まっちゃ445勉強会

まっちゃ445勉強会にて、使用した資料を添付しておきます。  #ほとんどの方が Windows Azure のことをご存じで、うれしい限りでした 20091128_Azure_Hyper-V.pptx

0

無償評価期間もそろそろ終わります。。。

隣に座っている砂金さんと比べて、すっかりブログから遠ざかっているのですが、そろそろ Windows Azure もラウンチの時が迫ってきており、CTP での無償評価期間が終わろうとしてます(11月16日が ID 発行の最終日の予定です)。 ということで、まだご評価していない方は、是非、お申込み下さい。残念ながら、現在、invitation code の即時発行ではなく、メール ベースでの発行で、少しお時間がかかりますが、code がくれば、用意されたプロジェクトをアップロードすることで、テストは可能です(Visual Studio も不要です)。 ブラウザのみで可能な Windows Azure の評価手順はこちら(手を抜いて、砂金さんのブログへのリンクです)。 FabrikamWebSite.zip

0

invitation code 即時発行

今まで数日お待たせしていた Windows Azure の invitation code ですが、即時発行が可能になりました。 Connect サイトに登録し、Windows Azure Platform のページから、”プロダクト キー” のページに移り、キーを要求することでキーが発行されます。メールも不要のこと。 まだ Windows Azure を利用したことない方は、是非、こちらに!   ちなみに、現状、既に invitation code をとっている Live ID でも新規に追加ができるようになっていますので、hosting が1つ、storage が2つ、新たにプロジェクト作成できるようになります。

0

TechEd Japan 2009:Azure 関連セッションは。。。

いくつか Azure 関連セッションはありますが、まずは初日(8月26日)のこちらは必見かと。 T6-201:マイクロソフトの最新/次世代技術と現在/未来のビジネスへの適用可能性 ご登壇する方が多くいらっしゃいますので、詳細な話を聞けないかもしれませんが、事例のデモがきっとおもしろいはずです(私もまだ見ていないのですが)。後は最終日(8月28日)に、 T2-402:クラウド コンピューティングでアーキテクチャ原則や開発パラダイムはどう変えるべきか? があります。皆さんご存じの萩原が、いつもの感じでクラウド時代の開発技術を話します。そして、このセッションで少し疲れてしまった方のために、 T1-310:Windows Azure Platform 概要とテクノロジ があります。私のセッションは、プラットフォームの全体概要的な話ですので、特に開発者の方向けという訳ではなく、IT Pro, アーキテクトの方でも、まだ Azure をご存知でない方に、機能の話とどのような技術が組み込まれているかをお話しさせて頂きます。そして、開発者の方向けには、その後の、 T2-203:Azure 開発概要。クラウド時代のアプリケーション開発者として身につけておくべき基礎 があります。席が隣の砂金が行うセッションですから、聞いていて楽しいものになると想像されます。   とセッションはこんな感じですが、Azure 関連の BOF については、27日に集まっています。こちらは主に MS 以外の有識者の方々が話しますので、より実践的な話が聞いて、ディスカッションできる場になるでしょう。27日は是非、BOF に注目して下さい。 では、パシフィコ横浜で。

0

PDC09:今年は Windows Azure Platform のラウンチです

明日から日本では、TechEd ですが、米国の PDC が11月17日-19日にロスアンゼルスで開催されます。 既にサイトもオープンしており、登録も可能ですが、日本からのツアー情報も株式会社PTS様のサイトに掲載されています。今年はもちろん、Azure のラウンチが中心になるとは思いますが、Visual Studio 2010/.NET Framework 4.0、Office 2010 開発の話も紹介される予定です。 昨年の日本のお客様向け ”マイクロソフト特別セッション” では、キーノートにも登場した Don Box から Oslo の話をさせて頂きましたが、今年は、Azure 担当者を交えてご参加する方々とディスカッションができればと。 ご都合が付きましたら、是非、ご参加下さい。 #私も参加するはずです。。。

0

価格と SLA

Azure Services Platform 改め Windows Azure Platform の価格と SLA の概要が発表になりました。 価格については提供されるサービスを考えると、想定したよりも安い印象はありますが、単品の価格というよりも、実装するシステム全体、開発環境等、全てを含めて考えて頂ければと。 とり急ぎ。

0

Microsoft SQL Azure へ

SQL Server の blog でアナウンスされていますが、SQL Services が、SQL Azure に名称変更になりました。それに伴い、SQL Data Services も、SQL Azure Database へ変更になります。 早速、Azure ポータルの方は名称が変更になっています。まだ MSDN とかは追いついていないですが。。。 ReMIX のセッション スライドを変更せねば。

0

現実はどうなの?

@IT さんのサイトに、現実はどうなの? クラウドと Windows Azure という QA 記事が掲載されました。 まだ、サービス リリースしていませんので、答えられない内容も多いのですが、秋のリリースに向けて、いろいろと明らかになっていきます。 1つ大きい話として、価格と SLA の話がありますが、来週、米国にて開催されるパートナー様向けのカンファレンスで発表する予定になっています。年に一度開催されるカンファレンスですが、360ものセッションがある大がかりなセッションです。サイトを見てみると、 SS006 Azure Services Partner Model and Pricing Presenters: Michael Maggs, Dianne O’Brien Tue 7/14 | 3:30 PM-4:30 PM | 220-222 とありますから、14日には、発表されそうです。残念ながら私は参加しませんが、レポートはいろいろなメディアから出ると思いますから、ご興味のある方はウォッチしておいて下さい。

0

ホワイトペーパー追加 ~ せっかくですので読んで下さい

マイクロソフトの会計年度も本日で変わり、Azure 元年となる今期は、具体的にいろいろやっていければと、考えている最中です。とは言っても 7/16 には ReMIX、8/26-28 には TechEd が実施されるため、その準備を急がなければならない状況というのが実情ですが。。。がんばります。 さて、英語のコンテンツとしては、公開されたから半年以上、経過していますが、技術的に Windows Azure を知って頂く上で、必要と思い、ホワイトペーパーをいくつか翻訳しましたので、よろしければ読んで下さい。 お時間のない方は、是非、Windows Azure の概要だけでも。。。   Windows Azure の概要(Introducing Windows Azure) Windows Azure テーブル – テーブル ストレージのプログラミング Windows Azure ブロブ – ブロブ ストレージのプログラミング Windows Azure キュー – キュー ストレージのプログラミング   上記は、MSDN の Windows Azure サイトからリンクされています。

0

そろそろ始める? クラウド プログラミング

クラウド関連の議論は未だ、メディア上でも、様々なセミナーでも、企業内においても収束する気配はありません。ただ、さすがに「クラウドとは?」という話は最近ではなくなりつつあり、クラウドに向けた事業プランの話をするベンダーが多くなってきた印象を受けます。もちろん、すぐにサービスを開始するか否かは各々、異なるかとは思いますが、具体的になってきた分、少しずつ方向性は見えてきている感じがしています。 と考えつつ、セミナーのスライドを作成しているのですが、それは置いておきまして。。。 普段、技術的な面で主にお世話になっている株式会社アークウェイの森屋さんから、Windows Azure トレーニング コースのご連絡を頂きました。間違いなく、日本では最初に Azure のトレーニングを提供することになるかと思います。森屋さんのことなので、プログラミングにフォーカスしたエッジな内容なのかと推測します。リリース前ですので、すぐにサービス構築という訳にはいかないと思いますが、今後、技術的なご評価をして頂く場合には、有用かと思います。 ご参考まで。

0