次のエンジニアリング マイルストーン: RTM

本日、Windows 7 プロジェクトにおいて重要なマイルストーンを迎えました。Windows 7 チームは、先ほど Windows 7 を PC OEM や製造パートナーへリリースし始めました。皆様にお知らせできることを光栄に思います。次の大きなマイルストーンは、Windows 7 を搭載した PC や Windows 7 のパッケージが店頭に並ぶ 2009 年 10 月 22 日になります。 このブログでも何度もお話ししてきたように、PC エコシステム全体の幅広い参加なくして、このマイルストーンに到達することはできませんでした。Windows 7 は Microsoft だけでなく、あらゆる種類のパートナーの業界全体の製品です。Windows 7 の開発期間中、非常に多くの人々が関与し、 Windows 7 のエンジニアリング プロジェクトが関連するすべてのパートナーの方々にとってよりよいものとなるように、たくさんのご協力をいただきました。Windows 7 開発期間中のフィードバックや連携は計り知れないほど有益でした。これらの作業は、このブログでも数多く論じられてきたような素晴らしい効果を生み出しました。それは、いろいろな種類の PC ハードウェアや周辺機器を、とても簡単に、追加設定などすることなく使えるようにすることです。完璧なインストールや、新しく開発されたデバイスのとても簡単な接続法は、パートナーの皆様とのコラボレーションがなければ実現しませんでした。すばらしい仕事をしてくださったハードウェア パートナーのすべてのエンジニアの皆様に対して、Windows チームを代表し心からお礼申し上げます。 Windows 7 は、これまでリリースしてきたソフトウェアの中で、最も広く深くテストされた製品のひとつです。数千人の開発者が初期の段階で使用した 2008 年 10 月の Pre-Beta に始まり、Beta がそれに続き、そして 5 月の RC…

1

PDCが終わって・・・次は、WinHEC

今週は Windows 7 チームにとって特別な 1 週間でした。私たちは、今週の PDC での Windows 7 の皆さまからの反応に対してとても感謝しています。ありがとうございます! 私たちチームのメンバーは全員、Windows 7 の Pre-Beta を触っていただいた結果のニュースやブログの記事を注目していました。反応はすばらしく、私たちはこのリリースに対する皆様の興奮や熱意に恐縮しています。これから Beta や RTM への道のりに対して、私たちにはまだたくさんの仕事が残っておりますが、この反響を受けて更なるやる気がおきてきます。(もちろんもうすでにかなりやる気がありましたが。) 来週は私たちが今まで話をしてきたエコシステム内のハードウェアパートナー様向けのカンファレンスがあります。WinHEC (Windows Hardware Engineering Conference)と呼ばれるイベントで、そこでも多くのセッションやキーノートを行います。“ファンダメンタル”の詳細についての話題をJon DeVaanがリードして行いますし、Windows 7 にかかわっているたくさんのパートナー様との成果をお話できると思います。WinHEC では Windows Server 2008 R2(Windows 7 のカーネルを使ったサーバー)についてもお話ししていきます。また、これらのセッションの内容はオンラインで提供いたします。 これらのショーがありますので、このブログは一時中断いたします。なぜなら、プレゼンテーションをする人たちがこのブログの執筆者でもあるからです。(私も含めて)次の表は PDC にてのWindows 7 関係のすべてのセッションです。この情報を是非お読みください。これらはとても詳細な情報になっています。たとえばこれらの記事に対するフィードバックについてコメントをいただくことによって、今後さらに詳細な情報をこのブログでご提供させていただくというアイデアはどうでしょうか?今後のポストでどんなことを扱うべきか、参考材料としてとても有益な情報になります。 たくさんの皆さまからベータ版の参加、入手方法について問い合わせをいただきました。それらの情報については私たちの製品マーケティング部が作成管理しているこのサイトhttp://www.microsoft.com/windows/windows-7 をご覧ください。ベータに関する情報が準備でき次第こちらで発表いたします。さらに、Windows Vista Blog にても Windows 7 に関する発表、ニュースを掲載していくようにアップデートしました。ブログの名称も Windows Blog に変更しました。 私にとってPDCにて楽しかった時間の一つに“Big Room”にて行われた公開討論の“Open Space”セッションがあります。Channel 9がこの模様を収録したので、ご覧ください。https://channel9.msdn.com/posts/Charles/Steven-Sinofsky-at-the-PDC2008-Open-Space/Windows…


Engineering 7: 下からの視点

あるいは: Windows 7 開発プロセスについての一プログラマーの視点 このポストは Larry Osterman によるものです。Larry は Windows チームの最も「経験豊かな」開発者の 1 人で、1980 年代半ばからマイクロソフトで活躍してきました。Windows チーム全体で、Larry より長くマイクロソフトに勤めているエンジニアは他に 3 人しかいません。私は1989 年にマイクロソフトに入社しましたが、その頃 Larry と知り合ったときのことを覚えています。Larry は “マルチメディア” (当時はマイクロソフト CD-ROM カンファレンスをホストしていました) に従事しており、私が出席した最初の社員総会で、Bill Gates から “5 年勤続” 賞を受け取った人々の内の 1 人でした (当時はそれがすごいことに思えたものです)。Windows 7 に関しては、Larry は Devices and Mediaチームの開発者です。このチームでは、オーディオ、ビデオ、Bluetooth、および Windows にデバイスを接続するためのすべての最新機能の開発を担当します。 Larry はすぐにこのポストを書き上げ、非常に多くの Windows リリースに関する経験を提供してくれました。これらの考察はみなさんと共有する価値が大いにあります。このポストは、私たちがどのようにチームとして機能しているかについて扱っており、ソフトウェア開発チームの一員である人すべてにとって大変興味深い内容となるでしょう。ここでは Vista との比較対照が行われますが、誰もが知っているとおり物事を行う完璧な方法というものは存在しませんし、一つの観点を示しているに過ぎないことをお断りしておきますが、おそらく興味を持っていただけるのではないかと思います。 と言うことで、ありがとう Larry! –Steven 発言する機会を与えていただいたことに感謝します。 ここでは、Windows 7…