WSS 3.0: 基本インストールでCドライブにインストールされたデータベースを他のドライブへ移動したい

こんにちは、GroupBoard開発チームです。ニュースグループでご質問を受けた内容なのですが、今後も頻繁に質問を受けるかもしれませんので Blog で公開させていただきます。 WSS 3.0を既定でインストールしますと、データベースファイルはCドライブのWindowsディレクトリ以下に作成され、通常の方法では移動することができません。これを容量に余裕のある他のドライブに移動したいと考えるユーザー様も多いと思います。 以前のバージョンでは、以下のように手順が公開されておりました。Microsoft Windows SharePoint Services データベースの移動http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/windowsserver2003/technologies/sharepoint/movewsdb.mspx 今回は、上記の手順を参考にして、WSS 3.0用に手順を書き直してみました。 1) SQLコマンドラインツールをインストールする使用中のデータベース名とパスを確認する今回のWSS 3.0 内蔵データベースは手順で必要となるSQLのコマンドラインツールが付属していないので、別途ツールのみをインストールします。今回は無償で入手できる SQL Server 2005 Express Editionを使うことにしました。      i)  マイクロソフトのダウンロードセンターから、”SQL Server 2005 Express Edition SP1″をダウンロードします。  ii)  インストール中のコンポーネント選択画面で、[クライアントツール]のみを選択してインストールします。   2) 使用中のデータベース名とパスを確認するWindows SharePoint Services を既定でインストールすると、\WINDOWS\SYSMSI\SSEE\MSSQL.2005\MSSQL\Data ディレクトリにデータベース ファイルが格納されます。このディレクトリに次のファイルが格納されていますので、まずこれらの名前を確認します。(GUID) には実際には32桁の一意な英数字が入ります。 SharePoint管理サイトのコンテンツデータベース    – SharePoint_AdminContent_(GUID).mdf    – SharePoint_AdminContent_(GUID)_log.LDF SharePointサイトの構成データベース    – SharePoint_Config_(GUID).mdf    – SharePoint_Config_(GUID)_log.LDF SharePointサイトのコンテンツデータベース    – WSS_Content.mdf    – WSS_Content_log.LDF 検索データベース(複数個存在する場合あり)…

1