VS魂 100連発! コンテンツ インデックス


(7月11日更新)

Visual Studio を愛してやまない日本マイクロソフト エバンジェリストチームによる

「VS魂 100連発」(ぶいえす だましい 100 れんぱつ)。

 

このエントリでは、VS魂 100連発のの 100回分のコンテンツ(+追加の2コンテンツ)を紹介します。

 

※ コンテンツインデックスのリンクを3月21日より YouTube に切り替えました。UStream でも引き続きライブ配信、ならびにオンデマンド配信を行っています。

※ 4月11日から、マイクロソフトのビデオ配信チャンネルの一つである Channel9 での公開も開始しました(Channel9 における VS魂 のページ)。登録ビデオはまだ少ないですが、データのダウンロードを行っていただけます。

 

 VS100-001 シングルページアプリケーションで始める最新ASP.NET Web 開発 by 井上章

VS魂100連発シリーズの記念すべき第1回目では、はじめに弊社エバンジェリストリードの長坂が開発者のみなさまへ熱いメッセージを語ります。その後、エバンジェリスト井上章より、ASP.NETの最新アップデート “ASP.NET and Web Tools 2012.2” と、新しく加わったプロジェクトテンプレート「シングルページアプリケーション」のデモを紹介します。

[参考情報]

ASP.NET and Web Tools 2012.2 製品版 (RTM) リリース!

http://blogs.msdn.com/b/chack/archive/2013/02/19/aspnet-web-tools-2012.2-released.aspx

 

VS100-002 Windows ストアアプリ XAML/C#でHello World 、新しいアプリケーション by 大西 彰

Windows 8とWindows RT から 「Windowsランタイム」というアプリケーションプラットフォームを利用してWindows ストアアプリが作成できます。デスクトップアプリとは異なる新しいアプリモデルです。このビデオでは、C# と XAML を使って[新しいアプリケーション]テンプレートを利用し、async-awaitを利用して、MessageDialogの非同期メソッドを呼び出し、入力した文字をエコーバックするアプリを作成する方法をご紹介します。

[参考情報]

"Hello, world" アプリを作成する (C#/VB と XAML を使った Windows ストア アプリ) (Windows)

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/xaml/hh986965.aspx

 

VS100-003 Windows ストアアプリ、XAML/C# 基本ページを使う by 大西 彰

 Windowsストアアプリの開発でよく使う「基本ページ」についてご紹介します。フル・フィル・スナップ・ポートレートと、画面状態の変更を必要とするアプリは「基本ページ」を使うと便利です。 関連URL: ページ コントロール項目テンプレートの追加 (C#/VB/C++ と XAML を使った Windows ストア アプリ) (Windows)

[参考情報]

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/jj655407.aspx

 

VS100-004 VS2012 ではじめる Windows Phone アプリケーション開発がすごい件(前編) by 高橋 忍

新しい、Windows Phone 8 SDK はVisual Studio 2012がベースとなっています。これまで培われてきた高機能な開発環境がさらにVisual Studio 2012をベースに構築されることにより、さらに開発が進めやすくなりました。まずは、その開発スタイルをご覧ください。

[参考情報]

Windows Phone デベロッパーセンター

http://dev.windowsphone.com/ja-jp

MSDN Windows Phone アプリの開発

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windowsphone/develop/ff402551(v=vs.105).aspx

高橋忍のブログ

http://blogs.msdn.com/b/shintak/

 

VS100-005 VS2012 ではじめる Windows Phone アプリケーション開発がすごい件(後編)by 高橋 忍

Windows Phone 8 SDKそして、エミュレーター、テンプレート、さまざまな要素が Visual Studio 2012に搭載され、より快適に買いあ初を進めることができます。さらに、標準装備となったExpression Blend for Visual Studio と組み合わせることで、高品質なアプリを手軽に作れます。まずはその流れを見て下さい。

[参考情報]

Windows Phone デベロッパーセンター

http://dev.windowsphone.com/ja-jp

MSDN Windows Phone アプリの開発

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windowsphone/develop/ff402551(v=vs.105).aspx

高橋忍のブログ

http://blogs.msdn.com/b/shintak/

 

VS100-006  Windows Azure WebSites を利用したクラウドアプリ開発の第一歩 by 岩出 智行

クラウドアプリケーション作成は「手間がかかる」とお思いではありませんか?Windows Azure の新しい機能である WebSites(Webサイト) を利用すると、クラウドアプリケーションにおける Web サーバー設定とデータベース設定を瞬時に実施することが可能です。また、作成した Web サイトの情報を Visual Studio に取り込むと、Visual Studio で作成した Web アプリケーションを Windows Azure 上の Web サーバーおよびデータベースサーバーに簡単にデプロイすることが可能です。このビデオでは、その一連の流れをご紹介します。

 

 

VS100-007 ASP.NET Web API で作る RESTful HTTP サービス by 井上 章

軽量な HTTP サービスを作るためのフレームワークとして ASP.NET に新たに加わったのが Web API です。MVC 4 とEntity FrameworkによるスキャフォールディングをベースにコードファーストでRESTfulなHTTPサービスを作るデモや、ODataのURIフィルタ規則を用いたデータのクエリーなどをご紹介します。

[参考情報] 

ASP.NET Web API HTTP メッセージ ライフサイクル ポスターの日本語版を作りました

http://blogs.msdn.com/b/chack/archive/2013/02/18/aspnet-web-api-http-message-lifecycle-poster-japanese.aspx

 

ASP.NET Web API のトレース機能を使ってみる

http://blogs.msdn.com/b/chack/archive/2012/12/02/using-asp.net-web-api-tracing.aspx

 

ASP.NET Web API でモデルバインド時検証をカスタムActionFilter を使って実装する

http://blogs.msdn.com/b/chack/archive/2012/10/19/asp.net-web-api-model-bind-with-custom-action-filter.aspx

 

ASP.NET Web API でGETクエリ文字列パラメーターをモデル バインドする

http://blogs.msdn.com/b/chack/archive/2012/07/10/query-string-model-binding-in-asp.net-web-api.aspx

 

VS100-008 Windows Store App: Blend for Visual Studio HTML/JavaScript #1 by 大西 彰

 

VS100-009 Windows Store App: Blend for Visual Studio HTML/JavaScript #2 by 大西 彰

 

VS100-010 Windows Store App: Blend for Visual Studio HTML/JavaScript #3 by 大西 彰

 

VS100 - 011 Windows Phone ならやっぱり世界進出。マルチランゲージ対応なんて Visual Studio 2012なら簡単! by 高橋

新しい Windows Phone 8 SDK のテンプレートには、すでに多言語に対応するためのソースコードが盛り込まれています。そして、Visual Studio 2012に備わったプロパティからのバインディング設定機能。1行のコードも書かずに多言語対応できる、その姿をご覧ください。

 

VS100 - 012 データバインドを制す者はXAMLを制す。Visual Studio 2012ならもうデータバインドも怖くない by 高橋 忍

これまでの Visual Studio では、データバインドの設定はコードを直接描く必要があり、Expression Blend で実装していました。しかし、Visual Studio 2012からはデータバインドの設定をプロパティパネルからも設定できます。さらに高効率化を図ることに成功した開発ツールと、エミュレーターの連携をご覧ください。

 

VS100 - 013 Async を使った高効率な Web プログラミングとロード テストを使った検証 by 松崎 剛

最新のASP.NETと非同期処理を使ったノンブロッキングIOによるプログラミング手法と、この検証のためのWebパフォーマンステスト、ロードテストの活用について解説します。これまでの同期パターンによるWeb アプリケーションの弊害についても見ていきます。

[参考情報]

http://blogs.msdn.com/b/tsmatsuz/archive/2012/05/09/asp-net-mvc-non-blocking-and-async-io-essentials.aspx

 

VS100-014 アプリケーションのUIテストを自動化する by 岩出 智行

アプリケーションのテストには様々なレイヤ、分類がありますが、UI を持ったアプリケーションのテストを効率化したい、というのはテストにおけるニーズの一つではないでしょうか?
Visual Studio のコード化されたUIテスト(Coded UI Test)機能を利用すると、Windows Form や WPF、あるいは Web アプリケーションに対する UI 操作を記録し、その操作シナリオに基づく「自動化されたテスト」として利用することが可能になります。また、UI操作はコードとして生成されるため、開発者であれば入力パラメーターや、不要な操作の削除などを行いながら、テストシナリオを洗練させていくことが可能です。

 

VS100 - 015 デスクトップアプリから Windows Runtime を使用する by 荒井 省三

Windows ストアアプリに必須ととなる、Windows ランタイムをいわゆる「デスクトップアプリ」(.NET Framework 等で作成したアプリケーション)から使用できることをご存じでしょうか。デスクトップアプリにおいて Windows ランタイムのAPIを使用したい場合や、Windows ストアアプリの独自の管理ツールなどを自由自在に開発することが可能になります。

[参考情報]

マネージ デスクトップ アプリと Windows ランタイム (Windows)

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/jj856306.aspx

 

VS100 - 016 Office 2013 用アプリ (Apps for Office 2013) を使った最新の Office プログラミング by 松崎 剛

Office 2013,製品群と Visual Studio 2012 で構築可能な最新の Office アプリケーション開発基盤「Office 2013 用アプリ」(Apps
for Office 2013) の開発手法について解説します。基本的な動作の概念を理解し、Visual Studio を使用してプログラミングする際に使用可能なさまざまなユーティリティについて解説します。

[参考情報]

http://blogs.msdn.com/b/tsmatsuz/archive/2011/06/29/office-365-develop-sample-application-sharepoint-online-exchange-online-lync-online.aspx

 

 

VS100 - 017 Windows ストア LOB アプリ入門その (1)– Entity Framework Code First を使ったデータモデルの構築とデータベースの自動生成 by 鈴木章太郎

 

ストアアプリをLOBで使う場合に、最初に検討しなければならないのはデータソースとの接続をどうするかです。今回は、既存のものではなく新規にデータソースを作ります。最初に、Entity
Framework をインストールし、作るべきモデルを机上で決めて、それに沿ったクラスを作ります。プロジェクトを追加し、そのクラスをもとに、データベースをGenerate
し、テストプログラムからデータをINSERTします。

[参考情報]
http://blogs.msdn.com/b/shosuz/archive/2013/01/07/windows-part-1-database-model.aspx

 

VS100-018 Windows ストア LOB アプリ入門 その (2)– ASP.NET MVC4 Web API を使ったRESTサービスの作成と公開 by 鈴木 章太郎

その (1) で作成したデータモデルと、INSERTした実データを、ASP.NET
MVC4 Web APIを介して、REST形式でデータを公開します。RESTサービス公開用のプロジェクトを追加し、そのプロジェクトからデータモデルを参照して、コントローラーを自動生成します。実行すればJSON形式のデータが返ってきます。

[参考情報]

http://blogs.msdn.com/b/shosuz/archive/2013/01/09/windows-part-2-rest.aspx

 

VS100-019 ASP.NET MVC 4 Display Modes によるモバイルデバイス判別とビューの自動切り替え by 井上章

Web開発においてニーズが高まっているマルチデバイス対応において、デバイス毎にビューを切り替えて、それぞれに最適化したWebページを容易に提供できるDisplay
Modesと呼ばれるASP.NETの機能をご紹介します。

[参考情報] 

ASP.NET MVC 4 : モバイル デバイスの検出とビューの切り替え機能
(1)

http://blogs.msdn.com/b/chack/archive/2012/01/16/mobile-devices-detection-and-view-switching-in-asp-net-mvc-4-1.aspx

ASP.NET MVC 4 : モバイル デバイスの検出とビューの切り替え機能
(2)

http://blogs.msdn.com/b/chack/archive/2012/01/17/mobile-devices-detection-and-view-switching-in-asp-net-mvc-4-2.aspx

 

VS100-020 Visual Studio 2012 & ASP.NETとレスポンシブ Web デザイン by 井上章

マルチデバイス対応において、CSS3のメディアクエリーを使ってスタイルを変更する手法を用いたレスポンシブWebデザインが注目されています。最新のASP.NETプロジェクトテンプレートで使われているCSS3メディアクエリーを使ったスタイルのデモや、Visual Studio 2012のCSSエディターのインテリセンスやコードスニペットなどの入力支援機能をご紹介します。

 [参考情報]

Visual Studio 2012 拡張機能
Web Essentials 2012 を使おう!

http://blogs.msdn.com/b/chack/archive/2012/12/20/web-essentials-2012-visual-studio-2012-extention.aspx

 

VS100-021 VS2012 で楽々構造解析、C++ソースコード by 太田 寛

Visual Studio 2012では、C++ Nativeアプリケーションのクラス構造、メソッドのコールグラフを一発で作成可能です。担当者がいなくなってしまって不良資産化したC++ソースコード群や、新しく取り組むフレームワークの解析など、従来は多大な時間がかかっていた作業を大幅に効率化できます。

 

VS100-022 効率的なテスト実施を支援する Test Manager 紹介 by 岩出 智行

テスト管理にエクセルをお使いではありませんか? Visual Studio の Test Manager 機能を利用すると、テストの計画、シナリオの策定、シナリオに基づくテストの実施と報告、そして問題があった場合のバグ報告など、すべての作業をツールの支援を活用しながら実施することが可能です。テスト担当者のスキルや経験によってまばらになりがちな「テスト自体の品質」を向上させ、またチーム全員で品質データを共有し、プロジェクトの進捗を確認するためにも、Test Manager を活用ください!

[参考情報]

手動テストの品質向上~Visual Studio 2012 ソリューションシナリオ

 

VS100 - 023 デバイスを活用した開発 ~ .NET Micro Framework by 太田 寛

温度や湿度、加速度や高度など各種センサー、デバイスを活用した開発を可能にする .NET Micro Framework を紹介します。

 

VS100 -024 ARM デバイスでのアプリケーション デバッグ ~ Remote Debugg on ARM by 太田 寛

Windows ストアアプリは ARM デバイスでも動作可能です。Visual Studio をインストールできない ARM デバイスにおいて Windows ストア アプリをデバッグするためのリモート デバッグについて解説します。

 

VS100 -025 Visual Stusio で Excel を機能拡張 by 太田 寛

 業務でよく使われる表計算ソフトExcel。定型業務向けフォーマットやパラメータからのコード生成などExcelに独自の機能を追加できれば大変便利です。このコンテンツでは、Visual StudioでExcelの機能拡張を行う方法を紹介します。

 

VS100 -026 Team Foundation Server + Visual Studio でのコードのバージョン管理 ~ 登録編 by 太田 寛

 このコンテンツでは、Visual Studioで開発したソースコード一式をTeam Foundation Serverのバージョン管理機能に登録する方法、バージョン管理を行いながらソースコードを編集する方法を紹介します。

 

VS100 -027 Team Foundation Server + Visual Studio でのコードのバージョン管理 ~ 共有編 by 太田 寛

 一般的な開発では複数人がチームを組んで一つのプロジェクトを開発していきます。このコンテンツでは、Team Foundation Serverのバージョン管理機能に登録されたソースコード一式を多人数で共有する方法を紹介します。

 

 ■ VS100 -028 Entity Framework の紹介 by 太田 寛

一般のアプリケーション開発では、データをきちんとした形で永続化する機能が必要なケースは多々あります。データーベースの専門家であれば、SQL文を駆使してデータベースのスキーマやクエリーの定義を行うのは当たり前ですが、一般の開発者にはなかなか敷居が高いものです。Visual Studioでは、Entity Frameworkを使ってモデルベースでのスキーマ定義でテーブルを定義できます。加えてモデルから生成されたクラスライブラリーを使ってSQL文を一切書くことなく、通常のC#でクエリーのプログラミングが可能です。このコンテンツでは、Entity Frameworkの基本的な使い方を紹介します。

 

 ■ VS100 -029 Visual Studio の拡張機能 by 太田 寛

 Visual Studioは非常に拡張性に富んだ統合開発環境です。実はVisual Studioをより使い勝手の良いツールにしてくれる拡張パッケージも数多く公開されているのですよ。このコンテンツでは、豊富な拡張機能をVisual Studioに追加する“拡張機能と更新プログラム”の使い方を紹介します。

 

 ■ VS100 -030 Windows ストアアプリ、XAML/C# で RSS 取得とデータバインド by 大西 彰

Windows ランタイムには、SyndicationFeedというATOM/RSSフィードを処理するクラスがあります。

このビデオでは、エバンジェリストチームのブログのRSSを取得して、GridViewで表示するための基礎をご紹介します。

 

・オブジェクトブラウザー

・Gridコントロール

・TextBoxコントロール

・Buttonコントロール

・GridViewコントロール

・ItemTemplateによる表示結果のカスタマイズ

・{Binding プロパティ名} によるデータバインディング

 

 ■ VS100 -031 NuGet パッケージ マネージャの利用 by 井上 章

Visual Studio 2012 プロジェクトでは、NuGet
と呼ばれる、各種ライブラリのインストール、更新、配布といったパッケージ管理の仕組みが組み込まれています。今回は、その
NuGet パッケージマネージャーの基本的な使用方法等をご紹介します。

[参考情報]

ASP.NET でソース管理システムへの
NuGet パッケージのコミットを不要とする

http://blogs.msdn.com/b/chack/archive/2013/02/08/aspnet-visual-studio-with-nuget-without-committing-packages.aspx

NuGet をオフラインで使用する

http://blogs.msdn.com/b/chack/archive/2012/05/15/how-to-use-nuget-package-cache.aspx

NuGet でゲット!
Visual Studio パッケージ マネージャ―概要

http://www.slideshare.net/chack411/nuget-visual-studio

 

 ■ VS100 -032  NuGet パッケージ の作成と配布 by 井上 章

NuGet パッケージマネージャーを使って、カスタムのパッケージを簡単に作成して配布することが可能です。今回は、NuGetパッケージの作成方法をご紹介します。

[参考情報]

ASP.NET でソース管理システムへの
NuGet パッケージのコミットを不要とする

http://blogs.msdn.com/b/chack/archive/2013/02/08/aspnet-visual-studio-with-nuget-without-committing-packages.aspx

NuGet をオフラインで使用する

http://blogs.msdn.com/b/chack/archive/2012/05/15/how-to-use-nuget-package-cache.aspx

NuGet でゲット!
Visual Studio パッケージ マネージャ―概要

http://www.slideshare.net/chack411/nuget-visual-studio

 

VS100-033 System Center と Visual Studio による DevOps の実現 by 高添 修 

 System Center と Visual Studio を組み合わせることによって実現する様々な DevOps ソリューションを紹介します。

 

 

VS100-034 Exchange Web Services(EWS)プログラミング by 松崎 剛

 Visual Studio による Exchange Web Service のプログラミングを紹介します。

 

VS100-035 Unified Communications Web API (UCWA) プログラミング by 松崎 剛

 Visual Studio による Unified Communications Web API のプログラミングを紹介します。

 

VS100-036 データアクセス技術の紹介& Entity Framework by 井上 大輔

ADO.NET データセット、LINQ to SQL、Entity Framework に関してそれらの特徴と今後の将来性を紹介します。

 

VS100-037 SQL Server Compact Edition を利用したアプリケーション開発 by 太田 寛

ローカルのファイルシステムを利用したシンプルな DBMS である SQL Server Compact Edition を利用したアプリケーション開発を紹介します。

 

VS100-038 Workflow 概要 by 松崎 剛

Visual Studio における Workflow を活用した開発について紹介します。

 

 

VS100-039 コードファーストなデータベース開発 その1 by 井上大輔

Entity Framework を活用し、データベース設計をコード中心に行う「コードファースト」なDB開発について紹介します。

 

 

VS100-040 単体テストの基本と Fake フレームワークの紹介 by 岩出 智行

Visual Studio が提供する単体テストの基本機能の紹介と、Fake フレームワークを使用したテストの効率化について紹介します。

 

参考: チーム開発における単体テストの実践~Visual Studio 2012 ソリューションシナリオ

 

VS100-041 単体テストの分類と NUnit の活用 by 岩出 智行

単体テスト解説の2回目として、属性を利用したテストの分類方法とテストエクスプローラーによるその表示と実行について解説します(テスト エクスプローラーでの "特徴" を使用した分類には Visual Studio 2012 の Update の適用が必要です)。また OSS の単体テスト フレームワークである NUnit を Visual Studio に統合するためのアダプターについてと、テスト エクスプローラーでの分類について紹介します。 

 

参考: チーム開発における単体テストの実践~Visual Studio 2012 ソリューションシナリオ

 

VS100-042 コードをクリーンに保つ。リファクタリングとコードクローン分析 by 岩出 智行

開発が進むにつれコードが複雑になり、保守性が犠牲になる、ということがあります。そのような場合に活用いただけるのが、「リファクタリング」の機能です。また「リファクタリング」をする際にコードにおいて点在する "似た" コードを見つけ出し、アドバイスしてくれる「コードクローン(コード複製)分析」や、コードの複雑性を数値として分析してくれる「メトリックス計測」の機能を合わせて使用することで、コードを "クリーン" にする活動を、より簡単に楽しく実施していただくことができます

 

VS100-043 HTML の基本的な入力支援機能 by ものえ おさむ

Visual Studio 2012を使ってHTMLを編集する際に利用できる、基本的な入­力支援機能をご紹介します。

 

VS100-044 3分でズバリ!!、Web系に役立つアドインのご紹介 by ものえ おさむ

Visual Studio 2012 のアドインである WebEssential を使って、jQueryコードスニペットを利用する方法をご紹介します。

 

VS100-045 CSSの入力支援機能 by ものえ おさむ

スタイルシートの編集の際に活用いただくことができる Visual Studio の CSS 編集支援機能について紹介いたします。

 

VS100-046 jQuery を使用したWeb 開発における Visual Studio の活用 by ものえ おさむ

jQuery を使用すると、動きのあるWebページを効率的に作成することが可能です。この回は jQuery を利用した Web ページ作成において利用いただける Visual Studio 2012 の支援機能をご紹介いたします。

 

VS100-047 HTML5標準APIのIntellisense - Geolocation APIとBing Map by ものえ おさむ

HTML 5で使えるAPI 使ったコードをIntellisenseで簡単に入力できます。Geolocation APIとBing Mapsを使って現在地を表示する方法を紹介します。

 

VS100-048 JavaScriptの基本的なデバッグ機能 by ものえ おさむ

Visual Studio 2012を使ってJavaScriptをデバッグする方法をご紹介します。

 

VS100-049 LightSwitch で簡単データアクセス by 大西 彰

Visual Studio の LightSwitch プロジェクトテンプレートを利用して、データベースのテーブル設計から、画面の作成までを簡単に実施する方法を紹介します。

 

VS100-050 Async を活用した WPF アプリケーションの作成 by 大西 彰

.NET Framework 4.5 で導入された Async / Await を活用した非同期の呼び出しを使用し、WPF で RSS を読み込むアプリケーションを構築します。

 

VS100-051 CodeMap を使ったマネージ プログラムのデバッグ by 大田 寛

CodeMap 機能を使用して、プログラムのデバッグ中に、メソッドの呼び出し関係を可視化しながらコード構造を理解する方法を紹介します。

 

 

VS100-052 CodeMap によるネイティブアプリケーションの解析 by 大田 寛

CodeMap 機能を使用した、ネイティブアプリケーションのコード解析を紹介します。 

 

 

VS100-053 XML ドキュメントコメントを使用したインテリセンスの活用 by 大田 寛

C#において、メソッドの冒頭で /// を先頭にしたコメント文の中で XML 形式での説明記述を行うと、他のコーディングを行っている際にインテリセンスで該当メソッドを扱っている際に説明を出すことが可能です。この VS 魂では、この "XML ドキュメント コメント" の使用法に関して紹介をいたします。

 

 

VS100-054 Visual Studio 2012 を使った VB2008 アプリのメンテナンス by 岩出 智行

Visual Studio 2012 では複数の .NET Framework のバージョンをサポートしています。具体的には .NET Framework 2.0 以降のバージョンのアプリケーションを開発、メンテナンス可能です。

このVS魂では、VB2008 で作られたアプリケーション(.NET Framework 3.5 を使用したアプリケーション)を VS2012 で開き、コード分析機能を活用してメンテナンスを行う手順を紹介します。

 

VS100-055 ASP.NET SignalR でリアルタイム Web 開発 by 井上 章

ASP.NET に新しく加わったリアルタイム・双方向通信ライブラリ SignalR を使った Web 開発の概要を、サンプルアプリのデモやチャットアプリの作成を通して紹介します。

 

VS100-056 Data Annotation を利用したフォームの入力検証の実装 by 井上 章

Web アプリケーションにおけるフォームの入力検証を実装する際に便利な Data Annotation の基本的な使用方法を ASP.NET MVC アプリケーションをベースにご紹介します。

 

VS100-057 .NET Gadgeteer で小型組込み機器制御アプリをさっと開発 by 太田 寛

小型組込み機器向けフレームワーク.NET Gadgeteerを使って、組込み制御アプリをVisual Studio 2012で開発する方法を紹介します。

 

 

VS100-058 Visual Studioはじめの一歩 ~ プロジェクトテンプレート by 太田 寛

Visual Studioによるソフトウェア開発は、全てプロジェクトテンプレートから始めます。この回ではVisual Studioでソフトウェアを開発するはじめの一歩と、利用可能なプロジェクトテンプレートの概要を紹介します。

  

VS100-059 コードを基にしたシーケンス図の作成 by 太田 寛

Visual Studioは、プログラムコードからUMLシーケンスダイアグラムの表記法に従った図を生成可能です。この回ではシーケンスダイアグラムの生成方法と関連する使い方について紹介します。

  

VS100-060 マルチデバイス対応のサービス開発 ~ Windows Azure Mobile Service その1 by 岩出 智行

マルチデバイス対応のサービスを開発する際にとりうる選択肢としては大きくいって、HTML5 での開発を行う、という選択肢と、デバイスに最適化したネイティブ開発を行う、という2つの選択肢があります。
今回のVS魂ではその概要を紹介しながら、Windows Azure Mobile Service の簡単な使用方法までを説明します。
 

VS100-61 マルチデバイス対応のサービス開発 ~ Windows Azure Mobile Service その2 by 岩出 智行

前回の VS 魂にて作成した Windows Azure Mobile Service をベースに、サーバーサイド(サービスサイド)、並びにクライアントサイドでのデータ関連オブジェクトのカスタマイズについて紹介します。

 

VS100-062 JavaScript の単体テスト by 井上 章

Visual Studio 2012 と Chutzpah Test Adapter を使って行う、Jasmine や QUnit といったテストフレームワークによる JavaScript 単体テストをご紹介します。

 

VS100-063 JavaScript / CSS ファイルの結合と縮小機能 by 井上 章

ASP.NET 4.5 の新機能である JavaScript / CSS ファイルの結合・縮小機能 (ScriptBundle/StyleBundle) についてご紹介します。

  

VS100-064 チーム開発の最初の一歩 by 岩出 智行

チーム開発における様々なコミュニケーション ハブとして活用可能な Team Foundation Server。今回の VS 魂では、チーム開発を行う際の最初の一歩となる、「チームプロジェクト」の作成と、チ­ーム開発において実際に行うべき作業をまとめる「作業項目」の作成を確認いただきます­。

 

VS100-065 UML モデリング機能 ~ ユースケース図の作成 by 岩出 智行

Visual Studio 2012 では分析/設計フェーズにて使用可能な UML モデリング ツールが用意されています。
今回の VS 魂では UML のユースケース図作成のためのモデリング機能を紹介し、またそのモデル成果物から TFS の作業項目への関連を作成し、実際の開発作業とモデル情報を「つなぐ」方法を紹介しま­す。

 

■ VS100-066 UML モデリング機能 ~ クラス図とシーケンス図 by 岩出 智行

UML モデリング機能の第2回としてクラス図とシーケンス図を取り上げます。
Visual Studio 2012 のモデリング機能ではUMLを使ったモデリング(作図)はもちろん、クラス図からコー­ドを生成することも可能です。
また、TFS を使用することでモデリングの成果物に関しても TFS でバージョン管理を行うことが可能です。また作業項目と関連付けを行い、どのようなユ­ーザー要求に基づき行われたか作業か、という記録を行うことが可能です。

 

■ VS100-067 Windowsストアアプリにアプリバーを追加する XAML編 by 大西 彰

このビデオでは、XAMLを利用してWindowsストアアプリにアプリバーを追加する方法を2通りご紹介します。
・Visual Studio 2012のXAMLデザイナーを利用する場合
・Blend for Visual Studioを利用する場合

関連リンク
Windows ストア アプリのコマンド実行の設計
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/hh761499.aspx

アプリ バーの追加 (C#/VB/C++ と XAML を使った Windows ストア アプリ)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/hh781230.aspx

 

■ VS100-068 Visual Studio と .NET Framework のサポート情報 by 岩出 智行

Visual Studio および .NET Framework のサポート OS や サポート ポリシーに関して紹介します。 

 

■ VS100-069 進化した Entity Framework 5 の紹介 by 井上 大輔

登場以来進化を続ける Entity Framework。この VS 魂では最新版の version 5 における機能強化のポイントを紹介します。
 

■ VS100-070 データベース開発を快適に。Data Tools の紹介。 by 井上 大輔

Visual Studio ではデータベース開発を快適にする様々なツールを提供しています。この VS 魂では、その中から Data Tools を紹介します。このツールにより、データベースのスキーマ情報の取得や、オフラインでのDB開発、あるいはスキーマ更新情報の比較と本番DBへの反映といったことがスムーズに実施できます。

 

■ VS100-071 コードファースト開発 その2 by 井上 大輔

お待たせいたしました!前回の「その1」から久々に登場の「コードファースト開発」の第2回です!!

 

■ VS100-072 C++ で Windows ストアアプリ開発 by 太田 寛

様々な開発言語をサポートする Windows ストアアプリ開発。この VS 魂では C++ を使ったストアアプリ開発の第一歩を紹介します。

 

■ VS100-073 VS による Web アプリのテスト ~ Web パフォーマンステスト by 岩出 智行

Visual Studio では多彩なテスト機能を提供していますが、今回はその中から Web アプリケーションに対するテストが実施できる「Web パフォーマンステスト」をご紹介します。

Web パフォーマンステストでは、ブラウザを使って Web アプリケーションを操作した記録を HTTP レベルで取得し、その情報を元に繰り返し可能なテストを作成します。作成したテストはコード化できるので、カスタマイズも容易に実施できます。

 

■ VS100-074 Blend を活用したアプリ開発~ その1 by 高橋 忍

「Blend 魂」第一回として、Blend の概要を紹介します。

 

■ VS100-075 Blend を活用したアプリ開発~ その2 by 高橋 忍

「Blend 魂」第2回して、Blend を使ったデザインを行う手順を紹介を行います。

 

■ VS100-076 Blend を活用したアプリ開発~ その3 by 高橋 忍

「Blend 魂」第3回として、Blend を使ったアニメーション機能を紹介します。

 

■ VS100-077 Blend を活用したアプリ開発~ その4 by 高橋 忍

「Blend 魂」第4回では、Blend を使ったアニメーション作成の後半を紹介します。

 

■ VS100-078 Blend を活用したアプリ開発~ その5 by 高橋 忍

「Blend 魂」第5回目は、画面遷移の際のアニメーション(PageTransitionAnimation)を紹介します。

 

■ VS100-079 VC++のプログラムの実行プロファイル分析 by 太田 寛

VC++で開発したアプリの実行パフォーマンスを向上するためのプロファイル分析ツールを紹介します。

 

■ VS100-080 Visual StudioでDSL(Domain Specific Language)を実践する by 太田 寛

Visual Studioでは、問題領域固有のモデリング開発環境を構築し、MDD(Model Driven Development)の環境として使うことができます。この回では、DSLを実践するための基本操作を紹介します

 

■ VS100-081 Windows ストア アプリの国際化対応(その1) by 田中 達彦 & 山本明日美

 

■ VS100-082 Windows ストア アプリの国際化対応(その2)by 田中 達彦 & 山本明日美

 

■ VS100-083 Windows ストアアプリのパッケージング by 田中 達彦

 

■ VS100-084 Windows ストアアプリのデバッグテクニック by 太田 寛

 

■ VS100-085 C++ と JavaScript のハイブリッドなストアアプリの開発   by 太田 寛

 

 

■ VS100-086 このショートカットがすごい! Visual Studio の便利なキーボードショートカット by 馬田 隆明

マウスとキーボードを行き来するのは非常に面倒。そんなときキーボードショートカットを覚えておけば、多くの操作をキーボードから手を離さずに行うことができます。
このビデオでは、覚えておくと便利な C# 用のキーボードショートカットを説明します。

 

■ VS100-087 続このショートカットがすごい! Visual Studio の便利なキーボード ショートカット by 馬田 隆明

Ctrl + K から派生するショートカットがいくつかあります。
コメントアウトやブックマークなど、意外とよく使う機能のキーボードショートカットを「Ctrl + K」をキーワードに覚えておきましょう。

 

■ VS100-088 Visual Studio のブックマーク機能を使う喜びはあった by 馬田 隆明

ブックマーク、意外と使っていない人も多いんじゃないでしょうか。ブックマークを使えば、気になるところにすぐに戻ってくることができます。
今回はブックマークの作り方と使い方について紹介します。

 

■ VS100-089 やったぜ。「TODO」でタスク管理 by 馬田 隆明

やるべきことをのちの自分のために残しておきたい。やり終えたことを確信したい。そういうときにタスク機能を使えば、コメントよりも楽にタスクを管理することができます。
本ビデオではタスク機能の解説と、コメントアウトと連動した便利な使い方を解説します。

 

■ VS100-090 VS でも蛇使い! Python Tools for Visual Studio の紹介 by 馬田 隆明

Python Tools for Visual Studio (PTVS) を使えば、Visual Studio はその優れた機能と操作性をそのままに Python の開発環境へと早変わりします。
今回は Python 好きな皆さんに贈る PTVS の入門ビデオです。

 

■ VS100-091 T4 Template を使った開発の効率化 by 太田 寛

Visual Studio ではテキスト形式で用意したテンプレートを活用して、コード生成などお行う T4 Template という機能があります。このVS魂では T4 Template を使った開発の効率化について紹介します。

 

■ VS100-092 SketchFlow を活用した開発 by 大西彰

 Visual Studio 2012 の Update 2 により Blend for Visual Studio に追加された SktchFlow(スケッチ フロー)機能は WPF や Silverlight  における画面設計を行う際に画面間の遷移や全体的なイメージをラフ スケッチするように構築できる機能です。またフィードバック機能を活用することで、ユーザーからのフィードバックを効率的に得ることが可能になります。

 

■ VS100-093 Windows ストア アプリのデバッグ  by 大西彰

 Windows ストアアプリでは、これまでのデスクトップアプリと異なり、OSによってアプリケーションのライフサイクルが管理されています。今回の VS 魂では、ストアアプリがその仕組みによって状態が変わった場合(例えば中断状態になった場合)などのデバッグ方法について紹介します。

 

■ VS100-094 Blend を使った画面の作成  by 大西彰

Blend for Visual Studio を利用して、Windows ストアアプリの画面を作成する方法を紹介します。

 

■ VS100-095 Bing Maps を Windows ストアアプリで使おう!  by 鈴木 章太郎

地図サービスを提供するマイクロソフトのクラウドサービス Bing Maps。この VS 魂では、Windows ストアアプリにおいて Bing Maps を活用するための手順を紹介します。

 

■ VS100-096 InkCanvas を使った手書き入力の活用  by 鈴木 章太郎

Windows ストアアプリにおいて、手書き入力を活用する方法を紹介します。

 

■ VS100-097 Code Based マイグレーション  by 井上 大輔

Entity Framework におけるデータベースのマイグレーション方法の1つである Code Based マイグレーションを紹介します。 

 

■ VS100-098 Entity Framework コードファーストにおける Annotaion 活用の紹介 by 井上 大輔

規約を重視した Entity Framework のコードファースト開発において Annotation を活用することで OR マップの情報を付加し、より詳細なスキーマ定義を行う方法を紹介します。

 

■ VS100-099 DirectX を使った Windows ストアアプリ開発  by 太田寛

Windows ストア アプリにおいては、XAML を使った UI 開発の他に DirectX を使用したよりリッチな 3D あるいは 2D 表現を活用した UI 開発が可能です (XAML と DirectX を組み合わせた開発も可能です)。この VS 魂では DirectX を使用した Windows ストア アプリ開発の手順と概要を紹介します。

 

■ VS100-100 DirectX アプリのグラフィックデバッグ  by 太田寛

DirectX を使用したストアアプリ開発において、グラフィックスの状態をデバッグ時に取得し開発に活用する方法について紹介します。

 

 

■ VS100-101 Windows Workflow Foundation におけるブックマークと永続化  by 松崎 剛

前回の WF 基礎編の続きとして、最も重要なブックマークと永続化についてお話します 。

 

■ VS100-102 VS魂100連発―振り返り 

VS魂に出演したエバを中心に、これまでの収録の様子や人気の回などを紹介しながら、­VS魂100連発を振り返ります。

 

 

ひとまず 100連発は 突破しましたが、WF の後編として 101回目の VS魂を、また出演エバメンバーによる振り返りとしての 102回目を公開しています。

今後もご意見、ご希望等あれば、こちらのブログお寄せください♪

Comments (16)

  1. daive says:

    映像とかは、見る時間が勿体ないから、要らないので、

    映像で解説している事は、

    何処に書いてあるのか、参考URLは、どの様になるのかとか、

    関連情報は、これこれなど、

    文章情報が欲しい。

  2. ご意見ありがとうございます。

    まだ更新途中の回もありますが、ビデオで紹介した内容の紹介と参考情報のリンクの情報の追加を行いました。

    ビデオで解説を行ったエバが Blog 等で該当機能をより詳しく解説しているものもありますので、ぜひご覧ください。

    (全般的にもう少し見やすくするような工夫も引き続き続けていきたいと思います)

  3. こんにちわ says:

    コンテンツ楽しくみさせてもらっています。

    内容の紹介と参考情報のリンクが追加されたために、一覧性が落ちとても見づらくなってしまっています。

    できましたら、一覧+個々の内容紹介ページとしていただければ有り難いです。

  4. こんにちは。 says:

    下記の詳細版、実践版をリクエストします。

    Visual Studio Ultimate 2012: レイヤー図の使用によるアーキテクチャの設計と検証

    channel9.msdn.com/…/Visual-Studio-Ultimate-2012-Using-layer-diagrams-to-design-and-validate-your-architecture-JPN

  5. ぜひ says:

    倍速で見たいので、DL版とか、完結したらDVD化的なの期待します^q^

  6. > 倍速で見たいので、DL版とか、完結したらDVD化的なの期待します^q^

    ご意見ありがとうございます。

    本日、マイクロソフトのビデオ配信のチャンネルの一つである Channel9 にて、VS魂の公開を開始しました。

    channel9.msdn.com/…/VS100

    こちらにおいて、各コンテンツのダウンロードをご利用いただけます。

    RSS もありますので、例えば Zune であれば、以下の URL にてポッドキャストとして、コンテンツをダウンロードいただくことが可能です。

    channel9.msdn.com/…/zune

    (Channel9 のコンテンツに関しては、順次エンコード、公開を行っています。一度にすべてのコンテンツを公開!、とまでは行っていませんが、その点はご了承ください <(_ _)> )

  7. > 内容の紹介と参考情報のリンクが追加されたために、一覧性が落ちとても見づらくなってしまっています。

    > できましたら、一覧+個々の内容紹介ページとしていただければ有り難いです。

    ご意見、ありがとうございます。

    この件に関しては、最終的には本ページでは、タイトル(+α?)の一覧とし、Channel9 のページを各コンテンツの詳細を見れるページ、という位置づけで整理、統合していきたいと思っています。

    しばらくは、これまでのコンテンツを Channel9 で公開するための作業等が続くと思いますので、もうしばらくお時間ください。

    引き続き VS魂をご愛顧くださいませ <(_ _)>

  8. says:

    「VS100-030 Windows ストアアプリ、XAML/C#でRSS取得とデータバインド」

    Blendでデザインを整える続編を希望します。

  9. bb3540usagi says:

    Windowsストアアプリの アプリケーションバーボタン設置の方法希望します。

  10. アプリバーの実装に関しまして 67魂にて大西より解説させていただいております。

    その他のご希望にも添えるように調整していますので、引き続きご意見等ございましたらよろしくお願いいたします。

  11. ys says:

    VS100-098 規約を超えた Annotation  ですが、途中から音が出ないような気がします。(>_<)

  12. 98回目の音声の件、ご指摘ありがとうございます。再収録を行った後、再度公開させていただきたいと思います。

  13. kekyo says:

    今日VS魂を知りました。素晴らしいです、MSDNのチュートリアルより余程良いです。今後のコンテンツも期待してます!!

  14. bb3540usagi says:

    毎回楽しみにして活用しております。

    探したい項目やしたいことがすぐに分かるページにして欲しい。

    カテゴリーや分野別に整理してまとめて欲しい。

    例えば目次から、カテゴリーや分野別で詳しいページ、動画へいくなど検討を希望します。

  15. 98回目につきまして、再収録を終えましたので改めて公開を行わせていただいております。

    なにとぞよろしくお願いいたします。

  16. 最近見つけて、やっと一気見が終了したところです。是非、200,300と続けていただきたいです!

    おかげさまで、「いつ使うの?」「今でしょう!」の信者にすっかりなってしまいました。

    で、全ての現行webシステムのvs2012への移行を計画中のなですが、迷いどころがあります。

    ベースとして、mvc4の採用はほぼ決定しましたが、テンプレートの選択に悩み中です。

    ・WebAPI

    ・インターネットアプリケーション

    ・イントラネットアプリケーション

    ・シングルページアプリケーション

    の選択ポインツ(どういった場合に、どれが有効?)などをご紹介いただけたらなぁ・・・とおもいます。

    よろしくお願いします。

Skip to main content