BidNow : Windows Azure サンプルアプリケーション その1


と、言いつついきなりサンプルの紹介で恐縮ですが、どうも実際に動かしている方が少ないようなので、ご容赦を。

BidNowというWindows Azure のサンプルアプリケーションについてご存じでしょうか?

以前から Windows Azure Platform Training Kit (このブログを書いている時点の最新版はこちらです)のサンプル セクションでリンクとともに紹介されているので試した方もいらっしゃると思います。

(まだの方はぜひダウンロードしてみてください。→ こちらから)

フロントの画面はこういうのですが:

BidNow_FrontUI

簡単に説明すると「ゲームパッケージソフト仕入れのためのオークションサイト」です。つまり、制限時間内に一番高い値段をつけた人がそのゲームを購入する権利を持つ、という趣旨のWeb アプリケーションですね。

シナリオ的に現実感があるかどうかはともかく、以下のような技術を使って作成されています:

  • Windows Azure
  • Windows Azure storage (e.g. blobs and queues)
  • SQL Azure
  • Windows Azure AppFabric Caching
  • Windows Azure AppFabric Access Control
  • OData
  • Windows Phone 7

Windows Azure AppFabric はCTPのもの(このブログを書いている時点の最新版はこちらです。Windows Live IDによるサインインが必要)を使っているので、契約は必要ありません。当然課金もされません。(その代わりSLAもないですが。)
Windows Phone 7はオプションです。PCだけで試せます。第一まだ日本で販売されていませんし(笑)。

「Hello, Azure」はとっくに済ませてしまったよ、実際にAzureで構築されたサイトも(あれとかこれとか。他にもたくさん)見てみたけど、で、自分でも何か作成してみたいけどお手本となるようなサンプルはないかな~と思われている方はぜひBidNowを試してみてください。

で、これだけでは単なる紹介なので、続くエントリーではインストール ドキュメントを補完する形で(ダウンロードしたBidNow.exeを実行すると指定のパスにファイル群が解凍されますが、その中にMS Word形式のドキュメントがあります)、実際に動かすところまで説明してゆきたいと思います。特にゲームアイテムをbidするためにYahoo IDとFacebook ID(Facebook IDはオプションですが)で認証しないとならないので、そのあたりも説明を加えておきます。

では、Yahoo ID(米国のです)と可能ならFacebook IDを用意しておいてください!お持ちの方はそのまま同じものが使えます。


Comments (0)

Skip to main content