GroupBoard Workspace 2007がインストールされているときに WSS3.0の構成ウィザードでのアップグレードがエラーになる

梅雨も明けかけですが、また悲しいお知らせです。 GroupBoard Workspace 2007がインストールされているサーバーに対して、WSSのアップグレードを実行するとエラーになる現象があります。WSSではホットフィックスなどのインストールを行ったときに、コンテンツデータベースのアップグレードが必要なものがいくつかあり、ホットフィックスインストール時に [インストールが終わったら SharePointの構成ウィザードを実行せよ]とダイアログが表示されるものがあります。 ところが、GroupBoard Workspace 2007がインストールされている場合、構成ウィザードが [構成失敗] として終了することがあります。 現時点での回避方法は、[SharePointの構成ウィザード]を実行する前に一度 GroupBoard Workspace 2007をサーバーからアンインストールし、WSS単体になっている状態で構成ウィザードを実行してアップグレード処理を行い、成功したら再度 GroupBoard Workspace 2007をインストールする、という手順になります。 以前のバージョンのGroupBoard からGB2007へのアップグレードでもなかなかうまくできないことが報告されております。本当に皆様にご迷惑をお掛けして申し訳ありません。現時点では修正版を少しでも早くお届けできるように努力しております。