上質のアップグレード エクスペリエンスを提供する

この投稿は少々書きにくい内容です。というのも、みなさんにはWindows 7 ベータ版 を使用してくださるようお願いしてきましたが、それは手間がかかる作業です。そして次のマイルストーンでも私たちは同じことを皆さんにお願いしようとしています。しかしベータ版のリリースは、大変な数のとても厳しいテストや使用により、Windows にとって実に価値があり有益なテストサイクルでした。1 月以来、何百万もの人が ベータ 版をインストールして使用してきました。そして、お話したように、フィードバックや遠隔測定は、製品を仕上げるうえで実に価値のあるものでした。ベータ テスターのみなさんの貢献により、高品質の製品を何億ものユーザーに提供できるようになりました。私たちはすでにまとめられている計画に従っており、この投稿は計画について新しいニュースや変更を発表するものではありません。多くの人は ベータ 版を使用中だと思われるので、アップグレードに関する RC (Release Candidate) 版の動作についての注意を申し上げたいと思います。もちろん、私たちは RC 版に対し、自ら課したスケジュールに従って懸命に取り組んでいます。 ベータ プロセスの大部分は、できるだけ多くの「実世界」のシナリオやエクスペリエンスをカバーし、そのエクスペリエンス全体を遠隔測定でモニターすることです。エンジニアにとって最も挑戦的な分野のひとつに、ある Windows リリースから他の Windows へのアップグレード プロセスがあります。考えてみてください、アップグレードを行う前、基本的にシステムのすべてを「知る」ために、一度に膨大な量のコードを実行しなければなりません。Windows 7 の開発中、何百回とオリジナル OEM イメージの Windows Vista からのアップグレードを日常的にテストし、そしてアップグレードの成否を検証するために自動テストを実施しました。また、何千ものアプリケーションと何千ものデバイスについても、アップグレード プロセスで正しく移行できるかテストしました。 多くの人は Vista が動いていた PC に Windows 7 ベータ版をインストールしていました。遠隔測定でそれが判明し、それに対応してきました。ベータテストの期間中、アップグレードのエクスペリエンスを改善し続けることができたと信じています。同様に、遠隔測定によると、大多数の人は新しいパーティションに新規インストールしていました。この遠隔測定を通して、デバイスのエコシステムと、どのドライバーがすでにあり、どれが足りないかがわかりました。また、ボタンやコネクター、その他のハードウェア コンポーネントのサポートを有効にするために、(XP または Vista からの) ドライバーやアプリケーションのインストールが必要な PC に固有の機能についてもわかりました。あわせて、私たちはセットアップ エクスペリエンスの広いエリアをカバーできました。 また、(何百万もの) 多くの人は Windows 7 ベータ版を常時使用していることもわかりました。みなさんは最新版を心待ちにしていらっしゃることでしょう。みなさんは、すべてのアプリケーションをインストールし、システムを設定してカスタマイズされてきました。そして、RC 版を入手して、すぐにでも ベータ版からアップグレードしたいと思っていらっしゃることでしょう。しかしながら、RC…


アプリケーションの互換性テスト – インターナショナル

この投稿はテストチームからの互換性テストに関する議論の続きです。 –Steven 前回のブログの投稿「Windows 7 でのアプリケーションの互換性テスト」にて、アプリケーションの互換性の重要性と Windows 7 でそれを実現するために行っていることについてお話しました。この投稿では、Windows がサービスを提供している世界中のユーザーの皆様のことを考慮した際の課題について見ていきたいと思います。 このブログの投稿は次の分野を取り上げます: 世界中のアプリケーションの互換性に対する全体的な戦略 世界中のアプリケーションの互換性への取り組み アプリケーションの入手 アプリケーションのテスト 成果の測定 「アプリケーションを救う」とは Windows 7 では、Vista で動作していたアプリケーションが Windows 7 でも引き続き動作することを確実にするよう、アプリケーションの互換性に対して大幅な投資を行ってきました。また、Vista 上で問題のあったいくつかのアプリケーションについては、Windows 7 (およびそれ以降) ではなるべく動作するように改善をしました。すでにお話したように、あるアプリケーションは設計上 OS のバージョンに依存しますが (ユーティリティ、ファイアウォール、セキュリティなど)、今回の議論ではそれは除外しています。 取り組み 世界中のアプリケーションの互換性での大きな課題のひとつは、どのアプリケーションをテストするか、テストの規模、そして何をもってアプリケーションが「動作している」と判断するかです。Windows 7 のために 世界中で25 のエリアで 1,200 以上のアプリケーションをテストしています。Vista のときより 300 以上の国際的なアプリケーションを追加しカバレージを向上しました。 私たちはアプリケーションを次の 3つに分類しています。 グローバル ISV (GISV) アプリケーション – 大手のソフトウェア メーカーによってアメリカをはじめいくつかの国際市場で販売されているローカライズされたソフトウェア。 Microsoft (MS) ローカライズ アプリケーション –…


アプリケーションの互換性テスト – 概要

新しいリリースの Windows を出荷するたびに、アプリケーションが以前のリリースの Windowsで動作していたのと同様、新しいWindowsでもちゃんと動作することを実現するためには、大きな努力を伴います。PDC にて Windows Vista の新しい分野についてお話しましたが、その中で OS のセキュリティ モデルの変更に伴い、この種の互換性レベルを下げるとお伝えしました。しかし Windows 7 ではエンジニアリングの方針を転換して、互換性を保つために注力することにしました。デバイス テストもそうですが、互換性テストは、それだけを専門に行っているグループもありますが、エンジニアリングの組織全体にわたる取り組みです。この投稿は数人が執筆し、Windows Experience チームの副社長である Grant George によってまとめられたものです。 –Steven 私たちはアプリケーションの互換性について大変積極的な取り組みをしてきました。このプロセスは最初に製品のスケジュールを計画し、設計し、Windows のコードをチェック インしたときから始まり、その後もエンジニアリング プロセスや分野全体にわたって最終的に製品をリリースするまで (そして、それ以降も) 続きます。 Windows 7 でのアプリケーション互換の目標 Windows 7 に対するアプリケーション互換の目標は、Windows Vista で動作していたほとんどすべてのアプリケーションが Windows 7 でもシームレスに使用し続けられるようにすることです。これには常時注意を払っている必要があります。なぜなら、新しい Windows リリースと並行して、頻繁に更新されるアプリケーション類があるからです。このようなアプリケーションは主にシステム ユーティリティ、診断プログラム、セキュリティ ソフトウェアなどで、共通のテーマは、Windows 内部に実装されることを前提としているので、そのため更新が必要なのです。私たちはこのようなアプリケーションを提供している数多くのソフトウェア メーカーと注意深く調整を続けています。これについては、今月の初めに Ecosystem Readiness Program を発表した際にお話させていただきましたが、以下で詳しく説明します。 製品サイクルを開始するにあたり、Windows 7 の各要素がアプリケーションの互換性を念頭においていることを確かめるために、新しい機能や変更されたデザインについてレビューしました。エンジニアリング プロセスでは、公開された API が変わっていないことを保証するための自動化された品質チェックを行います。また、テスト エンジニアは適切なツール、時間、および情報を用いてアプリケーションの問題が開発サイクルのできるだけ早期に発見できるようにしています。遠隔測定情報も、多種多様のソフトウェア…


Windows 7 のデバイス サポートとテストに関する基本的なこと

多くの方々は (ついに) ベータ版を入手し、Windows 7 をインストールして使い始めておられることでしょう。そこで、どのようにテストを通してデバイスをサポートしているか、また、PC エコシステムの観点でどのような取り組みをしているかについてお話しするのがよいかと思います。ベータ版のリリースとそれに対するフィードバックの分析は大事業であり、私たちがとても重要視しているものです。そして PDC でお話したように、Windows 7 のエンジニアリングに適用したいことを学んだ分野でもあります。これは Windows の組織全体にわたる壮大な取り組みですが、この投稿の執筆は Windows Experience テスト チーム担当の副社長である Grant George がリーダーシップをとっています。このトピックは深く、みなさんはさらにもっと知りたいと思っておられるでしょう。これはまず第一回目であるとお考えください。 –Steven Windows のデバイスとドライバー Windows のリリースにおいてもっとも重要な責任のひとつに、ユーザーが持っているすべてのデバイスとそのドライバーに対するサポートと互換性が挙げられます。Windows のソフトウェアとハードウェアをつなぐ抽象化レイヤーは、OS の極めて重要な部分です。そのレイヤーは、さまざまな側面を持つハードウェア エコシステムにおいて、すべてのパートナーとのインターフェースの役割を果たしているドライバー モデルを介して接しています。Windows は今日、広範囲にわたるデバイスをサポートしています。たとえば、オーディオ デバイス (スピーカーやヘッドセットなど)、ディスプレイ デバイス (モニターなど)、プリンター、FAX やスキャン デバイス、あらゆる形式、サイズ、および機能のデジカメやポータブル メディアとの接続などです。Windows はこのようなデバイスを開発して市場やユーザーへ出荷している世界中の会社に対してオープンなプラットフォームです。そして、私たちの仕事は、これらのエコシステムや選択肢をよく理解し、デバイスやドライバーが私たちのお客様のために正しく動作することを確実にすることです。それには、Windows 7 の開発期間中を通して、デバイス提供者との連携が不可欠です。 ドライバーは、デバイスと Windows OS との間のインターフェースの役割を果たします。そして、WDM (Windows Driver Model) に属しています。WDM は当初、Windows 用のドライバーを簡単に書けるようにするための、カーネル モード ドライバーの中間層として作られました。ドライバーにはさまざまな種類があります。クラス ドライバー (似たようなハードウェア クラスのデバイスをまとめてサポートするハードウェア デバイス…