CentOS 7.1 環境でハングアップする事象について

CentOS 7.1 をお使いの際に、CPU 100%になる事象が発生することがあります。本記事では当問題の対処策についてお知らせいたします。 問題 Azure のテンプレートイメージから作成した CentOS 7.1をお使いの際に、マイクロソフトが実施するメモリ保護更新後にCentOS 7.1がハングアップすることがある。 原因 マイクロソフトではデータセンター内部で定期的にメンテナンスを実施しています。一部メンテナンスでは一時的に仮想マシンの状態を保護して更新を行う「メモリ保護更新」を実施しています。メモリ保護更新については、以下をご参照ください。 Azure Virtual Machines に対する計画的なメンテナンス ※「メモリ保護更新」の項目をご参照ください。 本メモリ保護更新が実施された際に、Azure のテンプレートイメージから作成した CentOS 7.1をお使いの際に、CentOS 7.1イメージ内のLinuxカーネルの問題により、OSがハングアップする事象が発生することあります。本事象は、ディスクが1つ以上アタッチされている状態で、カーネルの以下のバージョンにて事象が発生することを確認しています。 Linux Kernel Version: 3.10.0-229.xx.xx より前のバージョン Linux Kernel Version: 3.10.0-327.10.1 より前のバージョン また本事象はAzure環境に依存したものではありません。該当イメージをHyper-V環境に入れて、[チェックポイント作成] -> [適用] した場合にもハングアップする事象が発生いたします。 対処策 Linuxカーネルを更新することにより事象回避が可能です。カーネルの更新をお願いします。 $ sudo yum update kernel ** 以上ご参考いただけれ幸いです。 — Microsoft Azure Support Team


Red Hat のイメージ作成の際にクレジットがあるにもかかわらず契約が一時停止になる

新しく Red Hat イメージが提供開始になりました。注意点としてサードパーティ製製品のため別途料金が発生しますので以下の点ご注意ください。 事象 Red Hat Enterprise Linux (以下RHEL) のイメージ作成後に無料枠があるにもかかわらず契約が一時停止になる 原因 無料評価版・メンバーシッププラン (MSDN / BizSpark / MPN) の無料枠 (クレジット) は、マイクロソフトの製品についてご利用いただけますが、サードパーティ製品に対して発生する料金については無料枠はご利用いただけません。Azure のテンプレート イメージに用意しているRHELイメージは、Linux の仮想マシン料金以外にも別途 RHEL 用の使用料金が発生します。この結果、RHEL は無料枠から引き落としできず、課金が発生しますが、使用制限などがある場合には、料金を課金できずサブスクリプションが一時停止します。 仮想マシン作成の際に、以下の通り注意事項の記載がありますのでご留意ください。 Pricing – Use of this Pay-As-You-Go image carries a separate hourly charge that is in addition to Microsoft’s Linux VM rates. Total price of the VM consists…


Linux OSが起動しないときのトラブルシューティングについて (ASM編)

本記事では Linux OS が起動しなくなったときのトラブルシュートの方法について、ご案内いたします。以下のような状況が発生しますと、お客様の Linux OS が起動できず、 SSH での接続もできなくなります。 例1 ) fstab の設定変更に失敗してしまって、存在しない UUID を指定し再起動した場合 例 2 ) Kernel Panic が発生し、起動ができない このような時にAzure 上でトラブルシュートをする方法について、ご案内いたします。 新ポータル (https://portal.azure.com/) では Linux 仮想マシンでコンソール出力を確認することが可能でございますので、後述 [ご参考:コンソール出力について] もあわせてご参照ください。 概要 既存の問題の発生していない仮想マシンに、事象の発生した仮想マシンのディスクをつなぐという方法です。問題の発生していない仮想マシンは新規に作成いただいた仮想マシンで問題ありません。   手順 今回、troubleVM という仮想マシンの OS ディスクが破損し、KernelPanic が起こっていると仮定します。この troubleVM のディスクを SafeVM に接続し、ログファイルを確認してみましょう。(ここでは OracleLinux 6.4.0.0 を利用しています。) なお、後の手順では troubleVM で利用している OS ディスクをデータディスクとして SafeVM にアタッチします。アタッチする際には、同じデータセンタにあるディスクのみがリストに表示されますので、SafeVM は troubleVM…


Azure におけるサードパーティ製製品のサポートポリシーについて

Microsoft Azure では、Linux を含む複数のサードパーティ製製品をご利用いただけますが、本トピックでは各サードパーティ製品/オープンソースソフトウェア (OSS) のサポート窓口でのサポートポリシーについてご案内いたします。   製品 説明 Linux OS Linux OS (Premiumイメージを除く) の基本的なサポートポリシーについては、以下の通りとなります。 仮想化環境のプラットフォームにかかわる部分については、サポート対象となります。 Linux OS 内部の話については、サポート対象外となります。すなわち、各ディストリビューターもしくはパートナーからサポートを購入していただく必要があります。 Linux OS (Premium イメージ) のサポートポリシーについては、以下の通りとなります。 仮想化環境のプラットフォームにかかわる部分については、サポート対象となります。 Linux OS 内部の話についても、サポート対象となります。サポートはマイクロソフトに一旦お問い合わせをいただき、Linux の専属サポートチームに対応を引き継ぎます。また、提供言語は英語のみとなります。 詳細は以下のサポート技術情報もご参照ください。 Support for Linux images in Microsoft Azure また、Microsoft Azure 上でサポートされているディストリビューター、バージョンについては、ご参照ください Linux on Azure-Endorsed Distributions Oracle アプリケーション Windows もしくは Linux に付随する 各Oracle アプリケーション (Oracle WebLogic や…