GroupBoard上でグラフを表示する

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。だいぶ遅くなりましたが、本年最初の GroupBoard Blog ですね。今年もよろしくお願いいたします。 さて、今回はある方面からのリクエストにお答えして、GroupBoard サイト上でグラフ表示にチャレンジしてみたいと思います。もう少し言えば、普段の業務に使っている MS Access のファイル (.mdb) 内のデータを Web上でリアルタイムにグラフ表示してしまおう、という内容です。これでサイトの見栄えもよくなりますし、データ閲覧のためにユーザーが自然と毎日サイトにアクセスするようになるので、GroupBoardサイトをグループウェアとして定着させることにも役立ちます。 (ちなみに GroupBoard 開発チームでは、開発中の製品の品質レベル推移をWeb上のグラフとしてチーム内で公開しています。) 大まかな手順としては 1) 必要なコンポーネントのインストール、 2) Webパーツの配置、 3) データ接続設定、4) グラフの設定 になります。 1. 必要なコンポーネントのインストールGroupBoard サイト上でグラフ表示するためには、「Office 2003 アドイン : Web Parts and Components」を GroupBoard サーバー側にインストールします。インストールの手順自体は Windows SharePoint Services とほぼ同じで、実行すると自動的にセットアッププログラムが起動して、ウィザード上で指定するオプションもほとんどなくインストールを完了できます。 2. Webパーツの配置次に、グラフを表示させたいGroupBoard サイトのトップページを開いて、グラフWebパーツ (パーツ名称は “Office ピボットグラフ”といいます) を配置します。 画面右上の 「共有ページの変更」をクリックし、そのサブメニューから 「Webパーツの追加」 – 「参照」をクリックします。 「参照するギャラリーを選択してください」のリストから、「仮想サーバー ギャラリー」をクリックします。 「Webパーツの一覧」から、「Office ピボットグラフ」をクリックし、ドラッグしたままトップページ上に貼り付けます。…

1