UAC に関するアップデート情報

こんにちは。今回は Jon DeVaan が最近頂戴した UAC に関するフィードバックについてお話したいと思います。 Windows 7 を完了させるための作業の多くは、フィードバックへの対応に集中しています。UAC のフィードバックは、エンジニアリングの意思決定プロセスのいくつかの局面があって面白いです。この局面について探索すると、この e7 ブログに興味深い内容を登録できるのではないと考えました。これは UAC について語る第 3 回目です。Windows におけるこの機能の進化について興味のある方は、過去の 2つの投稿 (投稿 1 および 投稿 2) とみなさんから寄せられたコメントをお読みになるとよいでしょう。 これまでに Windows 7 ベータ版に対して寄せられた反応をうれしく思います。そして、RC (= Release Candidate、リリース候補版) に向けて、フィードバックや遠隔測定に基づいて製品にさらに磨きをかけるべく一生懸命作業中です。私たち Windows に従事している者はみな、自分たちの作業が世界中の非常に多くの人々に影響を及ぼすことを考えると謙虚になります。最近のフィードバックでは、人々がどんなに Windows に対して情熱を持っているか感じずにはいられません! 繰り返しになりますが、世界中の何億もの人にコンピュータの価値をもたらす仕事をしている驚くべきコミュニティの一部であることに対し、私たちは謙虚であり、ワクワクもしています。これまでにみなさんから寄せられた考えやコメントに対して、心より感謝申し上げます。 UAC は、「極」の立場とその中間にある立場を唱える (しかも、かなり強固に主張する) 支持者を持つ、幅広い観点を持つ機能のひとつです。今回のケースでは、一方の極を「セキュリティ」、その対極を「ユーザビリティ (使い勝手)」 としたいと思います。もちろん、実際にはこの問題は 2つの極のみが存在するものではなく、間には完璧に実行可能な設計ポイントがあります。世界中のセキュリティ専門家はこの基本的な緊張の下ずっとやってきて、とても安全なように設計されたシステムが確実に存在していて、それによって恩恵を受けるであろう人々から守られています。個人的な例を挙げると、私の銀行は最近オンライン バンキングのセキュリティ管理方法を変更したのですが、とても複雑で使いにくいので、銀行を変えようと思っています。本気です! 誤解を解く みなさんが現在の UAC の設計に対してコメントしているように (そして、そのコメントに対してもコメントしていますが)、いくつかの物事の融合と一連の誤解があることは明らかで、UAC に対するエンジニアリングの意思決定についてお話しする前に、解決しておく必要があります。エンジニアリングの意思決定は、Windows XP SP2 が先駆けとなった secure…


E7の翻訳ポストについて

ブログを読んでいただいてありがとうございます。たくさんのサポート、そして数え切れないほどのE-mailをいただきました。E7ブログの新しい特徴のひとつは英語以外の言語でもサポートすることです。ブログの投稿やダイアログをモニターし、また受信したE-mailを英語に訳すヘルプをしてくれているWindows7の技術開発チームのメンバーが開発の仕事の延長としてブログの翻訳をしています。そのため翻訳のポストは英語でのポストよりすこし遅れるかもしれません。これはこのブログを開発チーム内でサポートするためのトレードオフです。ご了承ください。本当の開発者がブログをサポートしています。


マイクロソフトのEngineering Windows 7 ブログ、E7にようこそ

E7はマイクロソフトの新しいブログで、Windows 7のシニアマネージャーのJon DeVaanとSteven Sinofskyが運営しています。このサイトでは、JonとStevenをはじめ、Windows 7の開発チームのメンバーがブログへの投稿やコメントを通して参加していきます。 次期のバージョンのWindowsの詳細についの質問や、その内容を知りたいといった要望は数多くあるでしょう。WindowsチームはWindows Vistaが市場に出た後のこの18ヶ月間、次のプロダクトの開発を進めてきました。私たちもWindows 7について紹介できることをとても楽しみにしています。今回のこのブログを幕開けとしてWindows 7のプロジェクトを見ていきましょう。 次のWindowsに興味のある方、ブロガー、またWindowsをお使いいただいているお客様を対象にこのブログを書いています。どのようにWindows 7の開発を進めていくのか、このブログを通して、みなさんとディスカッションをしていきたいと思います。大規模なソフトウェアーに一貫する次のバージョンに搭載される機能の選択、そのデザイン、開発、そして高性能を達成してのリリースといったチャレンジがWindowsにも当てはまります。その上、Windowsには多様なお客様にご利用いただいているソフトウエアとしてのチャレンジもあります。このチャレンジにWindowsのチームとして、またWindowsのチームの一員として、責任を持ってお答えしていきたいと思います。 Windows 7の成功には、大規模なソフトウエアであるWindowsに要望されるさまざまな機能と、それらの機能の完成とをどのようにバランスをとりながらでしていくのかといったオープンで正直なディスカッションが欠かせないと思っています。このブログでそれらのディスカッションをお約束します。 Windowsのような製品の計画には、さまざまなお客様のニーズにお答えするための組織的調査が必要です。製品のリリースの計画には、プロジェクトの開始当初から、さまざまなお客様とパートナー(PCメーカー、ハードウエアーの開発社、エンタープライズのお客様、ソフトウエアの開発者など)といっしょに計画してきました。また開発中の今もテレメトリー (Customer Experience Improvement Program)やユーザビリティー等の調査を通して、よりよい製品の開発を進めています。このブログではどのような方法でWindowsチームがお客様と市場のニーズを学習し、そのリリースを計画するもかもまもなくお話したいと思います。 この秋には、Windows 7の詳細な技術情報を初めてご紹介する10月27日に開催予定のProfessional Developers Conference(PDC)と、その翌週に予定されているWindows Hardware Engineering Conference(WinHEC)といった開発者とWindowsを取り巻く全体的エコシステムに大切なイベント2つがあります。このブログでは次の2ヶ月間、開発の幕裏について定期的にご紹介していきます。またPDCとWinHECの開催後も続けてご紹介していきたいと思います。 これまでマイクロソフトがWindows 7について公表せず、何をしようとしているのかといった質問のブログはたくさん見らました。次のバージョンの内容計画を公表することはあまりにも簡単ですが、その計画内容を我々自身がよく把握してからお知らせするといった、開示のタイミングの難しさがあります。Windows 7とそのリリース前の公表内容は、我々が開発できると確信を持った機能を、確信した時点で公表したいと思います。それは私たちがWindowsの進化に深くかかわり多大に投資をしてくださっているお客様やパートナーの方々のプライオリティーやリーソースの割り当てをかき回したり、またのその計画を乱したりするこを避けることが一番大切だと思っているからです。 私たちが次のバージョンの内容公開を慎重にしたいと思うのは、お客様やパートナーの方々に公表された機能が実際搭載されないとか、言明が実行されない、またサポートが提供されないといったようなご迷惑をかけないようにとの意図からです。Windows 7の開発初日からチームは “promise and deliver”(すなわち約束したものは製品としてお届けする)を誓ってきました。何をするか、どうしてするのかといった情報をシェアし、また高品質なものを予定日に遅れることなくリリースすることが私たちの目標です。 私たちはマイクロソフト社内では活発なブロガで、これからお客様やパートナーの方々とこのブログで相互のコミュニケーションができることを楽しみにしています。二人ともブログのエキスパートで、ブログの楽しみを期待するとともに、たくさんの情報を提供できることも、また一方多少のミスもするであろうとことも予想しています。発言が本来の意図をそれて理解されることは多々あることです。ですが私たちは起こりうるそういった誤解を心配していません。私たちが皆さんにお願いすることは、お互いの立場を尊敬しあい、Windows 7のリリースをすばらしいものにするといった共通のゴールをもとにダイアログを進めていきましょうということです。 このブログには定期的に投稿していきたいと思っています。投稿後はコメントを読んで、そのコメントに返答したり、また必要なときは新たに新しい投稿をしていきます。またWindows 7の開発メンバーにも同じようにブログに参加するように勧めていきます。皆さんとのダイアログはオープンにしていきたいと思いますが、気軽にsteven.sinofsky@microsoft.comにメールを下さっても結構です。特にE-mailはブログでディスカッションするトピックについての提案に向いていると思います。 これをもって今回の投稿を終了させていただきます。これからWindows 7の開発情報のこのブログにご期待ください。 Steven and Jon