PDC10 Japan 一週間前

来週、11月25日(木)-26日(金)は、PDC10 Japan です(実は日本で初めての PDC)。 Azure は、Web に掲載されている通り、US PDC の中から厳選した以下の6セッションを実施します。ご興味あれば、ご参加下さい。   11月25日(木) ■12:20-13:20 テクノロジで切り拓く新しいオポチュニティ  平野さんがこの PDC10 Japan のオープニングを飾ります(何を話すかはまだ知りません)。 ■13:50-15:00 クラウド開発に障壁なし ~ Visual Studio 2010 と最新 Azure SDK ~   最新の Azure 開発環境を佐藤直樹さんが、説明します。 ■15:20-16:30 広がる移行パターン ~ Windows Azure ロールの機能拡張 ~  関田が管理者モードと VM ロールを説明します。 ■16:50-18:00 .NETだけじゃない! Windows Azure Platform の多言語対応  佐藤直生さん(樹と生だけの違いだけど、中身は全く違う)が、.NET 以外の Azure 開発を説明します。 11月26日(金) ■12:20-13:10 NEC とマイクロソフトによる「実現力! クラウド」最新情報…

0

Adaptive Streaming with Windows Azure Blob Uploader

Azure で Smooth Streaming を利用できないかというご質問を頂きますが、以下のような対応できそうです。 Adaptive Streaming with Windows Azure Blobs and CDN タイトルを見ておわかりの通り、手放しで Smooth Streaming を利用できるという訳ではないのですが、いつもの Big Buck Bunny が、出張中のホテルの無線 LAN でもきれいに見えます。   通常の方も期待できそうです。。。 >>The Windows Azure team is still committed to running full IIS Media Services within Windows Azure web roles in the future.

0

ようやく SQL Azure の Web 管理ツールが CTP

先週の話なので、既に知っている人も多いかと思いますが、日本でも多くのフィードバックを頂いたポート 1433不要の、SQL Azure 管理ツールが CTP となりました。 https://manage.sqlazurelabs.com/ フィードバックをどんどんして頂ければと。こんな感じの Silverlight UI です。  

0

SQL Azure での MARS サポート

先週の話題で恐縮ですが、MIX で MARS のサポートの話もありました。ご質問頂いた方、4月からですので、機能公開後に試してみて下さい。容量が 50GB の話は6月ですが、早期評価も受け付けています。

1

Windows Azure セミナー、全国7都市で開催

いずれも各支店にあるセミナー ルームを利用しますので、会場はそんなに広くないです。ご興味ある方はお早めにお申し込み頂ければと。   2010年3月11日(木) 大阪 終了いたしました 2010年4月20日(火) 広島 詳細・お申し込み 2010年5月19日(水) 仙台 詳細・お申し込み 2010年5月20日(木) 福岡 詳細・お申し込み 2010年5月25日(火) 高崎 詳細・お申し込み 2010年5月31日(月) 札幌 詳細・お申し込み 2010年6月1日(火) 名古屋 詳細・お申し込み   時間は共通で、13:30~17:00(13:00受付開始)です。詳細はこちら。

0

Virtualization Summit 最終日

東京、名古屋ときて本日が大阪会場での開催です。タイトルが「今明かす、Windows Azure の全貌」と期待を持たせる感じではありますが、セッション時間は50分。この50分で機能概要、事例、インフラ説明、管理の概要的な話を混ぜつつ、価格とか購入の話とか入れ込んで全貌をご理解頂こうとやっておりますが、なかなか50分にはおさまりませんね。。。 消化不良の方がいらっしゃったら、すいません。そういう方は是非、Azure の製品サイトをご覧ください。   スライドはこちらです。

0

直近のセミナー

長らく顧客訪問ばかりに時間を割いていましたが、Tech Days も終わったところで少し、他のところにも目を向けて。。。   Tech Days にご参加された数名の方から、会社の他のメンバーの方が参加するための Azure 関連のセミナーは予定されていないかというご質問を頂きました。我々が絡んで実施される Azure のセミナーは、直近では、   3/11 13:30-18:00 Windows Azure で始まるクラウド コンピューティング(大阪) 3/11 10:00-12:30 CloudBootStrap セミナー&ハンズオン(東京) 3/11 15:00-17:30 CloudBootStrap セミナー&ハンズオン(東京) 3/12 10:00-12:30 CloudBootStrap セミナー&ハンズオン(東京) 3/12 15:00-17:30 CloudBootStrap セミナー&ハンズオン(東京) 3/12 10:00-18:25 Microsoft Virtualization Summit (東京) 3/15 10:00-18:25 Microsoft Virtualization Summit (名古屋) 3/18 10:00-18:25 Microsoft Virtualization Summit (大阪)   です。既に満席のものもありますが、上記には野村さん、砂金さん、もしくは関田がいますので、ご都合あえばどうぞ。 他の都市も計画中です。。。

0

Shared Access Signature

Tech Days にご登壇頂いたパートナーさんに、”Shared Access Signature” の話を聞き、そういえば試してなかったし、存在さえ忘れていたので、試してみました。   パブリックなのでいつでも参照可能なコンテンツ(public) 3月4日(木)20:49:54 まで参照可能なコンテンツ(Shared Access Signature) 3月13日(水)20:49:54 まで参照可能なコンテンツ(Shared Access Signature) ※上記のリンクは3月14日以降の適当な時に削除   blob のアクセス権は、public or private の読み込み設定が提供されていますが、昨年の夏に、“Shared Access Signature” が追加されています。”Shared Access Signature” は、書き込みや削除等も含めたアクセス権を、細かく設定できる方法です。ただ、最初に覚えておく必要があるのは、ユーザーを識別する訳ではなく、URL のパラメータ部分で識別するということです。パラメータには、”開始時間&終了時間&アクセス権&署名” が追加されます。また、あらかじめコンテナに設定されたポリシーをベースにする場合、”アクセス権&ポリシー名&署名” がパラメータになります(上記のリンクは、後者です)。どのような権限設定があるかというと、   ー コンテンツ/リスト/プロパティ/メタデータの読み込み/書き込み ー 削除 ー リース ー スナップショット作成 ー コンテナ内 blob の列挙   ができます。利用する際には、コンテンツ提供側は、上記の操作、アクセス権を付与する時間等の文字列情報を元に署名を作成します。URL だけで書き込みができてしまうことを考えると、最小限のアクセス権、最小限のアクセス時間で利用するのは必須となります。   コードで試したのですが、試し終わってから、myAzureStorage の存在を思い出して見てみたら、やっぱりありました。すごく簡単、コード不要。。。   いちお、コードも記述しておきます。以下は、コンテナに設定したポリシーと同様のアクセス権を持つ blob の署名を作成する例です。blob…

0