Windows 7 のバッテリに関する通知メッセージ

私たちは先週ずっと、Windows 7 とバッテリに関して、特に「Considering replacing your battery (バッテリを交換してください)」という Windows 7 の新しい通知メッセージに関するブログの動向を追っていました。このメッセージは Windows 7 のエンジニアリングと関係があるので、このブログを使って皆さんに更新情報をお知らせすることにしました。何度も申し上げてきたように、私たちは Windows 7 の品質に徹底して取り組んでおり、OS の重大な障害につながる恐れのある潜在的な問題を示すようなレポートをすべて真摯に受け止めています。前回の投稿では、バグ レポートを受け取ったとき、特に同じ内容と思われるレポートをいくつも見かけるようになったときの対処手順について説明しました。今回の件に関して、Windows 7 で何か対処しなければならないことがあるかどうか確かめるために、先週からいつもの手順以上に念入りに取り組んできました。しかし、現時点ではこの件に関してWindows 7 の問題は発見されていません。 先週、複数の報道によって、Windows 7 にアップグレードする前は適切に機能していたと思われるシステムで、Windows 7 が「consider replacing your battery (バッテリを交換してください)」と警告すると述べているユーザーのブログやフォーラムに注目が集まりました。これらの記事では、Windows 7 は消耗しつつあるバッテリをユーザーに警告せず、この状態を誤って報告し、さらに悪いことにバッテリをダメにした、とするサポート フォーラムの投稿を紹介していました。-しかしWindows 7 は消耗しつつあるバッテリの警告メッセージを表示するように設計されているのです。エコシステムでのこれまでの経験で知る限り、Windows 7 は、実際に消耗しつつあるバッテリについて適切に警告し、バッテリのステータスに関して誤って報告することはなく、いかなる方法によってもバッテリにダメージを与えることはありません。私たちが確認できたどのケースでも、交換する必要があると報告されているバッテリは、実際に交換の必要がありました。 フォーラムでこの問題についてレポートしているユーザーへの連絡、カスタマー サービスとのコミュニケーション、PC メーカーとの協力、そしてもちろん Windows 7 での遠隔測定など、利用できるすべての手段を使って、この新機能に関するレポートやディスカッションを注意深くモニターし、意図された動作に関するレポートを Windows 7 の問題点を示している可能性があるレポートから分離するようにしています。後者のケースでは、適用範囲の理解と、問題の現象を再現できるハードウェアの入手を試みています。これらすべての手順によって、これまでに、バッテリの調子の件で通知メッセージを見たユーザーがいて、調査したすべてのケースで、Windows 7 は単に消耗したバッテリを正確に検出していたことが判明しています。この特定の問題に関する私たちの立場をお伝えする前に、この新機能の背後を見ていく必要があるでしょう。 PC のバッテリ寿命 (バッテリ電源での実行時間) の最も大きな要因は、バッテリそのものです。PC のバッテリは本質的に、電荷を保持して電力を提供する能力が減衰していきます (すべての充電式バッテリはそうです)。この原因は複雑で、バッテリ化学における不可逆的変化や、他の物資との増加した内部抵抗、バッテリの設計や製造に関係があります。この減衰は、ユーザーにとっては、PC…

15

バグレポートにどう対処するか?

ある一つのWindows 7 のバグ レポートのため、チームの何人かはこの 2 日、忙しく過ごしました。この問題についての詳細はそれほど重要ではなさそうなので、その内容そのものよりも今回はその例を使用して、私たちがこの種の状況にどのように対処するか、その背景とプロセスについて説明したいと思います。 今週、あるブログで Windows 7 でクラッシュする問題が報告されました。クラッシュを再現する手順はとても簡単で、(1) システム ドライブ以外のドライブで chkdsk /r を実行すると、その後システム メモリが消費されてクラッシュが発生するというものでした。「再現」が容易だったので、この件は急速に広がりました。それに続く投稿やコメントは、この問題が他のユーザーによっても再現されることを示していました。このレポートには 2 つの特徴があり、(a) 多くのメモリを消費して、(b) クラッシュする、ということでした。 すぐに、私はこのレポートに関する多くのメールを個人的に受け取とるようになりました。多くのみなさんと同様、私が最初にしたことは、それを試してみることでした。そして、ご想像のとおり、私はどちらの問題も再現できませんでした。が、メモリの使用は確認しました。別のコンピューターでもやってみて、同じことを確認しました。どちらの場合も、コンピューターは chkdsk 中も chkdsk 後も正常に機能しました。いつものように、私は受信したほとんどのメールに返信し、クラッシュの再現手順の説明と、システム ダンプ ファイルの共有をお願いしました。メモリの使用については、クラッシュほど心配ではありませんでした。興味深いメールのやりとりをかなりの数しましたが、再現ケースに関する手がかりや対処すべきクラッシュ ダンプを得るには至りませんでした。 もちろん、Microsoft 社内で最初にこれを知ったのは私ではありません。ファイル システムのチームは、直ちに問題を調査し始めていました。彼らもまた、クラッシュを再現することができませんでした。彼らの分析によると、このメモリ使用は計画的なもので、このシナリオに対する Windows 7 特有の変更点でした。(/r フラグは、排他的ロックを使用してディスクを修復します。したがって、私たちの仮定は、コンピューター上で何かを行う前に、ユーザーはディスクが修復されて欲しいと考えているということです。これは、このトピックに関するその後の複数の第三者によるブログ投稿によって立証された仮説でもあります)。私たちはさらに調査を進め、クラッシュ ダンプとレポートを探し続けました。下記に述べるように、私たちは自由に使えるかなり多くのツールがあります。 調査を続けている間、私が受け取るメールの雰囲気はエスカレートし、さらに重要なことに、私が返信したうちの 1 人が、ブログの投稿で私たちのメール交換について言及しました。そのため、電子メールでふつうに対話しようとしていましたが、それは話し合いの途中で終了せざるを得ませんでした。Windows 7 の開発中、きわめて慣例的に行ってきたように、私は元のブログ (および、この特定のメル友がコメントしているブログ) にコメントを追加し、私たちが行っている手順やその時点でわかっている情報を説明しました。面白いことに (残念なことではありません)、コメントを投稿するだけで、取り上げられたこの問題にさらに多くの注意が向けられました。個人的に、私は広いコミュニティのメンバーであるのが大好きなので、多少混乱を引き起こすような場合でさえ、当事者になることを楽しんでいます。 クラッシュの問題に関するレポートを受け取ったときの内部プロセスは、まさに説明する価値があります。数年前まで、私たちは次の 2 つの対応のうち、どちらか 1 つを行っていました。バグを見つけられそうにないので降参する、あるいは、すべてを後回しにして、再現可能なケースを見つけられるかもしれないという希望を抱いて、ターミナル デバッガーを持って飛行機に乗る、です。このどちらも特別に効果的であるということはなく、後者は非常に英雄的に聞こえますが、努力にみあった結果を生み出しません。最も重要なことは、クラッシュの可能性があったとして、それがただ 1 つの事例なのか、それとも多くのユーザーが遭遇している、または遭遇しうるクラッシュなのか、私たちには分からないということです。私たちは判断の材料となるデータなしで作業していました。 今では、インターネットと製品 (Windows 7…

1

次のエンジニアリング マイルストーン: RTM

本日、Windows 7 プロジェクトにおいて重要なマイルストーンを迎えました。Windows 7 チームは、先ほど Windows 7 を PC OEM や製造パートナーへリリースし始めました。皆様にお知らせできることを光栄に思います。次の大きなマイルストーンは、Windows 7 を搭載した PC や Windows 7 のパッケージが店頭に並ぶ 2009 年 10 月 22 日になります。 このブログでも何度もお話ししてきたように、PC エコシステム全体の幅広い参加なくして、このマイルストーンに到達することはできませんでした。Windows 7 は Microsoft だけでなく、あらゆる種類のパートナーの業界全体の製品です。Windows 7 の開発期間中、非常に多くの人々が関与し、 Windows 7 のエンジニアリング プロジェクトが関連するすべてのパートナーの方々にとってよりよいものとなるように、たくさんのご協力をいただきました。Windows 7 開発期間中のフィードバックや連携は計り知れないほど有益でした。これらの作業は、このブログでも数多く論じられてきたような素晴らしい効果を生み出しました。それは、いろいろな種類の PC ハードウェアや周辺機器を、とても簡単に、追加設定などすることなく使えるようにすることです。完璧なインストールや、新しく開発されたデバイスのとても簡単な接続法は、パートナーの皆様とのコラボレーションがなければ実現しませんでした。すばらしい仕事をしてくださったハードウェア パートナーのすべてのエンジニアの皆様に対して、Windows チームを代表し心からお礼申し上げます。 Windows 7 は、これまでリリースしてきたソフトウェアの中で、最も広く深くテストされた製品のひとつです。数千人の開発者が初期の段階で使用した 2008 年 10 月の Pre-Beta に始まり、Beta がそれに続き、そして 5 月の RC…

1

グローバル マーケットに向けた Windows 7 のエンジニアリング

Microsoft は長い間グローバルなソフトウェア会社であり続け、常に世界中のお客様をベースとした製品開発を心がけています。また、インターナショナルへの対応というのは開発がとても複雑な分野でもありますーおそらく、みなさんが思っているよりはるかに複雑であり、私たちもいつも学習し改善しようとしている分野です。グローバルなソフトウェアを構築することはチーム全員の責任です。また、グローバルな機能と特定のマーケットに特化した機能の両方を開発することに注力しているチームもありますーたとえば、フォントの処理や、東アジア言語用の入力システムなどです。もちろん、Windows を 100 近い言語にローカライズ (「翻訳」はあまり正確な表現ではありません) することに対しても、私たちは莫大な開発労力をつぎ込んでいます。Julie Bennett がグローバル開発およびローカライズのチームを代表し、同じチームの John McConnell と一緒にチーム全体と協調して、グローバル マーケット用の開発の概略を説明するためにこの投稿を書きました。–Steven E7 ブログの読者の多くは、アメリカ以外の場所に住んでいたり、英語以外の言語を話していたりします。そこで、Windows 7 におけるインターナショナルおよび多言語の改良点について共有するのも役に立つのではないかと考えました。私たちの Windows 7 での目標は、世界中のユーザーのためになるワクワクするような機能や、すべてのユーザーが Windows は地域に密着していると感じるような機能を提供することです。Windows 7 がパフォーマンスや信頼性の基礎的なシナリオを向上することに重点を置いているように、私たちがサービスを提供しているすべての国のすべての言語ですばらしいカスタマー エクスペリエンスをもたらすことができるように、プロセスを改善しました。Windows 7 を世界中でできるだけ同時に提供しようとする試みもその 1 つです。このブログでは、Windows 7 が世界中ですばらしいリリースになると信じるに値する新機能と改善されたプロセスについて説明します。   インターナショナル機能 Windows 7 のインターナショナル機能は、NTFS ファイル名でサポートされる文字 (Unicode 5.1 と一致するようにアップグレードされました) といった低レベルの側面から、背景やテーマの選択 (地域と関連のある写真が入りました) といった高レベルの側面まで、システム全体に波及します。しかし、世界のたくさんの言語や文化を適切にサポートするのに本質的に重大な特定の機能があります。ここでは、そのいくつかについて見ていきたいと思います。 フォント 言語と書くことはどんな文化においても中心的存在であり、そのためフォントのサポートはインターナショナル ユーザーのサポートに欠くことのできないものです。Windows 7 ではフォントの幅と品質の両方がかなり増えました。次の 50 のフォントを新しく追加しました。 上記の表のフォント名から推測されるように、新しいフォントの多くはラテン系ではない書体用です。実際、Windows 7 は、ラテン系書体より非ラテン系書体用のフォントの方が多い、初めての Windows です。大きな改善点の…

0

Windows 7 での ClearType の技術的な変更点

Bill Gates が持っている数多くの情熱のうちの 1 つは読むことであり、PC 上で読むことを快適なエクスペリエンスにするという彼の望みは、長年にわたり続けられてきた取り組みです。1998 年の COMDEX で、Bill Gates は ClearType を発表しました (こんなにも昔のことだったなんて、信じられません)。発表時、LCD モニターを持っていた人はごくわずかで、15 インチの 1024×768 モニターが数千ドルもしました (今だと 100 ドルもしないようなもの)。スムージングやアンチエイリアシングという概念はずいぶん前から存在しており、タイポグラフィ (文字体裁) やアニメーション、ゲームの世界では一般的なものです。ClearType は LCD パネルの特性を基盤として、これを新たなレベルに引き上げました。ClearTypeはその後 Windows XPに搭載され、Vista と Windows 7 にも引き続き入っています。リリースごとに、基礎となるテクノロジー、それをサポートするフォント、および開発者が利用できる API が変更されてきました。ユーザーの中には、ClearType で表示した画面をそれほど良いと思わず、この機能を無効にしたいと考える人々もいることが長年の間に判明しています。私たちはこれを認識しており、適切なコントロールを提供できるようにしたいと考えています。ClearType は Windows プラットフォームの一部でもあり、アプリケーションの開発者が呼び出してコントロールできる API を提供しています。ClearType は「視覚的な好み」であるという従来からの見方があり、この投稿でも好みと言える一面があることを紹介したいと思います。しかし、アプリケーションによって使用される API であるという一面、つまり、アプリケーションが必要に応じてフォント、色、その他の属性を選択できるのと同じである、ということについても説明したいと思います。この投稿では、歴史や背景を交えながら Windows 7 での実装の詳細に踏み込んで説明します。Greg Hitchcock は ClearType の開発リーダーで、開発当初から担当しています。 また、Windows 7エンジニアリング チームで在職期間が最も長いメンバーのうちの 1 人です。彼より…

0

Windows 7 でのオーディオの不具合に対する回復力の向上

PC 上で優れたオーディオの再生をもたらすことは、「みかけよりもはるかに難しい」技術的な課題のひとつです。専用のオーディオ機器やビデオ機器と異なり、PC ではオーディオの再生中にもさまざまなことが起きており、とてつもないハードウェアとソフトウェアの組み合わせの環境下で再生は行われています。みなさんの多くは、時々生じる「グリッチ (音飛びや画像飛びの不具合)」についてご存じでしょう。この投稿では、Device and Media チームのプログラム マネージャーである Kristin Carr が、Windows 7 でのこの分野で向上した点について、チームのメンバーを代表して説明します。プロダクト サイクルの初期に私が学んだことは、「不具合ゼロ」よりも「不具合からいかに早く回復するか」が大事だということですが、みなさんもこれを読んでお分かりいただけると幸いです。 –Steven みなさんは MP3 や DVD を再生するために PC を使用したことはありますか? はいと答えた人は、映画を見る、ゲームをする、YouTube のクリップを見るなどさまざまなオーディオおよびビデオ アプリケーション用にコンピューターを使用している PC ユーザーの圧倒的大多数のひとりです。しかし、オーディオやビデオがちゃんと再生されない- おそらく、ビデオが少しガクガクしたり、オーディオが途切れたりといった経験もお持ちだと思います。この再生エクスペリエンスを中断させるような、オーディオやビデオにおける認識できる途切れを、「グリッチ (glitch)」と呼んでいます。グリッチの原因となるエコシステムの課題を分析し、Windows 7 のエクスペリエンスを向上させるために私たちが取り組んできたことについてお話していきます。 何がグリッチを引き起こすか? これまでの投稿で、Windows 7 に対して私たちが取り組んできたさまざまなエコシステムのイニシアチブや課題について、とりわけ アプリケーションの互換性、アクセシビリティ、および システムのパフォーマンス について述べてきました。オーディオのグリッチの根本的な原因を調査しても、同じような場所に行き着きます。なぜなら、Windows は多様なハードウェア構成および 10個以上のアプリケーションによるマルチタスクの上で動いており、コンピューター上で動作しているすべてのプログラムやドライバーがきっちり期待通りに機能しているかどうかを確かめるのは至難の業です。 オーディオは特に繊細です。スピーカーから音楽を聴くには、データがオーディオ ハードウェアへ約 10 ミリ秒ごとに送られなければなりません。これは、まばたきの 30倍の回数です! 難題は、音楽を聴いている間にも、PC は TouTube のビデオを流したり、新曲をダウンロードしたりとたくさんのことを行っており、しかもその多くは複雑なタイミングを要求するということです。ご想像のとおり、遅いネットワーク ドライバーや長大な CPU 時間を必要とするグラフィックス ドライバーなどが、連続してオーディオが耳に届くのを妨げるのはわけないことです。 では、この難題へ対処するために私たちが行ったことは何でしょう? 答えは「たくさん!」です。そして、このブログの残りは、それらの説明に充てます。…

3

Windows 7 の“テーマ”:作成、保存、そして共有

Windows 7 の“テーマ”:作成、保存、そして共有 新しい「インボックス」に入っているデスクトップの背景について投稿したとき、反応は単にどう個人設定ができるかというものでした。個人設定というテーマの中で、Windows 7 の“テーマ”に対する取り組みについて、取り上げたいと思います。これまでの Windows リリースにおけるカスタマイズについてのデータはすでにお話ししており、今回の投稿はそれに基づいたものです。また、この分野は個人設定に対する非常に幅広い要望 (ニーズ) があり、しかも当然エンジニアリングとデザインの間でバランスを保たなければなりません。スクリーンのほぼ全域を個人設定 (カスタマイズ) したいと思っているたくさんの人からメールを受け取りました。それこそ、境界線の幅から、タイトル バーの透明度、タスクバーの高さ、[閉じる] ボタンの色・サイズ・場所までです (それぞれについて、少なくとも一度は電子メールを受け取りました)。その一方で、背景の画像と色彩を簡単に変更できればとても満足、という方々も多くいらっしゃいます。Windows 7 では、個人設定をするうえで最も満足度の高いと思われる設定群を選定すると同時に、アプリケーションの互換性を保つ堅牢なプラットフォームを提供し、それらを簡単に変更できるようにしました。さらに、この設定を簡単にパッケージ化し、保存して共有できるようにもしました。これは、幅広いユーザーに対して堅牢な個人設定 (およびカスタマイズ) をもたらす第一歩だと考えています。コア ユーザー エクスペリエンス チームのプログラム マネージャーであるKatie Frigon がこの投稿を書きました。 –Steven 追伸: どのように RTM マイルストーンに到達するかお話しした通り、物事は「ゆっくりと」推移しています。アジアで行ったWindows 7 のリリースおよび入手可能時期に関する発表にお気づきの方もいらっしゃるでしょう。RC を使用していただいているすべての方に感謝します。 Windows 7 のテーマを作成し共有する Windows 7 の初期のビルドには、デスクトップの背景、ウィンドウの色、サウンドをシングル クリックで変更できる様々なテーマが入っていたことを覚えていらっしゃるかもしれません。このテーマはコントロール パネルの [個人設定] にあり、デスクトップのショートカット メニューからも簡単にアクセスできます。 [個人設定] コントロール パネル デスクトップのショートカット メニュー RC には、「アーキテクチャ」など数々の新しいテーマがあります。このテーマは、デスクトップの背景として切り替わる 6 枚の建築物の写真と、それを補完する「ぐんじょう」のウィンドウの色、都会のジャズ クラブの音からインスピレーションを受けた「都市景観」サウンド設定から成っています。 テーマはデスクトップの背景、ウィンドウの色、サウンドの調和されたセット…

0

Windows 7 を守る - 保護者による制限

ご想像のとおり、私たちのチームはこの Windows 7 の次の段階の対応で大変忙しくしています。Windows 7 RC の何百万ものダウンロード、そしてそれをインストールしてくださったことに心から感謝します。現時点で、状況は私たちの期待通りに推移していています。個人的には、私宛にメールをくださった方々に感謝したいと思います。RC に関してたくさんの温かいお言葉とサポートをいただきました。「もうこれでリリースにしてほしい!」とおっしゃる方もたくさんいます。が、私たちは次のマイルストーンに向けて取るべき手順をまとめており、あわてて物事を進めるというようなことはありません。本当にたくさんのやるべきことがあります! ちゃんとは数えていませんが、このブログの Contact リンクから私が送った電子メールは 3,000 通を超えました。すべてにはお返事できていませんが、頑張っています。それぞれの、そして、すべてのやり取りに感謝しています。 Windows 7 には、子供が PC を使用する際に PC を守るための一連の機能があります。この投稿は Safety Team のプログラム マネージャーである Vladimir Rovinsky によるもので、Windows 7 の [保護者による制限] について詳しく説明します。この取り組みは OS そのものの安全性に追加するもので、もちろん Internet Explorer にも安全で安心なブラウジングを提供するために機能が組み込まれています。Windows Live ファミリー セーフティもチェックしてみてください。これは Windows Live Essentials (http://download.live.com) の一部で、より高い安全性と保護者によるコントロールを提供します。 –Steven 今日、子供たちは過去のいかなる時よりもデジタル ハザードにさらされやすくなっています。特に、強力な検索ツール、便利な SNS アプリケーション、動画や写真を公開するための低価格のツールやサービスにより、Web は子供たちに不適切なコンテンツであふれており、保護者はみな自分の子供たちがそれらに接触することを禁じたいと思っています。 子供たちは、Web ブラウザー、インスタント メッセージング アプリケーション、メディア プレーヤー、ゲーム、電子メールアプリケーションなど、さまざまなアプリケーションを介してデジタル…

2

Windows 7 でのメディア ストリーミング

私たちはこれまでに、Windows 7 のホーム ネットワークとメディアに関連する多くの機能について、ブログを執筆してきました。メディア ストリーミングは、これらすべてをかなり格好良くまとめたシナリオです。このシナリオでは、Windows 7 PC をメディア共有のハブとして使用し、ホーム ネットワーク上の他の PC およびデバイスとストリーミングを介してメディアを共有したり、情報をインターネット上で安全にストリーム配信したりできます。この投稿は、デバイス&メディア プログラム管理チームの Scott Manchester が中心となってまとめたものですが、その内容は、コア ユーザー エクスペリエンス、Media Center、ネットワーク、Windows Live などにまたがったものです (Windows Live もこのシナリオで新しい API を活用しています)。この投稿はかなり詳細なもので、実際に試していただきたいことがたくさんあります。テストに RC 版を使用する際、新しい PID キーを入手することなく、別の PC にもインストールして 30 日間使用することができます。それでは、どうぞお楽しみください! –Steven Windows 7 には、家庭内の他の PC やデバイスで、また、外出先からインターネット経由で自分のメディア コレクションを楽しめるようにするための、わくわくするような新しいストリーミング機能を数多く備えています。私たちは、より使いやすく、セットアップが簡単なネットワーク対応のメディア エクスペリエンスを作成しました。これにより、ネットワークに接続された PC やメディア デバイスでの音楽、画像、ビデオなどの鑑賞が、メディア フォーマット、転送方法、プロトコルなどを気にせず簡単に楽しめます。 Digital Living Network Alliance (DLNA) という広く支持されたオープンな業界標準を使用した相互運用を認定されたネットワーク メディア デバイス (NMD) の数は、ますます増加しています。Windows…

0

次のエンジニアリング マイルストーンについて

今年の 1 月に Beta 版をリリースし、Beta から RC (= Release Candidate、製品候補版) へ進む上での全体的な開発プロセスについて更新情報をお知らせしました。今日、RC のダウンロードが始まり、既にたくさんのインストールと大きな興奮を目にしています。Beta 版を実行してテストし、RC 版のリリースを可能にすることに貢献してくださった何百万人ものみなさんに対し、チームを代表して感謝申し上げます。ブログでも説明したさまざまなメカニズムを通じて寄せられたフィードバックは、Windows 7 のエンジニアリングの非常に有益なものです。私たちは Windows 7 への反応に謙虚であり続けます。ありがとうございます! この投稿は、RC から RTM (= Release To Manufacturing、正式版) と呼ばれるものまでの道のりについてです。RTM は時間のある一点ではなく、「プロセス」です。というのも、RTM より、PC メーカーが新しい PC 用に Windows 7 のイメージ構築のプロセスを開始できるようにし、既存マシン用のダウンロードの準備を整え、一般消費者の手元へ Windows 7 が届くよう供給プロセスを用意するからです。つまり、RTM は Windows 7 のエンジニアリングの最終ステージですが、エンジニアリングは RTM 以降も、みなさんが Windows 7 や Windows 7 PC を店頭で購入できるようになる GA (= General Availability、一般に入手可能になること)…

0