年賀状もやっぱりGroupBoardとはがきスタジオで

こんにちは、GroupBoard 開発チームです。とうとう12月になってしまいました。街はもうクリスマスの飾りつけでにぎやかです。こちらの職場でも、廊下の棚の上にはUSBで駆動するちいさなクリスマスツリーが飾られてます (スイッチを入れるとクリアケースの中で雪が降るというアレです)。来年のお正月にはUSBで駆動する鏡もちになっているのでしょうか?? お正月といえば年賀状、ということで、今回はGroupBoard お役立ちツールの取引先リストを年賀状作成に使ってみましょう。 取引先リストって何?  連絡先リストと違うの? 「GroupBoard お役立ちツール」は、GroupBoardを利用されている方なら無料でご利用いただける追加ソフトですが、これをサーバーにインストールすると通常の 『連絡先リスト』 より機能が豊富な 『取引先リスト』 が利用できるようになります。この取引先リストはあらかじめリストビューに50音順のインデックスをもっており、大量の連絡先でもすぐに探し出せるように工夫されています。また、新規登録のときには、通常の連絡先リストにはない自動氏名記入機能があります。もともとは企業の営業活動のサポートとして開発されたものですが、企業利用でなくても通常の連絡先リストをお使いであればぜひこちらへ乗り換えることをお勧めします。   取引先リストを年賀状ソフトと連携してつかうすでにGroupBoardをお使いのかたはご存知だと思いますが、GroupBoard上のリストはExcelと非常に相性がよく、データのやり取りは非常に簡単です。では、ここでは、取引先リストで 『2006年 年賀状送付』 というフィールドを作成して、そのフィールドがチェックされている方の住所と名前を年賀状ソフトに読み込ませることにしましょう。 新規にフィールドを作成する1) 取引先リストの画面左側の [操作] メニューから [設定と列の変更] をクリックします。2) カスタマイズページの [列] セクションの [新しい列の追加] をクリックします。3) [列名] に “2006年 年賀状送付” と記入し、列のタイプを [はい/いいえ (チェックボックス)] にします。4) [OK] をクリックして終了します。  既定で表示されるビューは [自分の取引先] なので、今作成されたフィールドが [自分の取引先] ビューに表示されていると思います。既定値は [いいえ] ですので、年賀状を送りたい方には編集ページでこのチェックボックスにチェックをいれます。次に、チェックの入った [自分の取引先] のみを表示するビューを作成してみましょう。このビューは年賀状を送るために年賀状ソフトで必要な情報を表示させることにします。使う年賀状ソフトはもちろん 『マイクロソフト はがきスタジオ 2006』 です (パチパチパチパチ~~)。 取引先リストで新規に『はがきスタジオ2006』用のビューを作成する1) 取引先リストの画面左側の [操作] メニューから [設定と列の変更]…