既存のGroupBoardのアップグレード (2) バックアップファイルの確認

前回はアップグレードインストールに備えて、既存の環境のバックアップをしました。ここですぐにWSSをインストールしたいところですが、取得したバックアップファイル本当に正しく復元できるかどうか、既存の環境で確認したいとおもいます。 バックアップしたファイルを元のサイトに書き戻すと本当に復元できたかどうかわからなくなりますので、ここでは新しいサイトコレクションを作成してそこへ復元してみることにします。 新しいサイトコレクションの作成 1. サーバーの [スタート] – [管理ツール] – [SharePoint のサーバー管理] と開きます。2. [仮想サーバーの構成] セクション以下の、[仮想サーバーの設定の構成] をクリック。3. [仮想サーバーのリスト] で [既存のWebサイト] (または使用するWebサイト)をクリック。4. [仮想サーバーの管理] セクションの [トップレベルWebサイトの作成] をクリック 5. [Web サイトのアドレス] で、[このURLの下にサイトを作成]にチェックを入れ、URLとして “RestoreTest” (例) と入力。 6. ユーザー名、Emailアドレスなどを入力し、OKボタンをクリック。7. [トップレベルサイトが作成されました]のページになれば、新しいサイトコレクションが作成できました。OKボタンを押して管理ページへ戻ります。 バックアップファイルの復元 1. コマンドプロンプトを開き、カレントディレクトリを以下のパスにします。  \Program Files\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\60\BIN 2. STADMコマンドの復元オプションでファイルから復元します。上記のサイトコレクションURLの例ですと、   stsadm -o restore -url http://<Server>/sites/restoretest  -filename <バックアップ ファイル名> -overwrite 3. 復元作業はサイトコンテンツのサイズによって数分から数十分かかります。4. 終了のコメントが表示されたら、そのURLを開いて、サイトが正しく復元できているかどうか確認します。 サイトを復元する際に、「有効なコンテンツデータベースがありません」と表示される場合 — 同じバックアップファイルを使用して2回以上復元作業を行ったとき、ひとつのコンテンツデータベースには2つ以上の同一なコンテンツを復元することはできません。メッセージにありますように、新規にコンテンツデータベースを新たに作成してから復元作業を行ってください。…

1

既存のGroupBoardのアップグレード (1) まずはバックアップをとりましょう

こんにちは、グループボード開発チームです。 前回はダウンロードのページもお伝えしたことですし、早速 GroupBoard Workspace 2007のインストールをしたいところではありますが、既存のGroupBoardが動作しているサーバーにインストールする際には、作業の失敗も考えて必ずバックアップを取りましょう。実際のアップグレード作業は (サイトのサイズにもよりますが) 数日から数日間かかります。その間に予期せぬネットワーク障害や電源障害などでアップグレードプロセスが失敗した場合には、再度以前のバージョンのGroupBoardに戻してアップグレードを再開する必要がある場合があります。このときにサイトコンテンツのバックアップがないと、以前のサイトに戻すことができないので、最悪の場合すべてのデータを失う可能性もあります。 (ご注意) GroupBoard Workspace 2007 では以前のバージョンのGroupBoardからのアップグレード機能がありますが、すべての場合において100%成功するものではありません。また、アップグレード失敗におけるコンテンツデータの消失については保証いたしかねます。

3

GroupBoard Workspace 2007 ダウンロード提供開始!!!!

こんにちは、GroupBoard開発チームです。そしてみなさま、ほんとうにお久しぶりです。やっと、GroupBoardの新しいバージョン、 「Microsoft GroupBoard Workspace 2007」をみなさまにおとどけできる瞬間がやってまいりました。今まで数回ほど、ご紹介する機会がありましたが、今度は完全なリリース版としてお届けできることを、うれしく思います。 今回のバージョンでは、こんな大きな変更があります。 ① Windows SharePoint Services 2007 および Office SharePoint Server 2007に対応      新しいSharePoint テクノロジーを使ったリッチでクールなリスト、サイトたちが使えます。 ② タイムカード、組織図など新機能の拡充  以前のBeta版でもご紹介しましたが、皆様にご好評の新機能が搭載されております。 ③ そして、GroupBoardは無償提供となりました!    より多くのかたに触って、試して、使っていただけますように、無償でダウンロードになりました。 インストーラー自体は先週の金曜日に弊社ダウンロードセンターからダウンロード可能になっております。この Blogをお読みのみなさまにも、すでにインストールを開始された方がいらっしゃるかもしれませんね。 「Microsoft GroupBoard Workspace 2007」は以下のページから入手可能です。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4c32235f-e061-4b99-bd66-68ecf3ce125e&DisplayLang=ja リリースもされましたので、今後はこまめにこの Blogもアップデートを行って行きたいと思っております。今後は、まずはインストールの概要から、また既存のGroupBoardをお持ちの場合のアップグレードの際の作業のながれなど、ご紹介していこうと考えています。機能についての詳細については、以前のバージョンの GroupBoardの比較などを交えながら、なるべくたのしく、ためになる内容をお届けしたいと思っております。 こんごとも、GroupBoard、およびこの Blog をなにとぞよろしくお願いいたします。   コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

3