次のエンジニアリング マイルストーンについて

この投稿は Windows チーム全体を代表して、Windows 7 Beta をインストールし使用してくださっていることに対する特別の感謝で始めたいと思います。遠隔測定によると Windows 7 は何百万もインストールされているようですが、これは実にすばらしいことです。そして、[フィードバックの送信] ボタンをクリックしてくださった方から、詳細なバグ報告と当然ながらたくさんの提案を受け取っています。開発サイクルにおいて、このような広いカバレージとみなさんの取り組み無くしては、Windows 7 をBeta から最終製品へ持っていくことはできません。このようにすばらしい反応が返ってきていますし、みなさんの中にはどのように Windows 7 Beta を自分のマシンにインストールしたかや、とても快適に使用できていることなどについてブログに書いていらっしゃる方もたくさんいます。最もよく聞かれる質問は「ベータ版が 8 月に期限切れになったらどうすればよいでしょうか? 古い (原文ママ) OS には戻りたくないんですが。」というものです。ベータ版のリリースは補足物ですが、私たちは親切な反応に感謝しています。 この投稿は、現在私たちのいる地点であるベータ版から RTM (= Release To Manufacturing、正式版) までの道のりについて、PDC でお話したトピックを基に議論を進めたいと思います。この投稿は出荷日、計画の変更、これまでに説明したプロセスの変更などのお知らせではなく、どちらかというと RTM や一般に提供されるようになるまでの道のりについて、追加の詳細や前向きな見方を提供するものです。この動機は、Windows 7 に対するハイレベルな興味に加え、Windows をリリースするということはマイクロソフトが「単独」で行うことではなく、PC エコシステム全体の一部として行うことだと思っているところにあります。もちろん、私たちは自分の役割を果たすことに重大な責任があり、重く受け止めています。Windows リリースの最終ステージは、エコシステム全体にわたるパートナーシップであり、バラエティ豊かな PC、ソフトウェア、周辺機器が一緒に動作して完全で満足できる Windows 7 のエクスペリエンスをユーザーのみなさんへもたらすようにすることです。 Windows 7 の開発の次のマイルストーンは「RC」 (= Release Candidate、リリース候補版) です。歴史的に RC は「もうすぐ完成するのでテストを始めてください。特に、すべての機能は入っていますので。」というサインでした。以前に申し上げたように、Windows 7 では少し違ったアプローチをとることにしました。それは正直に実情を公開することで、現在みなさんと一緒に体験していることです。PDC で配布したプリベータ版では大体の API…


Windows 7 のアプレットの紹介

およそ十年ごとに、私たちは Windows でアプレットと呼ばれるものの更新について大きな決定を行います。なお、アプレットについて説明するときに、アプレットをアプリケーション、プログラム、またはツールとも呼びますのでご注意ください。アプレットは、長い歴史を持つ Calc (電卓) ペイント (MS ペイント、またはペイント ブラシ)、ワードパッド (Write)、さらに Windows 7 での新しい付箋などです。古くから知る者として、これらのツールについて考えるときはいつも、これらの歴史のすべてとこれらがどのように登場してきたのか考えます。多くの人々が、弊社の現在のCEOによる、今では「古典」となった video をご覧になっていることと思います。このビデオは、営業担当者たちの注意を Windows に引き付けました (このビデオの最後の言葉は、このビデオが Microsoft 内で実現したことの手掛かりとなります)。Windows 7 は、これらのツールを更新する絶好の機会と思われます。このリリースでアプレットを更新する理由は、アプレットに固有の機能を追加するちょうど 10 年ごとの時期だからということではなく、開発者の皆様が皆様のアプリケーションを Windows 7 デスクトップ エクスペリエンスと統合する新たな機会だからです。多くの人々はアプレットを基本ツールとして使用します。アプレットはすべての人向けに「即座に利用可能な」価値を提供していますが、私たちは全体的なプラットフォーム エクスペリエンスを示し、Windows 7 上で統合し構築する方法について開発者へガイダンスを提供するとき、アプレットをより価値あるものと考えます。私たちは主に Windows で何が新しいかを示すことに焦点を当てています。多くのフル機能のツールが同様の機能を無料で提供しているので、これらのツールへますます多くの機能を追加しなければいけないという実際的な「緊張」状態にはありません。より高精度のビットマップ エディット機能や高度な科学計算用電卓機能への希望でコメントがいっぱいにならないよう願っています :-)。 この投稿で取り上げられたすべての APIは、 Windows 7 developer guide でご覧いだけるWindows 7用に更新された開発者向け領域の MSDN で説明されています。また、取り上げられた各領域は PDC と WinHEC のサイト上の各セッションでサポートされます。 この投稿は、リーダーの Riyaz Pishori (グループ プログラム マネージャー)…


ディスク最適化 – その背景と Windows 7 の開発における改善

皆さんによく知られているトピックの 1 つは (私は、それについて100通以上の電子メールを受け取りました!)、Windows 7 のディスク最適化ユーティリティを改善してほしいというものです。私たちはそれに取り組み改善しました。また、ブログのコミュニケーションによって、私たちは、皆さんからご指摘があったいくつかのことを理解しました。それは素晴らしいことです。そしてこれは思っている程簡単なことではありません。私たちは、最適化に多くの歴史があることを知っています。そして「ずっと以前は」、それがほとんどのユーザーにとっていかに重要なパフォーマンスの問題点であったか、そして、さらに大きなミステリーであったかということを知っています。コンピューターの動きが遅い場合に、特殊な最適化プロセスを経なければならなかったことが、広く知られるようになりました。Windows Vista では、ユーザーの皆様に余計なご心配をおかけしてはならないということを意識し、プロセスを自動操縦下に置くことを決定しました。実際に、これは実現されていますが、少なくともプロセスの自動実行という制限があります (つまり、毎晩コンピューターの電源が切られると、動作しません)。実行中の最適化の状態に関してより多くの情報を望む知識の豊富な方々から、多くのフィードバックを受け取りました。また、プロセスの管理全体に関して、より多くの柔軟性を望む方々からもフィードバックを受け取りました。この投稿では、そのフィードバックに基づいて行った変更の詳細を説明します。また、受け取ったメールやコメントを読ませていただいたときに、プロセス、パフォーマンス向上の認識と現実、さらに特定の向上点に関してより詳しく知ることは価値のあることだと考えました。この投稿は Rajeev Nagar および Matt Garsonによるものです、両名とも私たちのファイル システム フィーチャー チームのプログラム マネージャーです。 –Steven このブログでは、Windows 7 のディスク最適化に焦点を当てています。Windows 7に導入された変更を説明する前に、断片化とは何か、およびその適用性について簡単に説明しましょう。 ハード ディスクと CPU の間のハードウェア パイプラインを含むストレージおよびメモリ階層内では、ハード ディスクは動作が遅く、待機時間が長くなっています。ハード ディスクとの間での読み取り/書き込み時間は、ミリ秒単位で測定されます (通常2~5ms)。これは、データがプロセッサの L1 メモリ キャッシュに格納されると (平均で) 10 ナノ秒未満でデータを計算することができる、2 GHz CPU と比較すると非常に高速に思えます。 このパフォーマンス ギャップが増加しているのは、過去 20 年間に限られます。下記の図は注目すべきものです。 要するに、これらの図は、ディスク容量は増えていますが、データを転送したり新しいデータを書き込む能力は、同等な割合で増えていないということを示しています。したがって、ディスクはより多くのデータを取り込めるようになっていますが、それを読み書きするのにより長い時間がかかるのです。その結果、高速な CPU は、データが処理できるようになるのを待つことになり、比較的アイドル状態が長くなります。 コンピューター科学における重要な研究では、システム全体の I/O パフォーマンスを向上させることに焦点を当てていました。その結果、次の2つの原則が立てられ、オペレーティング システムはこの原則に従おうとしています。 I/O動作をより少なくする、つまり、ディスクの読み取り/書き込み要求が発行される回数の最小化を試みる。 I/Oが発行される場合、なるべく多量のデータを転送する、つまり大量に読み書きする。 両方の規則には、合理的に考えると、簡単に理解される次のような論理的根拠があります。 I/O…


Windows 7 での「Windows エクスペリエンス インデックス」のエンジニアリング

世界中の Windows 7 ベータをダウンロードおよびインストールしてくださった大勢の人から山のようなレポートが寄せられ、処理に大わらわです。使い始めたみなさんの興奮がうかがえて、私たちも大変興奮しています。ベータに参加している方の多くは自分が使用しているハードウェアに精通しており調整も十分なので、Windows 7 の Windows エクスペリエンス インデックス (Windows Experience Index = WEI) や、Windows 7 で WEI がどのように変更または改良されたか、といった質問はあまり寄せられていません。この投稿では、再び Michael Fortin がWEI のエンジニアリングの詳細について語ります。 WEI は PC の主なハードウェア コンポーネントのパフォーマンスを相対的に測定するための方法で、Windows Vista から導入されました。ベンチマークのインデックスのように、相対的な評価として使用されるものであり、ある数値を他の数値と比較するものではありません。ほかの測定とは異なり、WEI は単にコンポーネントの性能を測定するものです。また、WEI は短時間しか実行されず、ソフトウェアの実行中にコンポーネントのインタラクションを測定するものではありません。どちらかと言うと、ハードウェアの特徴を計測するものです。そのため、システムが自分の使い方によってどのように動作するかは測定しませんし、測定できません。つまり、WEI はシステムのパフォーマンスを計測するのではなく、単に Windows 7 実行時のハードウェアの相対的な性能を計測するものです。 特定の個人にとって必要な 「絶対的な」 WEI を一般化しようとする方々に対して若干の注意を促したいと思います。私たちはそれぞれ PC のパフォーマンスに対して異なる許容範囲や期待を持っており、WEI の値が同じでも別の人にはまったく違った意味を持つ場合があります。私の場合、仕事の 約 9 割は WEI が 2.0 の (ゲーム用グラフィックスのコンポーネントのスコアが比較的低い) とても安いノート PC で行っています。PC では…

1

フォローアップ: Windows 7 のアクセシビリティ

前回のアクセシビリティに関する投稿に対してコメントをいただきましたが、そのトピックに関してユーザー インターフェース プラットフォーム チームのメンバーが考えをお話します。Brett は Windows 7 のアクセシビリティのテストを指揮するシニアテストリードです。–Steven こんにちは。私は Windows 7 アクセシビリティ チームでテストリードをしている Brett と申します。昨年の 11 月に同僚の Michael が Windows 7 に対する私たちのチームの仕事についてのブログを投稿しましたが、そのフォローアップと新しいスクリーン拡大鏡についての最新情報を提供したいと思います。ちなみに個人的なことですが、私は低視力で、私たちのチームで開発している技術が私自身の仕事を進めるために欠かせません。 この数ヶ月、毎日の仕事で Windows 7 を使用してきました。この、自社のまだベータ版にも満たない開発途上の製品を使用することを「ドッグフーディング」と呼んでいます。Windows 7 を第一の OS として使ってきましたが、新しい拡大鏡は私にとって大変役に立っています。 さて、拡大鏡についてですが、ご想像のとおり Windows にはたくさんの機能がありますが、アピール ポイントは人によって異なります。このことについて、私たちは何億もの人にピザを作るようなものだと言っています。これは私のチームが担当している機能にも言えることです。Windows 7 のベータをリリースして以来、拡大鏡についてたくさんのコメントを読みました。あるものは新しいものによって本当に恩恵を受けている人から、あるものは提案、またあるものは懸案事項についてです。これらのフィードバックはどのような内容であってもありがたいもので感謝申し上げます。恩恵を受けた人の多くは基本的な拡大鏡が必要な人で、ズームインやズームアウトが簡単にできることを評価しています。私もその一人です。拡大鏡と一緒にカスタマイズした色、ハイコントラスト、またはスクリーン リーダーを使用している人にとっては、おそらく新しい拡大鏡はあまりお役に立っていないのではないかと思われます。そういう人のために、Vista の拡大鏡が引き続き動作することを確認しました。Windows 7 で私たちが行ったことについて、もう少しご説明しましょう。 実装について詳しくお話しする前に、Windows のグラフィックス システムから始めたいと思います。この過去数年で GPU テクノロジーは大幅に向上し、Vista でついに最新ハードウェアのアクセラレーテッド グラフィックス システムへ大きく飛躍しました。それが Aero と呼ばれているもので、GPU を活用しています。Aero という言葉は、透過性やグラデーションなど Windows ビジュアルの特定の要素を指すものとしてよく使用されています。しかし、実際にはそれ以上で、最新のグラフィックス レンダリング…


ユーザー アカウント制御 (UAC) のアップデート

どのように私たちがユーザー アカウント制御 (user account control = UAC) を改善したかについて、非常に多くの反響が寄せられました。そこで、みなさんに対して簡単に情報のアップデートをしたいと思います。多くの方々は自分にあった設定にされたようで、寄せられたフィードバックをうれしく思います。ここでは、デフォルトの選択について詳しく見ていきます。 –Steven 前回の投稿では、UAC の「なぜ」と、UAC の Windows、エコシステム、およびユーザーに対する意味合いについて論じました。また、寄せられたデータやフィードバックに対処してよりよいものとするため、私たちに必要なものは何かということもお話しました。このブログの投稿では、私たちの対応についてとベータのビルドでどうなるかについて、詳細をお知らせしたいと思います。 前回の投稿でも述べたように、UAC の目的を支持してくださったみなさんからのコメントは、有益で重要なものです。UAC は、ユーザーがシステムを管理下に置き、長期間の保有コストを削減し、ソフトウェア エコシステムを改善できるようにするために作成されました。これらの目標に反しないようにすることは重要です。それどころか、私たちが同意した目標を見失うことなく全体的なエクスペリエンスを向上させるために、寄せられたフィードバックを考慮し、遠隔測定に基づいて開発していきたいと思います。 ビルド 6801 を使用している方は、プロンプトの削減と改善された新しいダイアログ メッセージによるメリットを感じていると思います。また、ユーザーが自分のシステムに対してより強い制御権を得るようにするための取り組みである、新しい UAC コントロール パネルもご覧になったことでしょう。管理者は UAC から受け取る通知のレベルをより細かくコントロールできるようになりました。UAC コントロール パネルは、スタート メニューの検索、アクション センター、はじめに、および UAC プロンプトそのものからも開くことができるので探してみてください。もちろん、Vista からのおなじみの方法でもアクセス可能です。 図 1: UAC コントロール パネル UAC コントロール パネルでは、4種類の設定から選択することができます: すべてのシステム変更について常に通知する。これは Vista での動作です – システム レベルの変更 (Windows の設定、ソフトウェアのインストールなど) がなされると、UAC プロンプトが表示されます。 プログラムがコンピュータに対して変更を加えようとするときのみ通知する。この設定は、自分がコントロール パネルや管理タスクといった Windows の設定を変更する際にはプロンプトは表示されません。…


Windows 7 のデバイス サポートとテストに関する基本的なこと

多くの方々は (ついに) ベータ版を入手し、Windows 7 をインストールして使い始めておられることでしょう。そこで、どのようにテストを通してデバイスをサポートしているか、また、PC エコシステムの観点でどのような取り組みをしているかについてお話しするのがよいかと思います。ベータ版のリリースとそれに対するフィードバックの分析は大事業であり、私たちがとても重要視しているものです。そして PDC でお話したように、Windows 7 のエンジニアリングに適用したいことを学んだ分野でもあります。これは Windows の組織全体にわたる壮大な取り組みですが、この投稿の執筆は Windows Experience テスト チーム担当の副社長である Grant George がリーダーシップをとっています。このトピックは深く、みなさんはさらにもっと知りたいと思っておられるでしょう。これはまず第一回目であるとお考えください。 –Steven Windows のデバイスとドライバー Windows のリリースにおいてもっとも重要な責任のひとつに、ユーザーが持っているすべてのデバイスとそのドライバーに対するサポートと互換性が挙げられます。Windows のソフトウェアとハードウェアをつなぐ抽象化レイヤーは、OS の極めて重要な部分です。そのレイヤーは、さまざまな側面を持つハードウェア エコシステムにおいて、すべてのパートナーとのインターフェースの役割を果たしているドライバー モデルを介して接しています。Windows は今日、広範囲にわたるデバイスをサポートしています。たとえば、オーディオ デバイス (スピーカーやヘッドセットなど)、ディスプレイ デバイス (モニターなど)、プリンター、FAX やスキャン デバイス、あらゆる形式、サイズ、および機能のデジカメやポータブル メディアとの接続などです。Windows はこのようなデバイスを開発して市場やユーザーへ出荷している世界中の会社に対してオープンなプラットフォームです。そして、私たちの仕事は、これらのエコシステムや選択肢をよく理解し、デバイスやドライバーが私たちのお客様のために正しく動作することを確実にすることです。それには、Windows 7 の開発期間中を通して、デバイス提供者との連携が不可欠です。 ドライバーは、デバイスと Windows OS との間のインターフェースの役割を果たします。そして、WDM (Windows Driver Model) に属しています。WDM は当初、Windows 用のドライバーを簡単に書けるようにするための、カーネル モード ドライバーの中間層として作られました。ドライバーにはさまざまな種類があります。クラス ドライバー (似たようなハードウェア クラスのデバイスをまとめてサポートするハードウェア デバイス…


Windows 7 のエネルギー効率

この投稿では、電源管理を中心に、基本的なことを説明したいと思います。電源管理 (すなわち、エネルギー効率) は、PC エコシステムに取り組もうとする場合には必ず対応を迫られる問題であり、PC 実行時のエネルギー効率は、最もエネルギー効率の悪いコンポーネントによる制約を受けます。Windows 7 の設計時には、実行システムのエネルギー使用パターンを重視するということが明確になっており、私たちは今後も継続してハードウェアやソフトウェアの製造元と協力し、この取り組み全体を通じて得られる利点について把握するよう努めるつもりでいます。あらゆる領域におけるニーズのバランスを保とうとするときに、エネルギーの消費は、おそらく最も目に見えてわかりやすいことだと思われます。私たちが、システムを試験的に実行するときには、システムを電源メーターに接続するので、それによってテストの実行時の数値的な変化がはっきりとわかります (アポロ 13 という映画で、割り当てられている電源を有効に使おうと格闘している様子 (ずっとミッション クリティカルな問題でありますが) をご覧になった方もいらっしゃるかもしれません)。この投稿は、カーネル チームを統括するプログラム管理チームの Dean DeWhitt によるものです。 –Steven エネルギー効率は、現代のコンピューティングに関して頻繁に話題に上ることの 1 つです。その証拠に、プロセッサやチップセットのベンダーは、製品について、単なるプロセッサのクロック周波数やベンチマーク パフォーマンスではなく、"ワットあたりのパフォーマンス" を売り込んでいます。おそらく、多くのインダストリ コンソーシアムのうちの 1 つのプレス リリースで、"グリーンコンピューティング" (コンピューティングにおける電力消費と環境への影響の低減) に注目していたのをご存知の方もいらっしゃるかもしれせん。最終的に、バッテリの寿命は、常に、モバイル PC の購買とユーザビリティに影響する主要な要因となります。こうした、PC 業界におけるエネルギー効率に関する取り組みは、Windows の電源管理の方法に対する継続的な関心を呼び起こします。 Windows 7 の設計における私たちの目標は、以前のリリースよりも電力消費を削減し、ユーザーが Windows PC に望む能力と機能を提供することです。Windows では、既に豊富な省エネルギー機能が提供されています。たとえば、ユーザーがコンピューターを使用していないときには、ディスプレイの電源を切って、システムを自動的にスリープ状態にできます。Windows 7 では、こうした領域への投資を重ねており、既存の機能を拡張し、システムがアイドル状態のときの電力消費を削減することを重視しています。Windows では、プロセッサ、ハード ドライブやディスプレイなどのさまざまなデバイスの電源の状態を管理する必要がありますが、コンピューターで実行されている、それ以外のデバイスやソフトウェアも、電力消費とバッテリの寿命に関して、(それ以上とは言わずとも) 同程度の影響を及ぼします。これは、PC の操作性の向上に取り組んでいるあらゆる人々にとっての課題です。 私たちは、エネルギー効率と電力消費について話をするときに、課題となる領域を、次の 3 つに分類しています。 基本ハードウェア プラットフォーム : プロセッサ、チップセット、およびメモリ。モバイル プラットフォームの場合には、バッテリ容量も含まれます。基本ハードウェア プラットフォームは、プラットフォームの電力消費に大きな影響を及ぼす可能性があります。最大プロセッサ速度、コア数…