Windows 7 を守る - 保護者による制限

ご想像のとおり、私たちのチームはこの Windows 7 の次の段階の対応で大変忙しくしています。Windows 7 RC の何百万ものダウンロード、そしてそれをインストールしてくださったことに心から感謝します。現時点で、状況は私たちの期待通りに推移していています。個人的には、私宛にメールをくださった方々に感謝したいと思います。RC に関してたくさんの温かいお言葉とサポートをいただきました。「もうこれでリリースにしてほしい!」とおっしゃる方もたくさんいます。が、私たちは次のマイルストーンに向けて取るべき手順をまとめており、あわてて物事を進めるというようなことはありません。本当にたくさんのやるべきことがあります! ちゃんとは数えていませんが、このブログの Contact リンクから私が送った電子メールは 3,000 通を超えました。すべてにはお返事できていませんが、頑張っています。それぞれの、そして、すべてのやり取りに感謝しています。 Windows 7 には、子供が PC を使用する際に PC を守るための一連の機能があります。この投稿は Safety Team のプログラム マネージャーである Vladimir Rovinsky によるもので、Windows 7 の [保護者による制限] について詳しく説明します。この取り組みは OS そのものの安全性に追加するもので、もちろん Internet Explorer にも安全で安心なブラウジングを提供するために機能が組み込まれています。Windows Live ファミリー セーフティもチェックしてみてください。これは Windows Live Essentials (http://download.live.com) の一部で、より高い安全性と保護者によるコントロールを提供します。 –Steven 今日、子供たちは過去のいかなる時よりもデジタル ハザードにさらされやすくなっています。特に、強力な検索ツール、便利な SNS アプリケーション、動画や写真を公開するための低価格のツールやサービスにより、Web は子供たちに不適切なコンテンツであふれており、保護者はみな自分の子供たちがそれらに接触することを禁じたいと思っています。 子供たちは、Web ブラウザー、インスタント メッセージング アプリケーション、メディア プレーヤー、ゲーム、電子メールアプリケーションなど、さまざまなアプリケーションを介してデジタル…

2

Windows 7 でのメディア ストリーミング

私たちはこれまでに、Windows 7 のホーム ネットワークとメディアに関連する多くの機能について、ブログを執筆してきました。メディア ストリーミングは、これらすべてをかなり格好良くまとめたシナリオです。このシナリオでは、Windows 7 PC をメディア共有のハブとして使用し、ホーム ネットワーク上の他の PC およびデバイスとストリーミングを介してメディアを共有したり、情報をインターネット上で安全にストリーム配信したりできます。この投稿は、デバイス&メディア プログラム管理チームの Scott Manchester が中心となってまとめたものですが、その内容は、コア ユーザー エクスペリエンス、Media Center、ネットワーク、Windows Live などにまたがったものです (Windows Live もこのシナリオで新しい API を活用しています)。この投稿はかなり詳細なもので、実際に試していただきたいことがたくさんあります。テストに RC 版を使用する際、新しい PID キーを入手することなく、別の PC にもインストールして 30 日間使用することができます。それでは、どうぞお楽しみください! –Steven Windows 7 には、家庭内の他の PC やデバイスで、また、外出先からインターネット経由で自分のメディア コレクションを楽しめるようにするための、わくわくするような新しいストリーミング機能を数多く備えています。私たちは、より使いやすく、セットアップが簡単なネットワーク対応のメディア エクスペリエンスを作成しました。これにより、ネットワークに接続された PC やメディア デバイスでの音楽、画像、ビデオなどの鑑賞が、メディア フォーマット、転送方法、プロトコルなどを気にせず簡単に楽しめます。 Digital Living Network Alliance (DLNA) という広く支持されたオープンな業界標準を使用した相互運用を認定されたネットワーク メディア デバイス (NMD) の数は、ますます増加しています。Windows…


次のエンジニアリング マイルストーンについて

今年の 1 月に Beta 版をリリースし、Beta から RC (= Release Candidate、製品候補版) へ進む上での全体的な開発プロセスについて更新情報をお知らせしました。今日、RC のダウンロードが始まり、既にたくさんのインストールと大きな興奮を目にしています。Beta 版を実行してテストし、RC 版のリリースを可能にすることに貢献してくださった何百万人ものみなさんに対し、チームを代表して感謝申し上げます。ブログでも説明したさまざまなメカニズムを通じて寄せられたフィードバックは、Windows 7 のエンジニアリングの非常に有益なものです。私たちは Windows 7 への反応に謙虚であり続けます。ありがとうございます! この投稿は、RC から RTM (= Release To Manufacturing、正式版) と呼ばれるものまでの道のりについてです。RTM は時間のある一点ではなく、「プロセス」です。というのも、RTM より、PC メーカーが新しい PC 用に Windows 7 のイメージ構築のプロセスを開始できるようにし、既存マシン用のダウンロードの準備を整え、一般消費者の手元へ Windows 7 が届くよう供給プロセスを用意するからです。つまり、RTM は Windows 7 のエンジニアリングの最終ステージですが、エンジニアリングは RTM 以降も、みなさんが Windows 7 や Windows 7 PC を店頭で購入できるようになる GA (= General Availability、一般に入手可能になること)…


ソリッド ステート ドライブ (SSD) に関するサポートと Q&A

プライマリ ストレージとしてソリッド ステート ドライブ (SSD) が広範囲に採用される可能性について、特にノート PC への採用や、サーバーにどう応用していくかということについて、関心が高まっています。あらゆる新技術がそうであるように、その導入時には、使用されるテクノロジのパフォーマンス特性の結果として、全体的なシステム (OS、デバイスのサポート、アプリケーション) に当てはめる場合、しばしば再考する必要があります。この投稿では、SSDの最新世代に合わせて Windows 7 を調整してきたことについて見ていきます。これは非常に速く変化する分野であり、今後も Windows を調整するいろいろな方法が存在するだろうと考えています。また、このテクノロジが進化し続け、新たなトレードオフをもたらしたり、基礎となる仮定を覆したりすることを期待しています。Michael Fortin が、ストレージおよびファンダメンタルズ チームの多くの人々からの援助を受け、この投稿を執筆しました。 –Steven 今日のソリッド ステート ドライブ (SSD) の多くは、パフォーマンスの向上、より一貫した応答性、バッテリ寿命の増加、優れた耐久性、より迅速なスタートアップ時間およびノイズと振動の低減を約束します。価格が急激に低下したことにより、多くのアナリストは、従来の回転型ハード ディスク ドライブ (HDD) の代わりに SSD を搭載した PC の販売がますます増えるだろうと予測しています。 Windows 7 では、SSD のオペレーティング特性を念頭に置いて、数々のエンジニアリングの取り組みに焦点を当ててきました。その結果、Windows 7 のデフォルトの動作は、ユーザーの介入を必要とせずに SSD 上で効率的に機能します。Windows 7 の動きがどのように SSD 上で効率的に機能するよう自動的に調整されているかを探る前に、SSD のオペレーティング特性の概要について見てみましょう。 ランダム読み取り: SSD にとって、とても良い面 SSD はランダム読み取りが非常に高速になる傾向があります。回転ディスク ヘッドを配置するために必要な機械的な作業が不要なため、ほとんどの SSD は従来の HDD をはるかに凌駕します。その結果、優れた…


個性について少し、、、

こんにちは! データによると、MSDN・TechNet・Connect ユーザーの多くは、Windows 7 の RC (製品候補版) を使うことで忙しくされているようです。ありがとうございます!!! そしてもちろん、多くの人はRC をダウンロードして使うことを楽しまれています。私たちはダウンロードの規模を拡大し、皆さんの参加と RC の評価データをみることを楽しみにしています。ユーザー自身が Windows 7 を「コントロールできる」ようにすることについてお話しましたが、自分の PC に対してコントロールする方法のひとつが、使う楽しみを独自なものにすることです。RC では Windows 7 の新しい個人設定の「要素」にお目にかかれるでしょう。この投稿は、製品デザイン チームの Denise Trabona と Samuel Moreau が、彼らの仕事の舞台裏について書いたものです。画像の下のリンクをクリックしていください。才能あふれるアーティストたちによるたくさん作品をご覧いただけます。なお、この投稿にあるのは単なるサムネイルです。フルスクリーンの画像は RC でお楽しみください。 –Steven 追伸: ただのお知らせですが、プリベータ版やベータ版でも行ったように、Windows Update とシステムにパッチがあたって更新されるかのテストを行う予定です。新しいドライバーと共に、システムに対するその他の更新も目にされるかもしれません。 Windows 7 のエンジニアリングで最もエキサイティングなことのひとつは、全プロダクト サイクルにわたって成されるさまざまな種類の仕事です。このブログでもいろいろなトピックがあるように、製品のあらゆるレベルにおいて私たちが一生懸命取り組んでいることがお分かりかと思います。みなさんは Windows 7 での新しい個人設定の裏話に興味があるのではないかと思い、今回の投稿となりました。 お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、RC ビルドで、個人の使い勝手をより柔軟にカスタマイズできるようにする新しい個人設定のコンテンツ (壁紙、グラスの色、サウンド設定) のいくつかをお見せします。Windows ユーザーはデスクトップの背景を変更することにより自分自身を表現することが好きですが、Windows 7 にはすぐに自分のエクスペリエンスをカスタマイズできるようなコンテンツが最初から含まれています。 1000の言葉に値するひとつの絵 個人設定の機能を開発する上で、ユーザーが自分のスタイルを表現するためのすばらしいコンテンツが必要だと感じていました。デスクトップの背景は非常に活気に満ちた面なので、独創的な人々がこの機能でどうするか表現したような高品質のコンテンツを提供することに重点を置きたいと思っていました。みなさんがフィードバック ボタンを使ってスクリーンショットを送ってこられるとき、設定されている壁紙の豊かな多様性と個性にいつも刺激を受けています。 どのように Windows 7…


”自動再生”の改善

以前にこのブログ (UAC の変更に関して) および IE ブログ (マルウェア対策の SmartScreen® filter に関して) で以前述べたように、私たちが重視しているのは、ユーザーが自分のコンピューターで実行しようと選択したソフトウェアに対して、ユーザー本人が自信を持ってコントロールできるようにすることです。このブログにも、自動再生に対して具体的に抱いている懸念事項についてのコメントがあります。このブログの記事では、Windows でメディアやデバイスを使用する際の、ユーザーの信頼性を高めるために行われた変更点が示されています。Core User Experience チームの Arik Cohen がこの記事を書きました。 –Steven Conficker ワームなどの特定のマルウェアは、自動実行の機能を利用して、一見したところ害のなさそうなタスクを提供するようになりました。しかし、それはトロイの木馬のように、マルウェアをコンピューターに進入させるためのなりすましです。そして、マルウェアは同じトロイの木馬を使って、コンピューターに接続されるデバイスに感染します。Conficker に関する詳細については、http://www.microsoft.com/japan/protect/computer/viruses/worms/conficker.mspx を参照してください。 下記の、写真が保存されている USB フラッシュ ドライブの例では、マルウェアは [Open folders to view files (フォルダを開いてファイルを表示する)] という害のなさそうなタスクを登録します。最初の赤で囲った [Open folders to view files] を選択すると、マルウェアが起動してしまいます。しかし、二番目の緑色で囲ったタスクを選択した場合は、Windows のタスクが安全に実行されます。 感染した USB の自動再生 これを見た人は、なぜ同じことをするように見える 2 つのタスクがあるのかと混乱してしまいます。信頼できない発行元からのソフトウェアは実行しないように気をつけているコンピューターの知識がある人でさえ、一番目のタスクを選択するという間違いを犯しがちです。その結果、ユーザーは自信を失い、コントロールできていないように感じます。 増大するアタック 自動再生の中に自動実行タスクを表示するのは Windows XP の時からですが、増殖の方法として自動実行を使用するマルウェアの数は著しい増加を見せています。Security Intelligence Report によると、2008…


Windows 7 グラフィックス パフォーマンスのエンジニアリング

Windows 7 グラフィックス パフォーマンスのエンジニアリング 最高の CAD やゲーム グラフィックスなどデスクトップ グラフィックスのパフォーマンスは、Windows 開発の中でかなり多くのテストと調査が実施される分野の1つです。Windows をサポートする幅広いハードウェアとさまざまな利用シナリオは、基本的なフレーム レートからマルチ モニターでの最高のフレーム レートまで、さまざまな目標を持つエコシステムに役立ちます。Windows 7 の設計では、グラフィックスの最先端の要素を向上させる努力を続けると同時に、「実世界」のグラフィックスのパフォーマンスを向上させることを目指しました。当社のパートナーがドライバーを介してプラットフォームとなるハードウェアとソフトウェアの組み合わせを向上させるようとしています (注: Windows Vista ドライバーは、Windows Vista で機能したように機能し続けますが、Windows 7 用にドライバーを更新することにパートナーとともに取り組んでいます。これらのドライバーは、ユーザーの多くが Windows Update 経由でダウンロードしてテストしてきました)。この投稿では、広範な設計とパフォーマンスを測定するさまざまな方法について見ていきます。そして最終的に、異なるハードウェア上でさまざまなシナリオにより Windows 7 を比較テストしているみなさんに検討の余地を残しながら、Windows 7 の設計で実施した内容について報告します。この投稿は、デスクトップ グラフィックス機能チームのプログラム マネージャー、Ameet Chitreによって書かれました。–Steven 新しい PCの購入を考えるとき、「より高速なグラフィックス」や「卓越したパフォーマンス」は常に重要なアピール ポイントとなります。写真を編集し、電子メールを実行し、高解像度ビデオを見て、最新の 3D ゲームをプレイする、これらすべてのタスクをシームレスに簡単で頻繁に行き来できる、そんなより高速なシステムをユーザーは期待しています。そのようなユーザーの多くは、グラフィクス ベンチマークを実行するマニア的なコミュニティ ブログやさまざまなレビュー サイトを参照し、新しいハードウェアまたはソフトウェアのグラフィクスの実行速度を評価して結果を報告しています。従来、グラフィクス パフォーマンスは、3Dゲームを通して測定および分析されましたが、Windows の UI を使い、ウィンドウを移動または最大化する、Word または IE などでスクロールする場合など「デスクトップ シナリオ」と呼んでいるものにも影響を与えます。これらのデスクトップ シナリオのパフォーマンス要件は、3D ゲームとはまったく異なります。実際、これが、Windows Vista エクスペリエンス…


インク入力と Tablet PC

特定の市場 (医学、教育、基幹業務) 向けに、インク入力/TabletPC 機能を活用してユニークなソリューションを開発している開発者たちの大きなコミュニティがあります。彼らはこの経験に基づき、彼らのエンド ユーザーが PC (通常、スレートや壁掛けPC のようなユニークなフォーム ファクターを持つもの) 上の情報と対話する方法を効率化するために、Windows のソフトウェアを作成しています。今週初め、そのようなソフトウェア メーカー (医療用ソフトウェア) の開発リーダーから「Windows 7では自分たちにとって何が新しいのですか?」という貴重な電子メールをいただいたので、この新機能の概要をまとめてみました。この投稿はチームの複数のプログラム マネージャーが作成しました。–Steven Tablet PC 入力パネル 私は Windows 7 のコア ユーザー エクスペリエンス チームのプログラム マネージャーをしている Jan-Kristian です。私の担当領域の 1 つはペンとタッチのテキスト入力です。これから私たちが取り組んでいるエキサイティングなことについてお話したいと思います。 私たちが略して TIP と呼ぶ Tablet PC 入力パネル (Tablet PC Input Panel) は、任意の Windows アプリケーションへ手書きでテキストを挿入するツールです。これは、テキストの入力に使用できるソフト キーボードも備えています。この入力パネルは、Windows XP Tablet PC Edition の最初のバージョンで登場し、バージョンごとにユーザー エクスペリエンスを着実に向上させてきました。 新しい手書きパッド TIP での私たちの目標は、できるだけ軽量化し、ユーザーがその使用方法を意識することなく、書いている内容について集中できるようにすることです。Windows Vista…


上質のアップグレード エクスペリエンスを提供する

この投稿は少々書きにくい内容です。というのも、みなさんにはWindows 7 ベータ版 を使用してくださるようお願いしてきましたが、それは手間がかかる作業です。そして次のマイルストーンでも私たちは同じことを皆さんにお願いしようとしています。しかしベータ版のリリースは、大変な数のとても厳しいテストや使用により、Windows にとって実に価値があり有益なテストサイクルでした。1 月以来、何百万もの人が ベータ 版をインストールして使用してきました。そして、お話したように、フィードバックや遠隔測定は、製品を仕上げるうえで実に価値のあるものでした。ベータ テスターのみなさんの貢献により、高品質の製品を何億ものユーザーに提供できるようになりました。私たちはすでにまとめられている計画に従っており、この投稿は計画について新しいニュースや変更を発表するものではありません。多くの人は ベータ 版を使用中だと思われるので、アップグレードに関する RC (Release Candidate) 版の動作についての注意を申し上げたいと思います。もちろん、私たちは RC 版に対し、自ら課したスケジュールに従って懸命に取り組んでいます。 ベータ プロセスの大部分は、できるだけ多くの「実世界」のシナリオやエクスペリエンスをカバーし、そのエクスペリエンス全体を遠隔測定でモニターすることです。エンジニアにとって最も挑戦的な分野のひとつに、ある Windows リリースから他の Windows へのアップグレード プロセスがあります。考えてみてください、アップグレードを行う前、基本的にシステムのすべてを「知る」ために、一度に膨大な量のコードを実行しなければなりません。Windows 7 の開発中、何百回とオリジナル OEM イメージの Windows Vista からのアップグレードを日常的にテストし、そしてアップグレードの成否を検証するために自動テストを実施しました。また、何千ものアプリケーションと何千ものデバイスについても、アップグレード プロセスで正しく移行できるかテストしました。 多くの人は Vista が動いていた PC に Windows 7 ベータ版をインストールしていました。遠隔測定でそれが判明し、それに対応してきました。ベータテストの期間中、アップグレードのエクスペリエンスを改善し続けることができたと信じています。同様に、遠隔測定によると、大多数の人は新しいパーティションに新規インストールしていました。この遠隔測定を通して、デバイスのエコシステムと、どのドライバーがすでにあり、どれが足りないかがわかりました。また、ボタンやコネクター、その他のハードウェア コンポーネントのサポートを有効にするために、(XP または Vista からの) ドライバーやアプリケーションのインストールが必要な PC に固有の機能についてもわかりました。あわせて、私たちはセットアップ エクスペリエンスの広いエリアをカバーできました。 また、(何百万もの) 多くの人は Windows 7 ベータ版を常時使用していることもわかりました。みなさんは最新版を心待ちにしていらっしゃることでしょう。みなさんは、すべてのアプリケーションをインストールし、システムを設定してカスタマイズされてきました。そして、RC 版を入手して、すぐにでも ベータ版からアップグレードしたいと思っていらっしゃることでしょう。しかしながら、RC…


Windows 7 でのタッチ

初めて Windows 7のエンジニアリング プレビューを提供し、D: All Things Digital Conference にてタッチ インターフェイスのパラダイムをサポートするためにどんな作業をしているか紹介して以来、Windows 7 のエンジニアリングは大きな発展を遂げました。私たちは Windows 7 のタッチ シナリオの開発についての議論を始めることにしました。なぜなら、この利点を最大限に生かすためには、エコシステム全体の長期間にわたる努力が必要だからです。Windows 7 では、タッチ サポートは Windows XP 上で動作する TabletPC から始まった入力技術の進歩に基づいて設計されています。Windows 7 のタッチは、ハードウェア、ドライバー ソフトウェア、 中心的な Windows のユーザー エクスペリエンス、そしてもちろんアプリケーション サポートの向上を必要としています。オープン プラットフォームでサポートすることにより、ユーザーおよび開発者はハードウェア、ソフトウェア、および PC のフォーム ファクターの幅広い選択肢を持てるという利点があります。かなりの人がタッチについて少々懐疑的で、指紋がモニタに付くとかそのようなコメントをよく見かけます。しかし、ハードウェアが進化するにつれてタッチは広く普及し、あるフォーム ファクター (たとえば、病院や売店や店頭の壁掛けディスプレイ) にとっては、メインの入力方法になると考えています。また、コンバーチブル型ノート PC(通常のノートPCとタッチパネルPCの両方の特長を持ついわゆる「キッチン PC」)で何か読むなど、たくさんのシナリオを豊かに増大させる可能性も秘めています。私が最近好きなことのひとつは、PC ショップで、 all-in-one でタッチ機能の付いたデスクトップ PC を触り、そしてまた他の all-in-one PC のスクリーンを触って試している人を見ることです (ただし、PC が反応していない時を除いてですが)。スクリーンをタッチするという概念は、予想以上に速く、第二の天性になりつつあるようです。この投稿はこの議題に対する初めてのブログです。タッチ チームの数名による共同作業で、Reed Townsend、Dave Matthews、および Ian…