12月19日のクラウド技術セミナーで紹介したデータの出典について

先週弊社品川本社にて開催されました、『クラウド技術セミナー:「Windows Azure 対応サービス設計のツボ」』にご参加いただいた皆様、年末のご多忙のなかにもかかわらず半日おつきあいいただきありがとうございました。 残念ながらご都合がつかなかった、あるいはセミナーのご案内自体が届かなかった(大変申し訳ありません)方々にはこちらのセッション資料を公開いたしましたので、ご参考にしていただければ幸いです。(12/26現在 私のセッションタイトルが『Windows Azure 対応 サービス設計のツボ』となっておりますが、正しくは『Windows Azureの歩み・現在、そしてこれから』です。早めに修正する予定ですが、混乱させてしまった方にはお詫び申し上げます。)http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx#s144 それで本題ですが、『Windows Azureの歩み・現在、そしてこれから』スライドを作成するにあたり、いくつかの公開資料を基に現在のWindows Azureの性能値などを紹介いたしましたので、以下にご参考までにまとめておきます。 1. Windows Azure Compute について: 7 Things to Know About Windows Azure Capacity http://technet.microsoft.com/en-us/cloud/Gg663909 Windows Azure Training Kit – December 2011 Update http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=8396 「Presentations」より、 WindowsAzureCompute.pptx Introduction to Windows Azure: the cloud operating system https://channel9.msdn.com/Events/BUILD/BUILD2011/SAC-852F 2. Windows Azure Storage について: Inside Windows Azure storage:…

0

地球上で最も贅沢なAzure 入門セミナー!「Learn Windows Azure」オンラインセミナーのお知らせ

前回と同様セミナーのご案内ですが、今回はマイクロソフト本社主催で行われるオンラインイベント、「Learn Windows Azure」(太平洋標準時で12月13日(火)9:00 AM – 5:00 PM)のお知らせです。 http://www.learnwindowsazureevent.com/ 日本だと・・・12月14日(水) 2:00 AM – 10:00 AM ですね。 あぁ、でも後でオンデマンドでも見る価値はあると思います。何せScott Guthrie、Dave Campbell、Mark Russinovich の3巨頭揃い踏み。 「誰だっけ?」という方のために簡単に紹介しておくと左側から、 Scott Guthrie – Windows Azure プラットフォームの開発チームのトップ。Windows Azure SDKやWindows Azure Tools for Microsoft Visual Studioなどの開発ツールは彼の指揮の下にあります。SilverlightやASP.NET MVCのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、今はマイクロソフトの PaaS 戦略をドライブするキーマンの一人です。 Dave Campbell – マイクロソフトのテクニカル フェローにして、SQL Serverの父とも言える存在。もちろんSQL Azureの設計・開発も指揮しています。今年2月に来日し、その時の講演の様子がここで見られます。http://www.microsoft.com/japan/sqlserver/2008/r2/fact/event/default.mspx Mark Russinovich – 「Windows Internals」(翻訳では第4版が最新)の共著にあるように、Windows の最深部に精通している数少ないエンジニアの一人。彼もまたマイクロソフトのテクニカル フェローであり、Windows Azure でもファブリックコントローラーなどのコア技術の設計・開発を指揮しています。彼の「Inside Windows…

0