次のエンジニアリング マイルストーン: RTM

本日、Windows 7 プロジェクトにおいて重要なマイルストーンを迎えました。Windows 7 チームは、先ほど Windows 7 を PC OEM や製造パートナーへリリースし始めました。皆様にお知らせできることを光栄に思います。次の大きなマイルストーンは、Windows 7 を搭載した PC や Windows 7 のパッケージが店頭に並ぶ 2009 年 10 月 22 日になります。 このブログでも何度もお話ししてきたように、PC エコシステム全体の幅広い参加なくして、このマイルストーンに到達することはできませんでした。Windows 7 は Microsoft だけでなく、あらゆる種類のパートナーの業界全体の製品です。Windows 7 の開発期間中、非常に多くの人々が関与し、 Windows 7 のエンジニアリング プロジェクトが関連するすべてのパートナーの方々にとってよりよいものとなるように、たくさんのご協力をいただきました。Windows 7 開発期間中のフィードバックや連携は計り知れないほど有益でした。これらの作業は、このブログでも数多く論じられてきたような素晴らしい効果を生み出しました。それは、いろいろな種類の PC ハードウェアや周辺機器を、とても簡単に、追加設定などすることなく使えるようにすることです。完璧なインストールや、新しく開発されたデバイスのとても簡単な接続法は、パートナーの皆様とのコラボレーションがなければ実現しませんでした。すばらしい仕事をしてくださったハードウェア パートナーのすべてのエンジニアの皆様に対して、Windows チームを代表し心からお礼申し上げます。 Windows 7 は、これまでリリースしてきたソフトウェアの中で、最も広く深くテストされた製品のひとつです。数千人の開発者が初期の段階で使用した 2008 年 10 月の Pre-Beta に始まり、Beta がそれに続き、そして 5 月の RC…

1

グローバル マーケットに向けた Windows 7 のエンジニアリング

Microsoft は長い間グローバルなソフトウェア会社であり続け、常に世界中のお客様をベースとした製品開発を心がけています。また、インターナショナルへの対応というのは開発がとても複雑な分野でもありますーおそらく、みなさんが思っているよりはるかに複雑であり、私たちもいつも学習し改善しようとしている分野です。グローバルなソフトウェアを構築することはチーム全員の責任です。また、グローバルな機能と特定のマーケットに特化した機能の両方を開発することに注力しているチームもありますーたとえば、フォントの処理や、東アジア言語用の入力システムなどです。もちろん、Windows を 100 近い言語にローカライズ (「翻訳」はあまり正確な表現ではありません) することに対しても、私たちは莫大な開発労力をつぎ込んでいます。Julie Bennett がグローバル開発およびローカライズのチームを代表し、同じチームの John McConnell と一緒にチーム全体と協調して、グローバル マーケット用の開発の概略を説明するためにこの投稿を書きました。–Steven E7 ブログの読者の多くは、アメリカ以外の場所に住んでいたり、英語以外の言語を話していたりします。そこで、Windows 7 におけるインターナショナルおよび多言語の改良点について共有するのも役に立つのではないかと考えました。私たちの Windows 7 での目標は、世界中のユーザーのためになるワクワクするような機能や、すべてのユーザーが Windows は地域に密着していると感じるような機能を提供することです。Windows 7 がパフォーマンスや信頼性の基礎的なシナリオを向上することに重点を置いているように、私たちがサービスを提供しているすべての国のすべての言語ですばらしいカスタマー エクスペリエンスをもたらすことができるように、プロセスを改善しました。Windows 7 を世界中でできるだけ同時に提供しようとする試みもその 1 つです。このブログでは、Windows 7 が世界中ですばらしいリリースになると信じるに値する新機能と改善されたプロセスについて説明します。   インターナショナル機能 Windows 7 のインターナショナル機能は、NTFS ファイル名でサポートされる文字 (Unicode 5.1 と一致するようにアップグレードされました) といった低レベルの側面から、背景やテーマの選択 (地域と関連のある写真が入りました) といった高レベルの側面まで、システム全体に波及します。しかし、世界のたくさんの言語や文化を適切にサポートするのに本質的に重大な特定の機能があります。ここでは、そのいくつかについて見ていきたいと思います。 フォント 言語と書くことはどんな文化においても中心的存在であり、そのためフォントのサポートはインターナショナル ユーザーのサポートに欠くことのできないものです。Windows 7 ではフォントの幅と品質の両方がかなり増えました。次の 50 のフォントを新しく追加しました。 上記の表のフォント名から推測されるように、新しいフォントの多くはラテン系ではない書体用です。実際、Windows 7 は、ラテン系書体より非ラテン系書体用のフォントの方が多い、初めての Windows です。大きな改善点の…


Windows 7 での ClearType の技術的な変更点

Bill Gates が持っている数多くの情熱のうちの 1 つは読むことであり、PC 上で読むことを快適なエクスペリエンスにするという彼の望みは、長年にわたり続けられてきた取り組みです。1998 年の COMDEX で、Bill Gates は ClearType を発表しました (こんなにも昔のことだったなんて、信じられません)。発表時、LCD モニターを持っていた人はごくわずかで、15 インチの 1024×768 モニターが数千ドルもしました (今だと 100 ドルもしないようなもの)。スムージングやアンチエイリアシングという概念はずいぶん前から存在しており、タイポグラフィ (文字体裁) やアニメーション、ゲームの世界では一般的なものです。ClearType は LCD パネルの特性を基盤として、これを新たなレベルに引き上げました。ClearTypeはその後 Windows XPに搭載され、Vista と Windows 7 にも引き続き入っています。リリースごとに、基礎となるテクノロジー、それをサポートするフォント、および開発者が利用できる API が変更されてきました。ユーザーの中には、ClearType で表示した画面をそれほど良いと思わず、この機能を無効にしたいと考える人々もいることが長年の間に判明しています。私たちはこれを認識しており、適切なコントロールを提供できるようにしたいと考えています。ClearType は Windows プラットフォームの一部でもあり、アプリケーションの開発者が呼び出してコントロールできる API を提供しています。ClearType は「視覚的な好み」であるという従来からの見方があり、この投稿でも好みと言える一面があることを紹介したいと思います。しかし、アプリケーションによって使用される API であるという一面、つまり、アプリケーションが必要に応じてフォント、色、その他の属性を選択できるのと同じである、ということについても説明したいと思います。この投稿では、歴史や背景を交えながら Windows 7 での実装の詳細に踏み込んで説明します。Greg Hitchcock は ClearType の開発リーダーで、開発当初から担当しています。 また、Windows 7エンジニアリング チームで在職期間が最も長いメンバーのうちの 1 人です。彼より…