GroupBoardのデータベースに関するFAQ ・ Office文書を開くときパスワード要求されるのはなぜ?

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。Blogばやりの昨今ですが、皆さんもご自分のBlogをお持ちですか?ある調査によると、日常的にコンピュータに接している20代の若者のうち約1/3は自分のBlogサイトをもっていて、メモ代わりに使ったり、日記として公開したりしているそうですが・・・私としてはなんとなく年齢のギャップを感じてしまう今日この頃です。(“20代の若者” という言葉遣いで年齢がばれてしまいそうです。) さて、今回は今までいただいた質問の中から、複数の方からのお尋ねのあった質問に答える Q&A のコーナーです。 Q1. GroupBoardで使うMSDEのデータベース容量の制限は2GB?GroupBoardをインストールする前には、まずWindows SharePoint Servicesをインストールする必要がありますが、このときに既定の設定では同梱のMSDEをデータベースとして利用することができます。ご存知の方も多いと思いますが、MSDE2000 (Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine) にはデータベースサイズとして2GBの制限が設けてあります。一方、Windows SharePoint Services (以下WSS) に同梱されているMSDEは、名称はMSDEなのですが正確には “SQL Server 2000 Desktop Engine(Windows)(WMSDE)” といって通常のMSDEにある容量制限が設けてありません。容量だけに関していえば、通常のSQL2000と同じ機能を持っているといえます。 しかしながら、このSharePointに同梱されているMSDE (以下WMSDE) には通常のMSDEやSQLにはない特別な制限があります。 1) ネットワーク上の他のマシンからWMSDEのデータベースにアクセスすることができない。2) WMSDEを実行しているマシン上でも、WSS以外のアプリケーションからWMSDEを使うことができない。 1) について実際に起こりうるシナリオとしては、データベースに関する管理タスクやセキュリティの設定をするために 他のマシンにインストールされている [SQL Enterprise Manager] を使ってWMSDEを操作しようとするとき、リモートで接続を確立することができない、ということになります。このような場合は、実際にWSSがインストールされているマシン (つまりWMSDEが稼動しているマシン)に [SQL Enterprise Manager] をインストールし、そのコンソール上で操作をする必要があります。2) については、WMSDEは容量制限のないSQL DBになりますので、代わりに利用できるアプリケーションを制限することで既存のSQL製品とのバランスを保っています。 Q2. SharePointのデータベースとしてSQL Serverを選択するメリットは?お手軽さでいえばWSS同梱のWMSDEはもっともよい選択肢なのですが、お手軽な反面やはりデメリットもあります。 1) 全文検索機能が利用できない 2) 管理が面倒 3)…