Windows の検索をエンタープライズ データ ソースと統合する

Windows のエクスプローラーはあらゆる種類のコンテンツを検索して見つけられるように進化しました。Windows Vista では、みなさんの多くは検索機能を (計測データによると) スタート メニューからか、エクスプローラーの検索ボックスから使用されていました。フォルダの階層を注意深く管理しながらファイル名だけを頼りに探し、何がどこにあるか覚えていられたのは昔のことです。しばしば対象 (音楽プレーヤー、メール ソフト、写真ソフトなど) に特定の検索に頼ったりしますが、Windows Vista や Windows 7 ではネームスペース内およびネームスペースにわたり検索することが可能となりました。この投稿は、PC およびエンタープライズの設定がなされているサーバーでさえ検索できる「検索」に関する新しい機能についてです。「Find and Organize」チームのプログラム マネージャである Alwin と Scott、および開発者である Brandon がこの投稿を書きました。 — Steven 探し物を見つけます 検索するにしろ、ブラウズするにしろ、Windows エクスプローラーの目的は探し物を見つけることで、いったん探し物が見つかると、それで何かを行います (たとえば、コピーしたり、開いたり、削除したりなど)。自分の PC やホーム ネットワーク上に存在するデータについては、Windows 7 ではこれまでよりずっと簡単で豊かなエクスペリエンスを提供するためにホームグループとライブラリ (これについては今後私たちのチームから投稿がある予定です) に力を注ぎました。しかし、これでおしまいではありません。この数年間、企業ユーザーの重要なコンテンツがSharePoint といった集中型のコンテンツ ストアに移動している (または情報集約している) のを見てきました。これらの製品は概して、チーム コラボレーション、ドキュメントのバージョン管理やワークフロー管理、ファイル保管、施策の保持、その他 IT 管理者が喜ぶような集中管理用の機能性など、すばらしい性能が備わっています。 企業の重要なデータは、ローカルのマシン、さまざまな集中型のコンテンツ ストア、およびファイアウォールの向こうにもあります しかし残念なことに、これはユーザーに、それぞれの新しいコンテンツ ストアのユーザー インターフェースについて勉強しなければならない (しかも多くの場合、ドラッグ アンド ドロップなどのデスクトップで慣れ親しんだ機能は使えない) といった負担をかけることになりました。また、共同作業に重点を置いているので、サイトは組織的に大きくなり、特定のドキュメントがどこに保存されていたか覚えるのが難しくなり、その結果ドキュメントが必要になるたびに長いリストを次から次へと見て探さなければなりません。企業ユーザーは、通常の Windows ワークフローから離れることなく、さまざまなデータ…