EA 契約における Azure の使用状況レポートについて

いつも大変お世話になります。Microsoft Azure サポート チームです。 EA 契約における Azure 使用状況レポートについて本記事で以下をご案内させていただきます。 ご参考になりましたら幸いです。   使用状況レポートのダウンロードの方法 ダウンロード可能な権限 各カラムの説明 注意事項   1. 使用状況レポートのダウンロードの方法 EA ポータルから最も詳細な使用状況レポートをダウンロードする手順をご案内いたします。   以下の URL にアクセスする https://ea.azure.com 適切な権限を持ったアカウントでサインインする ※ 権限について後述でご案内します。 画面左から [Reports] をクリックする 画面上から [使用状況のダウンロード] をクリックする [月単位レポートのダウンロード] をクリックする 該当月の [使用状況の詳細] 列の [ダウンロード] をクリックする   2. ダウンロード可能な権限 上記でご案内した使用状況レポートを EA ポータルからダウンロードできる権限についてご案内いたします。 使用状況レポートをダウンロード可能な権限は以下になります。   エンタープライズ管理者 部署管理者 アカウント所有者   1. エンタープライズ管理者 エンタープライズ管理者は…


Azure の請求書をメールで送信する機能について

いつも大変お世話になります。Microsoft Azure サポート チームです。 本記事で、弊社によくお問い合わせをいただきます Azure の請求書をメールで送信する機能について、その注意点をご案内させていただきます。 本情報が少しでもお客様のお役に立つものとなりましたら幸いです。   Azure の請求書をメールで送信する機能について ご注意事項 Azure の請求書が発行されたことをメールで通知する機能について   1. Azure の請求書をメールで送信する機能について 以下公開情報でご案内をさせていただいている Azure の請求書をメールで送信する機能は、サポート プランの請求書ではご利用いただけません。 この点について本記事でご案内をさせていただきます。 Azure の請求書と毎日の使用状況データをダウンロードまたは表示する https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/billing/billing-download-azure-invoice-daily-usage-date ※ 「メールで請求書を入手する (.pdf)」に記載されている機能についてです。   2. ご注意事項 上記の機能とは別に、Azure の請求書が発行されたことをメールで通知する機能がございます。 請求書をメールで送信するわけではなく、発行されたことを通知する機能となります。 ※ 後述でご案内をさせていただきます。 この機能はサポート プランでもご利用をいただけます。 この Azure の請求書が発行されたことを通知するメールは以下のようなフォーマットで届きます。     これは Azure の請求書が発行されたことを通知するメールの例ですが、サポート プランの請求書が発行されたことを通知するメールも同フォーマットになります。 同フォーマットでお送りしていることから、サポート プランの請求書が発行されたことを通知するメール内にも以下の記載が含まれてしまっております。     弊社サービスのご利用におきまして混乱を招きまして誠に申し訳ございません。 サポート プランの請求書が発行されたことを通知するメール内に含まれる上記記載の「こちら」のリンクをクリックしていただきましても、サポート…


Microsoft Azure での侵入テスト (ペネトレーションテスト) について

※ 2017 年 7 月時点の情報です。予告なく変更される可能性があります。最新情報は、Azure サービスの侵入テスト通知の送信 をご参照ください。 Web アプリケーションのリリースやインターネットに接続した環境の脆弱性診断のために、侵入テストを実施されることがあるかと思います。パブリッククラウド (Microsoft Azure など) に、アプリケーションを配置した際にも、侵入テストを実施したいというご要望があるかと思います。 Microsoft Azure では、侵入テストのルール事項 (Microsoft Cloud Unified Penetration Testing Rules of Engagement )を順守頂き、侵入テストを実施頂く必要があります。例外的なルールは適用外です。 また、申請フォーム(Azure サービスの侵入テスト通知の送信)での申請は任意です。もし、申請する場合は以下をご参照の上、内容を英語で記載し申請ください。   <注意事項> 本申請は、プラットフォームのセキュリティ診断の無効化や有効化をするためや、セキュリティ検出を変更するための申請ではありません。   必要な情報 ・ ご連絡先のメールアドレス ・サブスクリプション ID ・テスト実施日 ・テストの詳細 ・対象の全ての資産情報(IP や FQDN) ・実施予定のテスト種別   申請フォームでの問い合わせ対象外の内容 ・侵入テストに関する質問や侵入テストの補助依頼 ・脆弱性やポートスキャンの警告 ・オンプレミスのリソースに対するテストの警告 ・Azure サブスクリプション ID がない Azure Active Directory、Microsoft アカウント、 Office…


インポート/エクスポート サービスをご利用時の HDD 発送、および返送時の注意点

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 以下のドキュメントに記載があるとおり、インポート/エクスポート サービスのジョブを設定する際には、お送りいただいたハード ディスク ドライブ (HDD) を弊社データ センターから返送するための運送業者、および運送業者のアカウント番号を指定する必要があります。 Microsoft Azure Import/Export サービスを使用した Blob Storage へのデータの転送 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/storage-import-export-service —– ここから —– データ センターからのドライブの発送: インポート/エクスポート ジョブの作成時に、ジョブの完了後に、Microsoft がドライブを返送するときに使用する返送先住所を指定する必要があります。 処理が遅れないように、必ず有効な返送先住所を指定してください。 ハード ディスクの発送には、お好みの輸送業者を使用できます。 輸送業者は、配送過程を適切に追跡して管理する必要があります。 Microsoft がドライブを返送するときに使用する FedEx または DHL の有効な運送業者アカウント番号も指定する必要があります。 米国およびヨーロッパの場所からドライブを返送する場合は、FedEx アカウント番号が必要です。 アジアおよびオーストラリアの場所からドライブを返送する場合は、DHL アカウント番号が必要です。 FedEx (米国とヨーロッパ) または DHL (アジアとオーストラリア) の運送業者アカウントがない場合は、アカウントを作成できます。 運送業者アカウント番号を既に持っている場合は、その番号が有効であることを確認してください。 —– ここまで —– しかしながら、現時点では DHL 社は日本国内間の運送には対応しておりません。そのため、日本国内のお客様が東日本、および西日本データ センターに対してインポート/エクスポート サービスをご利用になる場合、DHL 社を含む運送業者のアカウント番号はご用意いただく必要はなく、以下の手順にてジョブを設定後、HDD…