Blogでのメール受付からニュースグループへ

こんにちは、GroupBoard開発チームです。前回からまた時間がたってしまい、まだアップグレード作業のご案内途中なのですが、ここでお知らせです。 このBlogでは当初からみなさまからのメールを直接いただいき、できる限り返信するように努めてまいりました。これは GroupBoard自体があまり知られていない製品であったこともありますが、ユーザー様にとってよりどころになる情報があまり多くなかったことも影響しております。ユーザー様には質問の回答をメールで返信し、ユーザー様がこまった点や悩んだ点をBlog上で紹介することで、同じ悩みを持つユーザー様の手助けになれば、という意図もありました。 以前のバージョンのGroupBoard Workspaceではそのような”家内制手工業的”なサポートでも問題はなかったのですが、今バージョンになり状況は少し変化してまいりました。GroupBoard Workspace 2007 が無償ダウンロードになり、Windows SharePoint Services と合わせて高い機能をもつコラボレーションのソリューションが簡便に作れるようになりました。the 2007 Office Systemもいよいよみなさまの手元にとどくというこの段階になりまして、非常にうれしいことに、過去これまでにないほどにメールをいただくようになりました。 ユーザー様の質問レベルも上がり、当初予期していたような「簡単に手順をお知らせする」といった内容は少なくなり、ADやExchangeも含めたシステム構成としての質問も目立つようになりました。一方では、コーディングを含めた機能を実装しようとするユーザー様など、高度な質問も増えまして、それぞれのユーザー様への個別の案内では対応できない部分も出てまいりました。 また、よく聞かれる質問や、一般的な質問についても継続していただいておりまして、サポートメールの内容をそのまま皆様へのヒントになる方法がないかと思案しておりました。 このようないきさつから、Blog上でのメールの受付を今後取りやめさせていただき、かわりに、ニュースグループ上での公開された質問に対しまして、回答できる質問については、「GroupBoard開発チーム」のIDでコメントさせていただくことにいたしました。(ただし、Blogと同じように発言内容がMicrosoftとしての公式な見解ではなく、内容が保証されることはありません。) GroupBoardのニュースグループは以下のURLになります。 http://www.microsoft.com/japan/communities/newsgroups/browser/default.mspx?dg=microsoft.public.jp.groupboard Outlook Expressなどのニュースグループリーダー機能のあるクライアントソフトでは、サーバー名として[msnews.microsoft.com]、ニュースグループとして[microsoft.public.jp.groupboard]を指定してください。 今までメールをいただいた方には大変申し訳ないのですが、今後は上記のニュースグループを盛り上げていくために活用をよろしくお願いいたします。また、困っているユーザー様の質問に回答できるときには、ぜひご助言をお願いします。   最後ですが、このBlog自体は今後も(来年も)継続していく予定ですので、これからもよろしくお願いいたします。 年内はこれが最後の更新となりました。みなさまもよいお年をお迎えください。   コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。


既存のGroupBoardのアップグレード (4) Windows SharePoint Services 3.0のセットアップ

続いて、Windows SharePoint Serviesもセットアップしましょう。 サイト復元の確認に使用したサイトコレクションを削除していない場合 — 復元の確認に使ったサイトコレクションはここで削除しましょう。アップグレードに余計に時間がかかりますし、状況によっては以下の問題が出る場合があります。 KB923904: Windows SharePoint Services 3.0 に Windows SharePoint Services 2.0 をアップグレードするとき、エラー メッセージ:「終了する必要がある Prescan.exe によって更新されないで一つ以上の一覧がアップグレードで発生しました」 (機械翻訳) http://support.microsoft.com/kb/923904/ja   さて、現在のGroupBoardがx86版のWindows上で動作していますので、今回の Windows SharePoint Servies v3 もx86版をセットアップします。Windows SharePoint Services 3.0 – 日本語 (x86版)http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=D51730B5-48FC-4CA2-B454-8DC2CAF93951 セットアップを進めると、すでにこのコンピュータにはWSSv2がインストールされていますので、アップグレードのオプションを選択する画面になります。今回は基本的なアップグレードの「一括アップグレード」でWSSをアップグレードすることにします。 この時点で一番上のオプションの「段階的アップグレード」が選択できない状態ですが、これはデータベースにWMSDEを使用しているためです。データベースとして SQL2000/2005を使っている場合には、「段階的アップグレード」も選択可能になっていると思います。一括アップグレード以外の方法については、今後また取り上げて行く予定です。 次に進むと、[セットアップの警告]というダイアログが出ます。サードパーティ製品がインストールされているので・・とのことですが、ここでいうところのサードパーティ製品とはGroupBoardのことになります。 同じマイクロソフトなのにサードパーティと言われてしまうと少し悲しいのですが、ここは「正しいアップグレード手順を確認」しながら進めていますので、OKをクリックして進めます。 なお、このダイアログの文面どおり、WSSのアップグレード直後はGroupBoardのサイトは機能していません。これは、WSSv3に対応した GroupBoard Workspace 2007をインストールし、さらにサイトをアップグレードする作業が必要なためです。 OKをクリックすると、順調にファイルのコピーが始まります。 セットアップが終了すると、以下のダイアログになります。  ここで、すぐに「閉じる」ボタンをクリックしないでください。 アップグレードの場合、この時点で「PreScan」という作業をする必要があります。ヘルプなどには一応記載はあるのですが、セットアップ中にはほとんど気がつかないので、このまま作業を進めても途中で失敗のメッセージが表示され、この時点からやり直しする必要があります。(失敗してやり直しをすればOKです)。 ここでは、上記ダイアログを開いたままでコマンドプロンプトを開き、[\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Server Extensions\12\BIN]のディレクトリに移動します。 (“Web Server…

1

既存のGroupBoardのアップグレード (3) .NET Framework 3.0のセットアップ

さて、準備は整いました。次に、必須コンポーネントの.NET Framework 3.0をインストールします。 Microsoft .NET Framework 3.0 再頒布可能パッケージhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=10CC340B-F857-4A14-83F5-25634C3BF043&displaylang=ja ダウンロード時間も含め、.NET Framework 3.0のインストールには結構時間がかかる場合があります。気長に待ちましょう。 インストールが終了したら、確認のために [インターネット インフォメーション サービス マネージャー]を開きます。[Webサービス拡張]のノードを開き、[ASP.NET v2.0.50727]が表示され、[状態]が[許可]になっていることを確認します。 [Webサービス拡張] に [ASP.NET v2.0.50727] が表示されていない場合 — インストールの順番やIISの設定によって、.NET Framework 3.0のセットアップ時にIISへの拡張が行われない場合があることがあります。このような場合、コマンドラインでIISへの登録を行うことができます。  1. コマンドプロンプトを開き、カレントディレクトリを [\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727]にする。  2. 以下のコマンドを実行       aspnet_regiis.exe -i コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。