SQL データベースのサブスクリプション移行手順

みなさん、こんにちは。Windows Azure サポートチームです。本日は、サブスクリプション移行の際に必要にもなる SQL データベースの移行手順についてお知らせいたします。移行の際にお役にたてていただければ幸いです。 留意点 移行元サブスクリプションと移行先サブスクリプションのアカウント管理者 (契約者) が異なる場合、各サブスクリプションが配置されるディレクトリが異なります。このため、この場合は、SQL サーバーの移行を実施する前に、これらのサブスクリプションを同一ディレクトリ配下に配置する必要があります。ご了承ください。 ※ 以下のスクリーンショットは、2013 年 12 月現在のものです。 事前チェック事項 SQL データベースを別のサブスクリプションに移行する際には、以下の要件を満たす必要があります。 移行元・移行先サブスクリプションでサービス管理者が一致していること 移行元・移行先サブスクリプションが同一のディレクトリ (Azure Active Directory) に存在すること 以下には各チェック方法法と変更方法について記述します。 注意:移行元サブスクリプション・移行先サブスクリプションがそれぞれマイクロソフトアカウント、組織アカウント (例 Office 365 のアカウント) で種類が違うときには、お客様側では移行できない可能性がございます。その場合、サブスクリプションのディレクトリ変更作業はマイクロソフト側で実施いたしますので、マイクロソフトサポートサービスまでご相談ください。また、マイクロソフト側での作業実施をご要望の場合も、どうぞご遠慮なくサポートサービスまでご連絡ください。 サービス管理者の確認 事前にログインしているアカウントが2つのサブスクリプションが見える必要があります。こちらの手順で、サービス管理者を一致させてください。 ディレクトリの確認 サービス管理者を一致していたら、当該ログインアカウントで 2 つのサブスクリプションが見えるようになります。管理ポータルにログインして 2 つのサブスクリプションが見えることを確認してください。複数のディレクトリを持っている場合には、画面の右上に「ディレクトリ」という表示が出て各ディレクトリを選択できるようになっています。 図の場合は、4つの各サブスクリプションが同じディレクトリに配置されています。このような状態にある上記の4つのサブスクリプション間であれば、SQLデータベースの移行が可能です。しかし、別のユーザーが購入した場合などは、別々のディレクトリに配置されている場合もあります。その場合、「ディレクトリでフィルター」をすると、別のディレクトリに配置されていることがあります。この状態の場合は、移行ができないのでサブスクリプションのディレクトリの移行が必要になります。 移行元サブスクリプション・移行先サブスクリプションが別々のディレクトリに配置されている場合には、同じディレクトリにする必要があります。 – 同一ディレクトリに変更する方法 管理ポータル にアクセスし、ご利用の Microsoft アカウントを使用してログインを行います。 画面右上の [サブスクリプション] をクリックし、「ディレクトリでフィルター:」より、移行先サブスクリプションが配置されているディレクトリを選択し、[適用] をクリックします。 左側ペインの [設定] - [サブスクリプション]…


[SQL Database] MSDN 連載「Windows Azure SQL データベース利用に際するネットワーク構成の前提条件」を公開しました!

みなさん、こんにちは。Windows Azureサポートチームです。サポート チームが公開している MSDN 連載に、新しい記事を公開いたしました! Windows Azure SQL データベース利用に際するネットワーク構成の前提条件 SQL データベースを利用する際のネットワーク構成に関して、よくご質問いただく内容についてまとめさせていただきました。SQL データベースの利用やアプリケーション設計の際にご参考ください。 — SQL サポート チーム 横井


[SQL Database] Insert クエリにおいて使用制限されている Table ヒントについて(Link)

皆さんこんにちは、SQL サポート チームです。新しく SQL データベースについてのお話を情報として提供いたしましたので、ご参考ください。 [SQL Database] Insert クエリにおいて使用制限されている Table ヒントについて よろしくお願いいたします。


[SQL Database] MSDN 連載「Windows Azure SQL データベースのフェデレーション作成方法 (T-SQL 編)」を公開しました!

みなさん、こんにちは。Windows Azureサポートチームです。サポート チームが公開している MSDN 連載に、新しい記事を公開いたしました! Windows Azure SQL データベースのフェデレーション作成方法 (T-SQL 編) 「Windows Azure SQL データベース のフェデレーション作成方法 (GUI 編)」 に続き、 T-SQL でのフェデレーション作成方法や管理方法についてまとめさせて頂きました。GUI 編とあわせて、こちらもご一読ください。 — Windows Azure サポートチーム 山田


[SQL Database] 異なるサブスクリプション間で SQL Database(旧SQL Azure)サーバーの移動をしたい

皆さんこんにちは。Windows Azureサポート チームです。今回は異なる サブスクリプション間でSQL Database(旧 SQL Azure)サーバーと、その中に入っているデータベース群の移動を一度に行いたいときに便利な機能「サーバーの移動…」(英語機能名:MOVE)を紹介します。 どういったときに便利? 例えば、お試しで最初に 無料評価版のサブスクリプションを利用していたが、本格的にサブスクリプションを購入したので、そちらにサーバーとデータベースを移動したい、などの場合に便利です。また、今まで複数のサブスクリプションを所有していたが、1つに集約したい、などという場合にも使えます。 この機能を使うのに必要なアカウント権限は何? 移動元のサブスクリプションと、移動先のサブスクリプションの両方で、アカウント管理者(account administrator) または サービス管理者(service administrator)、または共同管理者(co-Administrator)であれば、利用可能です。詳細は以下のMSDNの記事をご覧ください。 Windows Azure プラットフォーム管理ポータルでのサブスクリプション管理の概要 どうやって使う? Windows Azure 管理ポータルにログインします。データベース セクションに移動し、移動をしたいSQL Databaseサーバーを選択すると、右側のペインに「サーバーの移動…」というボタンが表示されることが確認できます。 例えば、上記の例では、サブスクリプションAに存在するcrs0209tec という SQL Databaseサーバーを、そのサーバーに存在する3つのデータベース: masterデータベース / sample データベース / testデータベースごと、別のサブスクリプションBにサーバーの移動を行いたいとします。その場合、SQL Database サーバー「Crs0209tec 」が選択された状態で、「サーバーの移動…」をクリックします。 そうすると、ターゲットサブスクリプションを選択する画面が表示されます。 移動先のターゲットサブスクリプション(上記の例では、サブスクリプションB)を選択し、OKボタンをクリックします。 サーバーの移動が実行され、SQL Database サーバー「Crs0209tec 」が、サブスクリプションAから、ターゲット先のサブスクリプションBの配下に移動されたことがわかります。 この「サーバーの移動…」の機能は、サブスクリプションとSQL Databaseサーバーの関連情報を更新するもので、物理的なファイルの移動を伴わないため、SQL Databaseサーバーに入っているデータベース数が多かったり、サイズが大きいデータベースが存在しても、数秒ほどで移動が終了します。 参考資料(英語原文) Moving SQL Azure Servers Between Subscriptions ※…


[SQL Database] MSDN 連載「Windows Azure SQL データベース のフェデレーション作成方法 (GUI 編)」

みなさん、こんにちは。Windows Azure サポートチームです。 サポート チームが公開している MSDN 連載に、新しい記事を公開いたしました! Windows Azure SQL データベースのフェデレーション作成方法 (GUI 編) SQL データベースのフェデレーションについて、作成方法や管理方法についてまとめさせて頂きました。 まだフェデレーションをお試しになってない方は、是非こちらを参考に作成してみてください。 —  SQL Server サポートチーム 山田


[SQL Database] ベータ版、プレビュー版 (CTP) サービスに関する質問について

みなさんこんにちは。本日は、SQL Database (旧名称 SQL Azure) に関するお問い合わせの中で、よくあるお問い合わせの一つを紹介したいと思います。 [質問] ベータ版、プレビュー版(CTP) サービス (SQL Data Sync など) についてはサポート対象になっていないが、ベータ版、プレビュー版(CTP) サービスについて質問がある場合、問い合わせができる窓口があるのか? [回答] ベータ版、プレビュー版(CTP) サービス (SQL Data Sync など) に関するご質問事項につきましては、以下のフォーラムをご利用して頂くことが可能です。 SQL Azure (英語) SQL Azure 全般 (日本語) ※ 本Blogの内容は、2012年8月 現在の内容となっております。 — Support Engineer Nobushiro Takahara


[SQL Database] 実行されているクエリ処理を強制終了させたい

みなさんこんにちは、Azureサポートチームです。本日は、SQL Database (旧名称 SQL Azure) に関するお問い合わせの中で、よくあるお問い合わせの一つを紹介したいと思います。 [質問] SQL Database上のデータベースに対して実行されているクエリ処理を強制的に終了させたいが、SQL Server とは異なり、KILL コマンドが使用できないため、コマンドにより強制終了させることが出来ない。他の方法で実行されているクエリ処理を強制終了させる方法があるか? [回答] SQL Database 上のデータベース名をリネームすることにより、該当データベース上で実行されているクエリ処理を強制終了させることが可能です。しかしながら、強制終了したいクエリが実行されている接続だけを指定することは出来ず、全ての接続が強制終了されてしまう点について、注意が必要となります。 [コマンド例] データベース “TEST” を一旦 “TEST_” に変更後、元のデータベース名 “TEST” に戻す場合 ※ 本Blogの内容は、2012年8月 現在の内容となっております。 — Support Engineer Nobushiro Takahara