトのアドレス] で、[このURLの下にサイトを作成]にチェックを入れ、URLとして “RestoreTest” (例) と入力。 6. ユーザー名、Emailアドレスなどを入力し、OKボタンをクリック。7. [トップレベルサイトが作成されました]のページになれば、新しいサイトコレクションが作成できました。OKボタンを押して管理ページへ戻ります。 バックアップファイルの復元 1. コマンドプロンプトを開き、カレントディレクトリを以下のパスにします。  \Program Files\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\60\BIN 2. STADMコマンドの復元オプションでファイルから復元します。上記のサイトコレクションURLの例ですと、   stsadm -o restore -url http://<Server>/sites/restoretest  -filename <バックアップ ファイル名> -overwrite 3. 復元作業はサイトコンテンツのサイズによって数分から数十分かかります。4. 終了のコメントが表示されたら、そのURLを開いて、サイトが正しく復元できているかどうか確認します。 サイトを復元する際に、「有効なコンテンツデータベースがありません」と表示される場合 — 同じバックアップファイルを使用して2回以上復元作業を行ったとき、ひとつのコンテンツデータベースには2つ以上の同一なコンテンツを復元することはできません。メッセージにありますように、新規にコンテンツデータベースを新たに作成してから復元作業を行ってください。…

1

GroupBoardサイトのお引越しはどうすればよいの?

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。先週はBlogの更新をお休みしてしまい申し訳ありません。毎週金曜日を一応の目安にしているのですが、先週はずっと風邪気味でついに金曜日にダウンしてしまいまた。なんとか今週復帰したのはいいのですが、出社早々多くの方にうつしてしまったようで、会社では私の席を中心にして同心円状に風邪で新たにダウンする方がでるありさまでして・・・。申し訳ありませんです、ハイ。 さて、今回はまたある方面からのリクエストで、サイトのお引越しについての話題です。お引越しとはまた季節的にもぴったりな(?) 話題ですね。今回はリモートのマシンを使ってあるサーバーからあるサーバーへサイトを引っ越す方法を中心にお届けします。 1. Smigrateツールのご紹介お引越し自体はサイトデータのバックアップを行い、それをお引越し先に復元することで可能なのですが、GroupBoard および Windows SharePoint Services (以下WSS) では、サイトのバックアップ・復元について大きく分けて3種類の手法が用意されています。 a) SQLのデータベース自体のバックアップ・復元・・・WMSDEを使用してWSSをインストールしている場合でも、外部のSQLサーバーを使用してWSSをインストールしている場合にも、サイト上にあるリストのアイテム・ドキュメントなどはすべてSQLのデータベース上に格納されています。ゆえにこのSQLデータベースをバックアップして、他のSQLサーバーに移動し、引越し先のWebサーバー上でまたこのSQLデータベースからデータを読み出すように設定すれば、原理的にはお引越しは完了することになります。完璧な方法ですが、問題点としては 「WMSDEでは操作がコマンドラインでしか行えないので難しい」 「手順が煩雑」 「サーバーのマシン自体の管理者である必要がある」などが挙げられます。完全なサーバーの引越しをする場合で、SQLサーバーを使っており、さらにサーバー自体に管理者権限でログインできる環境ではお勧めの方法です。 b) STSADM.EXEによるバックアップおよび復元・・・STSADM.EXEは、WSSに含まれるコマンドラインツールで、サイト作成や削除、ユーザー管理などWeb上で行えるほぼすべての操作をDOSコマンドプロンプト上で行うことができます。また、これら一連の管理操作のひとつとして、サイトのバックアップおよび復元の機能をもっています。データベースとしてSQLサーバーではなくWMSDEを使っている場合や、定期的なバックアップを手軽に取りたい場合などに効果があります。このSTSADMを使用したバックアップおよび復元の方法については、GroupBoardの製品サイトに手順がありますので、こちらをご参照ください。このSTSADMコマンドを使う場合の問題点としては、サーバーのマシン自体に管理者権限でログオンして実行する必要がある点です。 c) Smigrate.exeによるバックアップおよび復元・・・上記2つの方法は、どちらもGroupBoardおよびWSSがインストールされているサーバーに管理者としてログオンする必要があります。サーバーを自分で作成した場合にはこれでもよいのですが、他の方が作成したサーバー上に自分のサブサイトを作成した場合、またはホスティングサービスなどを利用していてサーバー自体にログオンすることができない場合には、この Smigrateによる方法しかありません。このSmigrateを実行してサイトのバックアップを行うためには、そのサイトの管理者グループに属している必要がありますが、通常、サブサイトを作成する権限は管理者グループに付与されていますので、少なくとも自分で作成したサブサイトについてはこのSmigrateで引越し作業を行うことができるはずです。 と、Smigrateではお手軽に引越し作業が行えるのはよいのですが、反面、デメリットもあります。 x) サイトユーザーに関する情報が引き継がれない場合がある。サイトユーザー情報とは、ユーザーの表示名やユーザーの属する権限グループ、内部で使われるユーザーIDなどなのですが、Smigrateでの引越しの場合、引越し元、引越し先それぞれのサーバーで等しくユーザー登録が完了しているのが前提になります。同じサーバー内での移動の場合など、引越し元、引越し先でユーザー情報が同じ場合には問題はないのですが、ユーザー登録を引越し後に行う場合、あるいは異なるドメインに属するサーバー間での引越しの場合などでは、注意が必要です。 y) アイテムやドキュメントの作成者や最終変更者が変更される、または削除される場合がある。これは、上記の場合のように、アイテムやドキュメントに付随するユーザー情報が引っ越し先のサーバーで解決できない場合に起こります。この場合、リストのアイテムの場合は作成者は引越し作業を行ったユーザー、ドキュメントの場合は作成者や最終更新者は空白になります。ドキュメントライブラリなどではユーザー情報が重要な場合も多いので、少々注意が必要になると思われます。 今回はとくに自分で管理していないサーバー上の自分サイトのお引越しをする、というシナリオで Smigrate の使い方を実際に見てみましょう。 2. Smigrateツールのダウンロード SmigrateツールはWSSとは独立したツールとしてダウンロードすることができます。ダウンロードは以下のURLから可能です。(日本語のページも探したのですが、見つかりませんでした。ツール自体は英語ですが、日本語環境でも使用可能です。)http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=3df85705-5635-40db-adbe-e13ab8684a60&displaylang=en 解凍可能な実行形式ファイルでダウンロードされますので、クライアントマシン上で適切なフォルダへ解凍します。解凍先の既定のフォルダ名がなぜか “Project Server Resource Kit” になっているのですが、変更していただいてかまいません。 Smigrateツールの動作環境としてWindowsXPが含まれていないのですが、今回の Blog作成の確認では 日本語版WindowsXP SP2を使ってみました。 3. Smigrateツールを使ったサイトのバックアップデータの作成ツールの準備が整ったら、DOSのコマンドプロンプト上でSmigrateを実行して、まず引越し元のサイトからデータをバックアップします。書式は以下のとおりです。  Smigrate.exe -w http://<サーバーのURL>/<サブサイトURL> -f <バックアップファイルの保存先> 例えば、http://GroupBoard/Test というサイトのバックアップをc:\backupに作成するのであれば  Smigrate.exe -w http://GrouBoard…